20代の資産運用

20代

65歳までの 目標貯金額

夫婦で 3,000万円

平均月収/平均貯金額

23万円259万円

平均的な20代のお金事情

各年代の中で一番収入が少なく、貯蓄額も低いのが特徴。

社会に出てまだ間のない20代は、当然ですが平均月収額が各年代の中で最も低く、また貯金額も少ないというのが実情です。ですが、会社でのお付き合いやプライベートでの交際費やスキルアップのための学費など、自分への投資による出費が多いのも、20代のお金事情の特徴として挙げられます。そのため、日々の生活費にお金が出ていき、なかなか貯金が貯まらないという人が、多くいらっしゃるそうです。

20代資産運用を始めるのなら
~失敗しないためのポイント~

20代での資産運用を成功させるには

20代での
投資のメリット

  • 長期間の資産運用が可能である

    資産運用はできるだけ早くから始めたほうがメリットが大きいと言われています。その理由ともいえるのが、30代、40代、50代と長期にわたって運用ができるからです。
    運用できるお金があるのであれば、ただ単に銀行口座に入れているだけではほとんど増えません。複利によるメリットを大きくするためには、早いうちから資産運用を始めましょう。

  • 少額からでも目標額を貯めることができる

    例えば、40歳から100万円を元手にして投資を始めて50歳までに500万円にしたいと思った場合、高リスク・ハイリターンの投資方法を選択しなければなりません。 しかし、20歳から100万円を運用していれば、50歳までに500万円に到達するのはそれほど難しいことではないのです。 時間があるからこそ低リスク・ローリターンの資産運用方法を選択し、安全に増やしていくことができます。

  • 他の年代よりも複利効果が期待できる

    50代、60代になってから投資を始め、ある程度短い期間で増やしたいと思った場合はそれなりにリスクが高いものに手を出さなければなりません。ですが、20代から投資を始めればまだまだ時間がたっぷりあるわけなので、できるだけリスクが低くて安定している商品選びができるのです。
    また、お金に関する意識が強くなるので、将来的な無駄遣いが減らせるなどのメリットも挙げられます。

20代で資産運用を始める場合、一番のメリットはやはり「時間があること」です。長期にわたって運用を行うことができるので、少額からスタートすることができ、他の年代よりも多くの複利効果が得られるというのが、最大の魅力です。

20代での投資で
気をつけるべきポイント

  • 収入に見合った少額投資で無理なく運用

    資産運用というと、まとまった金額をしっかり運用していかないと思ったような効果が得られないような気がするかもしれません。確かに運用資金は多いほうが良いのですが、20代のうちは稼げる金額もそれほど多くないため、ムリのない範囲で取り入れていきましょう。
    思い切った投資で失敗し、その後の生活が大変にならないように気を付けなければなりません。

  • 給与天引きで定期的な貯蓄を続けていく

    4できるだけリスクの少ないものを取り入れたいと思った場合、財形貯蓄制度を取り入れてみるのもおすすめ。これは企業が用意している従業員のための福利厚生制度の一つであり、この制度を活用することによって給与や賞与から自分が事前に申請した金額が引かれ、会社経由で金融機関に払い込まれます。
    天引きなので、手元にあるとどうしても使ってしまって残らない方にも向いているでしょう。非課税枠や優遇金利のメリットなどにもつながるので、非常にメリットが大きいです。
    ただし、財形貯蓄の形式によっては元本割れのリスクなどもあるので気をつける必要があります。

  • 目標の貯蓄額をしっかりと立てる

    目標を持たずに適当に投資を始めるのはおすすめできません。まずは、何年後までにいくら食べたいと思っているのかきちんと目標を立てましょう。
    目標を立てなければポートフォリオについても曖昧になってしまうので、自分がどのような形でどんな資産運用を行っていきたいと思っているのか考えてみてください。

20代では貯蓄に重点を置くよりも、自己投資に重点を置くことが将来的には有効に働く場合が多いです。そのため投資を始める際は、自分の収入に見合った無理のない金額で、リスクの少ない安定した商品から選ぶのがベストであると言えます。

結論早い時期からの資産運用で、
無理することなく将来への備えを蓄えていこう

複利効果から考えても、20代という早い段階で資産運用を考えることは、有利となるようです。自己投資などでまだまだ現在の生活でお金のかかる年代ですが、たとえ少額であっても続けることで、無理なく老後資金を貯めることができるのです。

なぜ資産運用が必要なの?

銀行に預けていてもほとんど利息がつかない

20代のうちは、給料がそれほど高額ではない場合も多いため、生活にかかるお金や趣味のお金を除くと、ほとんど貯蓄ができないという方もいるでしょう。そのため、積極的な資産運用には早いと考え、給料の余りをそのまま銀行に預けっぱなしにしているという方や、計画的に資産を増やすために定期積立を利用している方が多いのではないでしょうか。

確かに、こうした方法は堅実な資産運用のひとつとして将来の備えになります。しかし、一方で超低金利時代ということもあり、利息による資産増加のメリットはほとんどないのが現状です。

複数の資産運用がおすすめ

雇用の安定や定期的な給料アップが見込みづらくなった昨今、将来の生活を守るために複数の収入源を持つことが大切です。しかし、勤め先が副業を禁止していて収入源を増やせないという方もいるでしょう。そこで、手元の資産を運用して運用益を得られる資産運用が効果的です。

ただし、大きなリターンを期待できる運用は、それだけリスクも大きいものですから、貯蓄などの堅実な資産運用と並行して行うようにしましょう。いくつかの運用先に資金を分散させることは、将来のインフレや通貨価値の変動対策にも効果が期待できます。

若いうちだからこそハイリスクな運用もあり?

20代だからこその資産運用方法もある

年齢が上がれば上がるほど、リスキーな投資はしづらくなってきます。たとえ資産運用で100万円を失ったとしても、20代なら定年までは40年前後。ほかの投資や堅実な貯蓄により、取り戻すことは十分可能でしょう。ところが、40代で100万円を失った場合は、定年までの猶予は20年ほどしかありません。さらに、子どもの教育資金や住宅ローン、介護費用といった必要なお金が不足してしまうリスクもあります。ハイリスクハイリターンな投資は、若く時間のある20代だからこそチャレンジしやすいものといえるでしょう。

資産運用は余剰資金で行うことが原則

リスクを伴う資産運用は、あくまでも余剰資金で行うことが大切です。20代のうちは資金が潤沢でない場合もありますが、だからこそ、少額からできる資産運用で手元資金を着実に増やしていくことを目指しましょう。

余剰資金での運用であれば、もし目減りしてしまったとしても、大きな問題にはなりません。次の資産運用で取り戻せばいいだけです。しかし、余裕のない中で資産運用をすると、焦りから冷静な判断ができなくなり、どんどん負債を増やしていってしまうことになりかねません。運用は計画的に行い、堅実な資産形成を目指しましょう。

20代で資産運用をするべき理由

なかなか貯金ができず、資産運用についても検討できない方も多いですが、それでも20代のうちに何とか投資用の資金を作り、運用を行っていくことはメリットも大きいです。

早いうちから経験が積める

まず、経験に関すること。よく言われるのが、「投資は勉強できない」ということ。もちろん、基本的な情報や、リスク・リターンについてはよく学んでおく必要がありますが、実際に自分が投資をした場合にどのような結果になるのか?などは試してみなければわかりません。

ああなるかもしれない点こうなるかもしれないとなかなか開始できない方も多いSが、20代のうちに資産運用を始め、経験を積んでおくことは30代、40代になってから資産運用を始めるのに比べて有利になります。

比較的自由な時間がある

30代になると子供も生まれ、家庭での時間も忙しく過ごす人が増えます。また、40代は働き盛りとも言われ、仕事が忙しくなってしまう方も多いでしょう。

このように考えると、20代のうちは30代以降に比べて自由な時間が取れる可能性が高いのです。もちろん、30代以降から資産運用を始めて成功している方も多いですが、情報を集めたりするためには時間が必要となります。 毎日忙しくなってしまうと資産運用のために準備をしたいと最もなかなか手が付けられないので、若いうちからの資産運用を検討してみてはどうでしょうか。

20代で資産運用を始めると…?

実際に20代で資産運用を始めた場合、将来的にはどのようになっていくのか?について考えてみましょう。

まず、20歳から想定利回り3%で毎月2万円の積み立てを行った場合、30歳になる頃には最終積立金額が2,794,828円、40歳では6,566,040円、50歳では11,654,738円、60歳では18,521,191円となります。

これは、もしも40歳から同じ条件である想定利回り3%、毎月2万円で運用を開始したとしても、60歳の段階では6,566,040円までしか到達できないということ。20歳から同条件での運用を行っていれば40歳の時に達成できたはずの金額にしかなりません。

ムリのない範囲で資産運用を行っていく必要がありますが、積立金額が5万円と考えた場合、同じく想定利回り3%だったとしても30歳で2,794,829円、40歳で6,566,040円、50歳で11,654,738円、60歳で27,786,462円となるでしょう。

目標金額が大きい場合、できるだけ早くから運用を開始しておくことをおすすめします。

20代が資産運用をする上で、気を付けるポイント

20代から始める資産運用で注意しておきたいのが、急な結果を求めないということ。まだまだ若いこともあり、時間は十分にあります。 できるだけまとまったお金を用意し、一気に儲けようと考えると失敗する可能性があるのです。若いうちはどうしてもリスクもリターンも大きい資産運用方法を検討してしまいがちですが、ある程度経験を積むまでは勉強の期間だと考え、FXで高いレバレッジをかけるような運用方法は避けておいたほうが無難です。

リターンを追い求め過ぎると大きな損をする可能性もあるので、投資元本以上の損失に繋がらないようなリスクの少ないものから検討してみましょう。

また、運用方法を考える際には自分にとってムリのない範囲で行うことが大切。これは余剰資金の範囲内で抑えることにも繋がってくるのですが、少し運用がうまくいったりするとどうしても気持ちが大きくなってしまいがちです。

こういったことがないように、将来的にどのように運用を行っていきたいのか、それを実現するためにはどのような投資をすれば良いのかなどについて自分の中できちんと理解しておくことが大切になってきます。

投資の形態

どのような形で投資を行っていくのかといったことに関する投資の形態はいろいろあります。その中から自分の中で最も適したものを選んでみましょう。 20代の考える投資の形態として基本となってくるのは次の3つです。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、AIを活用した運用方法です。どのような運用を行っていきたいのかいくつかの質問に答えることにより、その人に買ったリスクの運用プランを提案してくれるというもの。

どのロボアドバイザーを利用するのかによっても変わってきますが、資産配分なども自動で行ってくれるのが特徴です。また嬉しいのが、現在の経済状況に合わせて保有金融商品のリバランスも多用しているということ。

投資をしたいと思っているけれど、自分で一つひとつステップを踏んでいくのが面倒…とか、できるだけ運用の手間を減らしたいと思っている方に向いている方法だといえます。

事前にシミュレーションなども確認できるので、将来的にどのような成果が期待できるのかなどもきちんと理解した上で始められるのは大きなメリットです。

FP(専門家)

専門家に相談をするのも一つの方法です。20代のうちはなかなか資産運用に関する細かいことを勉強する時間が取れません。そちらを優先すると時間が足りなくなったり、気づいたら30歳になっていた…といったケースも少なくないのです。

それならば、FP(ファイナンシャルプランナー)などの投資の専門家を頼って資産を運用するのも良いでしょう。相談するFPによって運用の能力は変わってくるため、専門家にお願いしておけば100%安心とはいえませんが、素人が全く知識のない状態で適当に資産運用をするのに比べると大きなメリットがあります。

個人

自分自身できちんと運用したいと思っているのであれば、AIや専門家の力を借りずに自身で投資を行うのもおすすめ。ただ、金融商品の性質やリスク、自分の目標を達成するための運用方法などについて一つひとつ理解していく必要があります。

ただ、ロボアドバイザーやFPを頼るとしても、本当に提示されたプランが自分にとって最適なのか?などを理解するためにも個人でいろいろと学ぶことは欠かせません。

ロボアドバイザーや専門家に相談をすれば全く知識のない状態からでも資産運用を始めることは可能です。ただ、知識がないとFPにとって都合の良い商品を勧められてしまう可能性もありますし、自分にとってのリスクを正しく理解できない場合もあります。

ロボアドバイザーやFPを利用するとしても自分でも学びながら資産運用を検討するのがおすすめです。

20代の人の平均収入

20代はまだまだ働き始めたばかりの段階ということもあり、30代、40代に比べると年収は多いとはいえません。具体的な金額について国税庁による民間給与実態統計調査を元にご紹介しましょう。

平成28年度分を確認してみると、平均年収は次の通りとなりました。

  • 男性20~24歳…275万円
  • 男性25~29歳…383万円
  • 女性20~24歳…241万円
  • 女性25~29歳…309万円

平均してみると、20代の年収は男性が329万円、女性が275万円となります。

参考:国税庁 長官官房 企画課:平成28年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-[PDF]
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf

20代で投資している人の割合

日本証券業協会が行った証券投資に関する全国調査の結果について確認してみましょう。 例えば、現在証券会社と取引をしていると答えた人の割合は、20~24歳で1.9%、25~29歳で4.7%となっています。 株式の場合はどうなのかというと、20~24歳で0.9%、25~29歳で5.6%です。 投資信託も見てみると、こちらは20~24歳は0.9%、25~29歳が1.4%という結果になりました。

総合的にみてみても20代で投資をしている方の割合は非常に少ないといえるでしょう。ただ、言い換えてみれば資産運用の魅力に早く気づき、動き始めた人たちをということにもなるので、ぜひ、早い段階からの資産運用を検討してみてはどうでしょうか。

参考:日本証券業協会:平成27年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)
http://www.jsda.or.jp/shiryo/chousa/data/research_h27.html

20代ならではの投資先の選び方

少額でも時間をかけて確実に大きな利益にする

20代の場合は、収入自体がそれほど高くないので、投資に回せる資金もそれほど大きくないでしょう。
しかし、その分長い時間をかけることができるので、少額でも無理なく資金を増やしていくことができます。
たとえば、毎月1万円を積み立てていった場合、年間では12万円ですが、それが40年にもなると480万円にまで増やすことができます。
この場合、たとえ利率が1%であっても、40年後には元金に加えて100万円以上増やすことも可能になってきます。

これは、投資で得た利益を繰り返し投資して利息を増やしていくことができる複利効果によるものですが、この方法で30万円を1,000万円にまで増やすことも不可能ではありません。
それには、少額の出資でも10年以上の長い運用期間が必要になるので、こういった方法は若いうちにしかできないものです。
毎月1万円でもいいので、長期にわたって定期的に継続してみましょう。
いわゆるローリスクロリターンの商品でも、何十年も時間をかければ確実に資産は増えていくのです。
たとえば、利率は少ないですが、銀行の定期貯金なら預けているだけで確実に利息が増えていきますし、変動が安定していて小額から始められる純金積立などがおすすめです。

掛け金の安い時に積立保険に加入する

20代のうちは生命保険に加入していない人も少なくありませんが、生命保険には掛け捨てのもの以外にもいろいろなタイプがあります。
投資商品として利用できるのは、毎月の掛け金を積み立てておいて、満期の時や解約時に支払った金額以上の返戻金が受け取れるものがあります。

途中で解約すると返戻金がこれまで支払った金額よりもかなり安くなってしまうものも多いですが、積立タイプだといつ解約しても返戻金が100%以上、一定期間を超えると利率が加算されるという商品もあり、生命保険に入りながらお金を積み立てることができます。
特に、生命保険の場合は年齢が若いほうが掛け金も安く済みますし、長期間続けられるので、保険に入っていない人は積立型の保険に入ることをおすすめします。

たとえば、積立保険の利率は長期間の固定金利で、10年満期の場合は返戻金が103%として戻ってくるとします。そうすると、毎月1万円の掛け金の場合、10年で支払保険料は600,000円、受け取れる返戻金は618,000円となります。
ただ、いろいろな商品があり、利率や返戻金の割合もさまざまですので、複数の商品を比較して慎重に決めるようにしましょう。途中で解約すると戻ってくるお金が少なくなってしまうので、年齢を重ねてからも利用できる保障内容かどうかも精査し、満期まで払い続けられるものを選んでください。

いろいろな投資を試してリスクを分散させる

20代の場合、投資自体を始めたことのない人がほとんどで、これから始めようと思っている人もまだまだ少数です。
必要以上にリスクを背負わないのは賢明ですが、投資に関しては経験してみないとわからないことも多いため、興味のあるものは「とりあえずやってみる」というスタンスで、少額で始めてみる価値はあるでしょう。
その際、ひとつの投資先に集中するのではなく、少しずつ複数の商品を試してみることをおすすめします。
たとえ失敗したとしても、何が原因だったのか探って次に生かすこともできますし、これから年齢が上がって収入が増えていけば、その損失をリカバリーすることも可能だからです。
複数に資金を分散しておけば、どこかで失敗したとしても、ほかのところで成功する確率も高くなり、リスクを分散させることができます。
いわゆる「練習」だと思って、今後のために投資の勉強を始めてみるのはいかがでしょうか。

20代ならこの方法
資産運用

純金積立

具体的な
資産運用
世界でも認められる貴金属会社
田中貴金属工業
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

170万円

投資のポイント
  • 小額からコツコツと投資ができ、資産運用の基礎を学べる
  • 不況に強く、金利が安い中でも安定して運用できる
  • 金・プラチナを扱う会社の中でも特に老舗で、世界からも認められる田中貴金属工業の投資商品
投資内容

世界的な安定資産である金を積立てていく資産運用方法です。少額から始めることができ、不況に強いということが特徴の商品ですので、資産運用が初心者の方や、資金が少ないという人にも適しています。田中貴金属工業は、世界でも認められている老舗の製造・販売会社で、取り扱っている金も高品質ですし、管理も徹底しているので安心です。

定期預金

具体的な
資産運用
最も身近な金融機関
ゆうちょ銀行
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

101万円

投資のポイント
  • ただ貯金するのではなく、計画的に考える資産運用の第一歩
  • 小額を積み立てていくなど、生活に合わせた貯蓄ができる
  • 信頼性があり、最も身近な金融機関の1つであるゆうちょ銀行で運用ができる
投資内容

低金利時代の現在ですが、長期の運用が可能な20代において定期預金は、有効な資産運用法の1つに挙げられます。少額を積立てていけば今の生活に影響が出るということもありませんし、元本割れといったリスクもほぼ無いという点もオススメできるポイントです。また、急な出費にも対応が可能となっている点も、20代という年代には有効となります。

保険・個人年金

具体的な
資産運用
攻めではなく守りを固める資産運用
明治安田生命
年間に必要な資金

12万円

30年で貯められる予想金額

476万円

投資のポイント
  • 今後の人生を考えるきっかけづくりにもなる
  • 何かアクシデントが起こった場合の守りを固めることができる
  • 20代で加入すると得になる保険が多い
投資内容

こちらの商品は、年齢が早い段階で始めれば始めるほど、同じ内容で掛金が少額で済むという特徴を持っています。また、確定申告をするときに税控除の対象となっていますので、20代から入っていても損はないと言えるでしょう。明治安田生命では、数多くの資産運用商品を取り扱っているので、現状に見合った運用法を提案してくれるそうです。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑