豊かな老後を過ごしたくありませんか?

これからはじめる「資産運用」の基本

「資産運用」とは、ご自身が現在持つ資産を元手に、株や債権・不動産などに投資をおこなうことで収益を得るお金の運用方法です。低金利や年金支給額の減額など、将来の不安に備えるには賢い資産運用が有効な方法となります。

充実した老後のために
職業・立場から考える
賢い資産運用

将来への不安を払拭し豊かな老後に備えるため、資産運用を始めたいとお考えの方は多いと思います。でも、どういったものがあるのか、デメリットは…と不安なことも多いはず。そこでここでは、職業や立場を考えそれに合うであろう資産運用方法をピックアップしました。

詳しく見る

サラリーマン

Salaryman
会社で働くサラリーマンに適している賢い資産運用方法とは?
サラリーマンの方が日常の仕事をしながらおこなう資産運用について、その考え方や運用方法などをご紹介します。
サラリーマン

共働き夫婦

Working parents
共働きで頑張る夫婦に適している賢い資産運用方法とは?
共働き夫婦が老後のためにおこなう資産運用について、その考え方やおすすめの資産運用方法などをご紹介します。
共働き夫婦

個人事業主・自営業

Self employed
経営者として頑張る個人事業主・自営業の方に適した賢い資産運用方法とは?
将来に不安を感じる個人事業主・自営業の方の資産運用について、その考え方やおすすめの方法をご紹介します。
個人事業主・自営業

公務員

Public officials
学校や役所など公的機関で働く公務員に適している賢い資産運用方法とは?
公務員の方が仕事をしながらおこなうのに適した資産運用について、その考え方や運用方法をご紹介します。
公務員

独身女性

Single woman
将来を考える独身女性にオススメの賢い資産運用方法とは?
独身の女性の方が将来のためにおこなう資産運用について、その考え方やおすすめの運用方法などをご紹介します。
独身女性

主婦

Housewife
家事や育児に頑張る主婦にオススメの賢い資産運用方法とは?
主婦の方が老後に備え無理なくできる資産運用について、その考え方やおすすめの運用方法などをご紹介します。
主婦

年代別定年後に備える
初心者のための資産運用
定年後

始める年代で適した資産運用とは

年金支給額の減額や低金利など、定年後の生活を支えるものが退職金だけでは、豊かな老後は難しいかもしれません。そこで注目されているのが資産運用ですが、実は運用を始める年代によって適した運用方法は違うのです。

20代からの資産運用

20代で運用を始められる場合、長期での運用が可能である反面、資金面においてあまり潤沢ではないという面も。そうした資産運用初心者の20代に合ったマネープランをご紹介します。

30代からの資産運用

30代で運用を始められる場合、長期での運用が可能ですがお子様の将来などご家庭の現在も心配だという面も。そうした資産運用初心者の30代に合ったマネープランをご紹介します。

40代からの資産運用

40代で運用を始められる場合、中長期での運用が考えられます。資金の面でも少し余裕が見え始めた、そんな年代にあたる40代の資産運用初心者に適したマネープランをご紹介します。

50代からの資産運用

50代で運用を始められる場合、短期を含めた運用が考えられます。定年後の生活が現実味を増していく年代である、そんな50代の資産運用初心者に適したマネープランをご紹介します。

60代からの資産運用

60代で運用を始められる場合、定年後もしくは定年目前であることを考え堅実な収益が得られる運用が求められます。そんな60代の資産運用初心者に適したマネープランをご紹介します。

まずはここから!
はじめての資産運用

国債

超低リスク・ローリターン
国債

国の発行する債券ですので、ローリターンですがリスクが極めて低く安定して資産運用のおこなえる商品です。

定期預金

超低リスク・ローリターン
定期預金

低金利状態で利益は期待できませんが、元本がしっかりと保たれますので長期の資産運用に向いています。

保険・個人年金

超低リスク・ローリターン
保険・個人年金

ローリターンの商品ですが、将来の年金を補うとともに医療・介護などの保険もつけられる利点があります。

投資信託

低リスク・ミドルリターン
投資信託

比較的低リスクである程度の利益が期待できる商品で、専門家に運用をお任せするタイプが多く提供されています。

純金積立

低リスク・ミドルリターン
純金積立

世界的な安定資産である金による資産運用ですので、比較的低リスクである程度の収益も期待できる商品です。

↓

老後のための資産運用を
させる知識
老後のための資産運用

物価の上昇や年金など、将来の生活に不安が高まりつつある昨今、豊かな老後を送るために資産運用をお考えになる方が多くなってきました。しかし資産運用には、メリットだけではなくデメリットも存在します。そこでここでは、初めての資産運用を成功させるために必要な知識として、いくつかのポイントを挙げさせていただいています。

老後のための資産運用を
成功させる知識

初心者でも大丈夫!
資産運用を相談できる投資会社
初心者

投資をはじめる前に資産運用を相談できる投資会社リスト

老後の豊かな生活のためおこなう資産運用ですが、投資するお金も大切な資金に他なりません。そこで、投資が初めての方でも安心して資産運用の相談ができる、何社かの投資会社をピックアップしました。それぞれの取り扱っている商品や会社の特徴をご紹介していますので、資産運用を始めるための一つの資料としてお役立てください。

詳しく見る

資産運用を相談

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑