HOME » 【年代別】老後に備える資産運用・投資方法ガイド

年代別老後に備える
資産運用方法

定年後の生活に備えるため、資産運用を始めたいと考える方が増えています。しかし実は、どの年齢で資産運用を始めるかで、適している運用方法があるということをご存じでしょうか。

【年代別】オススメの資産運用方法

これから資産運用を始めたいという方に向けて、年代別に見たオススメの資産運用方法をご紹介しましょう。

20

定年まで一番長い期間があり、手持ち資金は一番少ないであろう20代に適した資産運用方法とは。

平均
月収
23万円
65歳までに
毎年目指すべき
貯金額
259万円

オススメの資産運用

  • 純金積立
  • 定期預金
  • 保険・個人年金

「低額」「積立」で
無理のない資産運用を

20代から資産運用を始める場合、特徴として挙げられるのは、定年までに一番長い期間があるという事と、手持ちの運用資金がまだ少額であろうという事です。ですので、オススメの資産運用法は「長期」「低額」が特徴の商品と言えます。

詳しく見る


30

まだお子さんが小さいなど、身近な将来にも備えたい30代に適した資産運用方法とは。

平均
月収
32万円
65歳までに
毎年目指すべき
貯金額
400万円

オススメの資産運用

  • 投資信託
  • 保険・個人年金
  • 国債

「保険」「年金」で
身近な将来にも備える

30代というと、ご家庭を持たれている場合まだお子さんは小さいと考えられます。そのため資産運用方法としては、老後への備えに加えて身近な将来のための備えにも適している「保険」付の商品や、「長期」が特徴の商品がオススメです。

詳しく見る


40

現在の暮らしへの出費がまだ多い40代から始めるのに、適している資産運用方法とは。

平均
月収
40万円
65歳までに
毎年目指すべき
貯金額
450万円

オススメの資産運用

  • 投資信託
  • 不動産投資
  • 債券

「保険」「分散」で
急な出費への対策も

40代という働き盛りのこの時期は、子供の学費など大きな出費もまだまだ考えられる年代です。貯蓄額を増やしていきながら、でも急な出費にも対応できるような、「保険」や「分散」をキーワードにした資産運用方法がオススメです。

詳しく見る


50

定年が目前に迫っている50代から、老後資金を作っていくのに適した資産運用方法とは。

平均
月収
42万円
65歳までに
毎年目指すべき
貯金額
800万円

オススメの資産運用

  • 投資信託
  • 定期預金
  • 株式投資

「投資」「定期」で
堅実な資金確保を目指す

50代から資産運用を始める場合、定年までの期間がわずかであるという点が、最大の特徴と言えます。ですので資産運用方法としては、あまり冒険をすることを避けた「投資」や「定期」などで、堅実に老後資金を確保していきましょう。

詳しく見る


60

貯蓄した資金で定年後の60代から始める、これからのために適した資産運用方法とは。

平均
月収
29万円
65歳までに
毎年目指すべき
貯金額
1,300万円

オススメの資産運用

  • 株式投資
  • 太陽光発電
  • 不動産投資

「分散」「投資」で
ゆとりある運用プランを

定年を迎える60代から資産運用を始める場合、生活のために必要な資金を確保した上で、余裕のある資産で行うのがゆとりのある老後を送るための必須条件です。それには「分散」をキーワードに「投資」などの運用がオススメです。

詳しく見る

資産運用で大切な心得

資産運用をする際には、いくつか知っておきたい心得があります。例えば、次のような心得を抑えておきましょう。

運用は早めに始めたほうがいい

資産運用は、開始年齢が遅くなればなるほど不利になるとされています。その大きな理由ともいえるのが、若いうちから投資に取り組んでいたほうがリスクの少ない投資を選択できるからです。

また、少しリスクの高い商品に挑戦していこうと思った時にも若い方のほうが有利だといえるでしょう。
高齢になってから投資をしようと思った場合、万が一失敗した時のことを考えなければなりません。

高齢になってからだと大きな損を出してしまった時にそれを取り返すためといってもリスクの高い資産運用方法を検討することはできません。

ここでまた失敗してしまった時に取り返しのつかないことになってしまう可能性があるからです。
ですが、若い人の場合は取り戻すチャンスがまだまだあるので、多少リスクが高い商品にも手を出しやすくなります。

余剰資産を投資に回す

資産運用を開始すると、本来は使ってはいけないお金も資産運用に使ってしまいがちです。特に、自分で「今が投資のチャンスだ」と感じるシーンでは、家庭用のお金を投資に回してしまう初心者も多いです。

しかし、もしもそこで失敗した場合には資産運用どころではなくなってしまうので、慎重になりましょう。

最低でも

  • 半年分の生活費を確保しておく
  • 使うことが確定しているお金には手をつけない

といったことはしっかりと頭に入れておいたほうがいいです。

勉強が大切

投資はリスクを恐れるよりもとりあえず始めたほうが学べるといわれることもありますが、実際には知識不足の状態からスタートして初めから損失を出してしまい、そのまま投資から離れる方も多いです。
やはり、ある程度の勉強は必須になってくるでしょう。

もちろん、投資を開始してからも常に勉強が必要です。
万が一損失が出てしまった場合も、なにが原因だったのか、どうすればよかったのかをはっきりさせ、次に活かしましょう。

分散投資をする

分散投資とは、一つの商品だけに集中して投資をしてしまうのではなく、複数の商品に投資してリスクを分散させること。例えば、FXの場合は同じ国の通貨だけに集中してしまうのではなく、他の国の通貨も組み合わせて持つことがリスクの分散になります。

もちろん、投資する資産運用方法の種類自体を一つに絞らないことも大切になってくるので、気になる資産運用方法が複数ある場合は気になるものをチェックしてみてはどうでしょうか。

資産運用のリスク

資産運用は資産が増える魅力もある方法ではありますが、全くリスクがないわけではありません。一般的に資産運用で行う投資では、リスクが低いものは得られるリターンも低く、リスクが高いものほどハイリターンが期待できます。

だからといって、リスクを無視してリターンが大きいものを選ぶことはできません。その分失敗してしまう可能性も高くなるからです。

そこで、特に注意しておきたいリスクについてご紹介するので参考にしてみてください。

価格変動リスク

投資する商品の中には、日々の値動きに注目しなければならないものがたくさんあります。金融商品の価値は常に動いているので、そういったものをしっかりと情報収集し、現状を見極める力が必要とされるのです。

もしも自分が思っていたのとは全く違う方向に価格が変動してしまった場合、期待していたリターンを得ることができません。それだけでなく大きな損失を被ってしまう恐れもあるのです。

為替変動リスク

為替相場が変動した場合、外貨建ての金融商品は価値が変動してしまいます。

基本として、投資した時よりも円高になってしまった場合、外貨建てをしていた金融商品では価値が下がり、損失が出でしまうのです。もちろん、円安になった場合には利益に繋がるのですが、リスクの一つとして押さえておかなければなりません。

信用リスク

資産運用で使われるような金融商品を販売している会社が倒産したり、業績が悪化しているなどの悪い評判があった場合、こちらも金融商品の価格が下がってしまいます。
中には企業の成績に応じて元本や利子といったものが支払われるものもありますが、そういったものが受け取れなくなってしまう可能性もあるのです。

カントリーリスク

これはその名の通り、国の信用リスクのこと。投資信託や債券、海外の株式を用いた資産運用を行う際に、各国が置かれている現状や事件といったものの影響を受けやすい商品で特に注意が必要なもののことです。

社会情勢などの変動により商品価値が大きく下がってしまうことがあります。

資産運用のメリット

資産運用は、うまくいけば増えますが、減る可能性もある方法です。そのため、中には資産運用をするのではなく、着実に貯金をしたほうが良いのでは?と思っている方も多いでしょう。

確かに減ってしまった時のことを考えると貯金の方が良いような気もしますよね。

しかし、実は様々なメリットがあるからこそ、多くの方が資産運用を実践しているのです。具体的なメリットとしては次のようなものがみられます。

資産を増やせる可能性がある

ただ貯金をしているだけでは得られなかったような金額が獲得できる可能性があります。
もちろん、反対に資産を失ってしまう心配もあるわけですが、自分で貯金のために回せるお金というのは限られていますよね。

それを効率よく増やそうと思った場合、資産運用は基本的な選択肢の一つになるでしょう。

例えば、最も安全な資産運用方法といわれているのが定期預金です。しかし、定期預金で預け入れたとしてもその金利は非常に低く、大手の銀行でも0.01%程度となっています。そのため、長期にわたって預け入れたとしてもほとんどリターンは期待できないのです。

一方で、銀行に定期預金をするはずだったお金を使って資産運用をすれば、何倍にも増える可能性があるため、資産を増やすための選択肢の一つとしてぜひとも検討してみてはどうでしょうか。

少額からでも始められる

資産運用というと、100万円や200万円といった大きなお金がなければ始められないようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

「確かに投資できれば良いんだろうけれどお金がないし…」という方もたくさんいます。
しかし、資産運用方法の中には1万円程度からでも始められるものがあるため、決して大金がある方でなければできない方法ではないのです。

安全な運用方法もある

資産運用方法といっても実に様々な種類があります。確かにリスクが高いものも存在していますが、定期預金や国債、保険・個人年金、NISAなどは非常にリスクが低く、安全な運用方法だといえるでしょう。

その分リスクが高くてハイリターンが期待できるものに比べると資産の増え方は緩やかですが、タンス貯金をしているだけでは増えなかったお金を受け取れる可能性も高くなります。

お金への関心が深まる

資産運用をしている方の多くは、それまでに比べるとお金への関心が深まる傾向にあります。
運用の中で損益をしっかりと把握しているうちに普段のお金の使い方を見直すきっかけになり、結果的により多くの資産を貯めるのに役立ったと感じている方も多いのです。

お金について普段からしっかりと考えられるようになったという方も多いので、自分の将来のお金について理解を深めたい、考える機会を多く作りたいと思っている方も資産運用に取り組むメリットが大きいといえるでしょう。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑