30代の資産運用

30代

65歳までの 目標貯金額

夫婦で 3,000万円

平均月収/平均貯金額

32万円400万円

平均的な30代のお金事情

少しずつ収入がアップするも、これから大きな出費が控える年代。

30代になると、20代よりも仕事を任されるようになり、収入も上がってきます。貯蓄も少しずつ増えてきますが、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴だと思います。そのため、お金の使い道は近い将来のためになる傾向が強く、なかなか思うような貯蓄ができないと言う人が多く、これまでに貯めた貯金を切り崩してしまう事も、珍しくはないようです。

30代資産運用を始めるのなら
~失敗しないためのポイント~

30代での資産運用を成功させるには

30代での
投資のメリット

  • 長期間の資産運用が可能である

    複利とも呼ばれるもので、金利面でのメリットです。例えば、元本と元本利息の合計額に対して利息がつくことを考えると、30代という若い段階からスタートする投資は非常に魅力があります。

    投資を成功させようと思ったら知識が必要になりますが、時間的な意味でのメリットは30代で投資を始めるすべての人にあるともいえるでしょう。

  • 少額からでも目標額を貯めることができる

    高齢になってからだとリスクの高い商品はなかなか手が出せません。万が一、大きな損失を出してしまった時にそれは短期間で取り戻すのが難しくなってしまうからです。

    すると、できるだけ短期間でプラスが望めるような危険度の高い投資に手を出さなければならない可能性も。30代から投資を始めておけばそういった心配も少なくなるでしょう。

  • 他の年代よりも複利効果が期待できる

    将来的にどのようなお金が必要になるかも人それぞれではありますが、老後以外にもまとまった資金が必要になることがあるかもしれません。投資である程度利益を出すことができるようになれば様々な場面で役立つはずなので、30代という早い段階で投資を取り入れてみてはどうでしょうか。

定年までにまだ30年ほどの余裕がある30代での資産運用は、やはり長期の運用ができるというのが最大のメリットとなります。老後に向けての商品と、近い将来に備える商品を分散して運用すると、さらにメリットが高まるとされています。

30代での投資で
気をつけるべきポイント

  • 収入に見合った少額投資で無理なく運用

    ある程度まとまった資金が用意できるからといって、その費用をすべて投資に回さないように注意しましょう。特に投資を始めてから間もないタイミングというのは、うまく利益が出ると更に投資金額を上乗せしたくなるもの。

    ですが、使えるお金をすべて投資に回してしまうと、予定外に発生した急な出費に対応できなくなってしまいます。

  • 給与天引きで定期的な貯蓄を続けていく

    まずは度くらいまで投資に充てるのか?について考えてみましょう。30代はまだまだ若い年代なので、資格を取得したり、趣味を楽しむなど投資以外にもお金を使う場面がありますよね。

    そういったことまで考え、自分にとってムリのない範囲で投資を行うことが大切です。生活の中心が投資になってしまわないように気を付けましょう。

  • 目標の貯蓄額をしっかりと立てる

    ムリに貯蓄を増やそうとして無茶な投資をするのはおすすめできません。確かに、投資でうまく資金を運用して貯蓄が増やせれば理想的ではありますが、資産運用法の中にはリスクが高いものもあるため、そういったものに取り組んでしまうと貯蓄を増やすどころか減らしてしまう可能性も。

    ゆとりに感じている分だけムリなく貯蓄に回すようにしたほうが失敗が少なくて済みます。

30代は、まだ現在の家計に支出の重点が置かれる年代です。定年までには時間的余裕がありますので、資産運用を行う際には家計に影響が出ない範囲で焦らずに行うことと、現在の生活にも流用できるよう分散して運用するのがポイントです。

結論30代は生活の基盤を整える時。
それも豊かな老後への確かな投資に繋がります。

住宅や子供の養育など、30代は自らの生活環境を整えていく時期でもあります。でもそれも、豊かな老後への確かな投資の一つ。無理のない資産運用を行うことで、老後資金の貯蓄はもちろん生活環境を整えるのにも役立てていきましょう。

30代で考慮しておくべき出費

30代は、結婚、出産、住宅の購入、教育費など、高額な出費が増える年代です。いつ、どのような出費をする可能性があるのか、また、それぞれいくらくらいかかるのかを把握しておきましょう。

出産に関する費用

出産に関する費用には、出産費用や妊婦検診の費用、マタニティ服の費用、病院への交通費などがあります。

出産費用はおおよそ30~50万円、妊婦検診にも1回5,000円前後(特別な検査をする場合は1回1万円ほど)と、出産に際しては、決して少なくない費用が必要になるといえるでしょう。

出産には自治体や健康保険組合などからの助成もありますが、安心のためにもまとまったお金の準備が必要です。

育児に関する費用

子どもが生まれた後で必要になるものは、肌着や哺乳瓶、おむつ、おしゃぶりといったこまごまとしたものだけではありません。ベビーベッドやベビーカー、ベビーバス、抱っこ紐、おむつ替えシートなど、赤ちゃんと生活するために買わなければならないものは次々に出てきます。

こうした産後の準備にかかる費用は、10万円ほどです。もちろん、高級で質の良いものをそろえればさらに費用もかさむことになります。それぞれの家庭の事情や生活環境に合わせて準備しましょう。

子どもが大きくなってから独り立ちするまでにかかる費用についても考えておかなければなりません。教育費は公立なのか、私立なのかによっても異なるので、できるだけ早い段階で検討しておきましょう。

公立の場合、幼稚園で約23万円、小学校で約30万円、中学校で約45万円、高等学校で約39万円といった費用がかかります。

私立の場合は幼稚園か約49万円、小学校が約142万円、中学校は約130万円、高等学校は約98万円となっているのです。

子ども1人当たりにかかる費用について考えると、幼稚園から大学まで通わせることを考えると、公立だったとしても1,000万円弱かかるでしょう。これが私立であれば2,000万円を超える可能性が高いです。

教育費の中でも特に高いのが大学にかかる費用となっているため、将来的に子ども大学に通わせたいと思っている方はできるだけ早い段階での資産運用を検討しておかなければなりません。

老後にかかる費用

30代はまだまだな先のことを考えるといってもなかなか老後のことまで想定できないかもしれません。ですが、30代で選択できる長期運用は老後の費用をまかなうのにも役立ってくれます。

老後は貯金をするのも難しいような状態になりますが、お金がなくてせっかく時間があるのに毎日の人生を楽しめない…といった事態は避けておきたいですよね。子育てが終わって仕事も退職し、趣味や夫婦水入らずで生活を楽しもうとしてもお金がなければ選択肢は非常に少なくなってしまいます。

老後は退職金があるから大丈夫!と思っている方もいるのではないでしょうか。退職金は勤続年数や学歴、勤めている会社の規模などによっても異なってきますが、一般的には高卒で1,700万円~2,300万円、大卒で2,300万円~2,500万円とされています。

年金もありますし、確かにこれくらいあれば老後にかかるお金は賄えるように思うかもしれません。ですが、1か月あたりの年金収入は実際にかかる費用を大きく下回っており、年金だけで趣味を楽しんで生活していくことはほぼ不可能に近いのです。

毎月退職金を切り崩すことについて考えなければなりませんし、自営業などで退職金が出ない場合には年金で賄えない部分をどのように用意するのか?についてできるだけ早いうちから考えなければなりません。退職金や年金があるからリスクのある資産運用なんてしなくてもいいのでは…と思っている方はこの点に注意しておきましょう。

結婚式のご祝儀

20代後半から30代にかけては、会社関係者や友人の結婚式ラッシュが訪れる年代でもあります。参列する際のご祝儀の目安は3万円、夫婦の場合は5万円。兄弟などの近しい相手が結婚する場合はさらに高額となります。また、子どもを連れて家族で参列するのであれば、人数に応じたご祝儀を用意する必要があるでしょう。

なお、結婚式へ参列するときは、ご祝儀以外にも、美容院代やドレス代などが必要です。特に女性は身支度にかかる金額が大きくなる傾向があります。

住宅に関する費用

住宅ローンは長期にわたって借り入れることができますが、定年後にローンが残ってしまうと返済が滞りかねません。住宅購入はできるだけ早いうちに検討することをおすすめします。

しかし、金利が下がっている現在でも、長期間の借り入れをする住宅ローンの金利負担は大きなもの。将来のリスクに備えるためにも、頭金をできるだけたくさん用意して、借入額を少なくしておくのが理想です。

実際に家を購入した方のデータを見ても、最初に数百万円の頭金を支払っている方が大多数となっています。万一を考えると、手元資金すべてを頭金にすることはできません。多くの方が、それ以上の資金形成をしてから住宅の購入に踏み切っていると考えられます。

30代で資産運用をするべき理由とは

30代で資産運用を検討している方もいれば、40代になるまでとりあえず貯金をしようと思っている方もいるかもしれません。ですが、可能であれば30代から資産運用を検討貢しておきましょう。

30代といえばまだまだ若い世代です。資産運用するにおいて、時間は非常に重要なポイントになってきます。これから40代、50代、60代と資産運用を行っていくことを考えると、40代になってから始めるのに比べて様々なポイントで得をするのです。

大きなポイントになってくるのが時間の関係だといえるでしょう。30代の方は万が一失敗したとしても、取り戻せる時間がたくさんあります。例えば、失敗をしたとしてもその後何十年もかけて少しずつ状態を改善させていくことができますが、退職などをきっかけに60代になってから投資を始めたとすると、失敗した時になかなか取り戻すことができません。

できるだけ短期間で損を取り戻そうと無茶な資産運用をしてしまうこともあるのです。資産運用では焦ると大きな失敗に繋がる恐れがあるので、時間をかけて資産運用を行える30代は大きなメリットがあります。

例えば、30代から資産運用を始めた場合など、40代から始めた場合とではどのようになるのかについてご紹介しましょう。

毎月の積み立て金額3万円、想定利回り3%で資産運用を始めた場合、30歳からスタートしていれば60歳になった時に最終積み立て金額は17,482,107円となります。一方で40歳から始めた場合は60歳になった時に9,849,060円にしかならないのです。

その差は7,633,047円。かなり大きな違いになります。

もしも、想定利回り3%、毎月の積み立て金額が5万円だった場合、40歳から出産運用を始めた結果は60歳時点で16,415,100円となりますが、30歳から始めていた場合には29,136,844円にもなります。その差は12,721,744円です。

こういった簡単な計算だけでも、30代という若いうちから始める資産運用の魅力がわかるでしょう。

30代で資産運用をするポイント

30代の資産運用のポイントになってくるのが長期投資です。長期投資では、リスクを抑えながら資産を運用ができるため、投資初心者の30代の方もぜひとも検討してみましょう。

若いうちから行う資産運用で絶対に心がけておきたいのが、大きく負けないことです。60代に比べると失敗した時に取り戻せる可能性が高いということで無茶をしてしまう方もいますが、長期運用ができる30代だからこそ慎重な資産運用を行い、大きく負けない投資を検討してみてはどうでしょうか。

30代はこれから年齢を重ねていくにつれてさらなる収入アップも期待できる年代です。ただ、投資の基本はあくまでも余剰資金の投資。きっと大丈夫、きっと稼げるだろうからと確定していない資金を想定しての運用は失敗するリスクが高くなるので十分に注意しておきましょう。

失敗しないためには、細かい目標を設定することも大切です。「少しでも増えればいい」と考えるよりも、「子どもは二人育てたいからそれぞれを大学まで行かせることを考えると最低でも必要になる金額は…」と具体的な金額を算出し、それを資産運用で捻出するためにはどうすれば良いのかを検討してみましょう。

中には、資産運用に興味のあるものの、どうしても収入が安定せず、貯金がないために検討できない方もいるかもしれません。30代は確かに資産運用をするのに向いている年齢ではありますが、だからといって生活費を資産運用に回すわけには行かないので、まずは毎月の収支をしっかり管理し、なぜ貯金ができないのか考えることから始めてみましょう。

貯金を作るためには収入を増やすか、支出を抑えるかこの二択しかありません。毎月決まった金額をしっかりと貯金し、その中で資産運用を行っていきましょう。

30代の人の平均収入

30代は20代に比べると収入がアップしやすいのですが、具体的にはどれくらいの平均収入となっているのでしょうか。国税庁によって毎年発表されている「民間給与実態統計調査」をもとにしてご紹介します。

平成28年度分のデータを確認してみると、以下の通りです。

  • 男性30~34歳…457万円
  • 男性35~39歳…512万円
  • 女性30~34歳…315万円
  • 女性35~39歳…300万円

平均してみると、30代男性の年収は484万円、女性の場合は307万円という結果になりました。

参考:国税庁 長官官房 企画課:平成28年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-[PDF]
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf

30代で投資している人の割合

投資といえば、もっと歳を重ねてから始めるものなのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、日本証券業協会が行った証券投資に関する全国調査の結果を確認してみましょう。

平成27年度に行われた調査を参考にします。
まず、株式を現在持っていると答えた人の割合は、30~34歳が9.7%、35~39歳が12.6%でした。
続いて投資信託を現在持っている方は30~34歳が4.6%、35~39歳が7.3%などとなっています。

投資している全体の割合としては、30代でも非常に少ない傾向にあるといえるでしょう。これには、30代でまだ資産運用に回せる資金がない可能性も高いですが、できることならば早めに開始しておいたほうが有利です。

参考:日本証券業協会:平成27年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)
http://www.jsda.or.jp/shiryo/chousa/data/research_h27.html

30代ならではの投資先の選び方

支出と収入のバランスから投資先を検討する

30代になると、20代と比べて収入が増えていきますが、それに伴って結婚や出産などを経験する人も増えてくるので、出費も大幅に増えていきます。
そのため、20代のようにリスクの高い商品にチャレンジしたり、手あたり次第に手を出す余裕はなくなってきます。
とはいえ、まだまだ若い年代で、定年までも30年ほど残されていますので、長期的な投資計画を立てることも可能です。

重要なのは、支出と収入のバランスから、毎月いくらまでなら投資に回せるかということです。
これには個人差によるところが大きく、特に独身か既婚かによって変わってきます。
独身なら収入から生活費や貯蓄分を引いた残りから投資の資金として利用できますが、既婚の場合はマイホーム用の資金や出産・子育てに備えるための費用など、自由に使える金額が少なくなるので、投資に利用できる余裕がない場合もあります。

そのため、一概に30代におすすめの投資商品を紹介するのは難しいですが、結婚して共働きになる場合は収入も増えますので、それぞれの状況に合わせた投資を選ぶことが重要なポイントとなります。

家族のためにも残しておきたい積立保険

若いころは保険の重要性を感じなかった人でも、30代になって家族を持つようになると、いざという時のために生命保険の加入を考える人が多くなるでしょう。
保険にはさまざまなタイプの商品がありますが、どうせ保険に加入するのなら、掛け金を積み立てして貯蓄できるタイプの積立保険がおすすめです。
毎月支払う保険料が割高になる傾向はありますが、解約返戻金が支払った料金を上回るタイプや、満期になると利息がついてお金が戻ってくるタイプが投資として利用できます。

利息はそれほど高くはありませんが、銀行に預けるよりは高いものが多いですし、病気や事故の時に手厚く保障してくれるタイプを選べば、万が一の時にも生活の助けとなります。
ただ、掛け金の割に保障内容が薄かったり、途中で解約すると返戻金が低くなる場合もありますので、掛け金と返戻金の割合、保障内容などについては慎重に比較して精査する必要があります。

長期的に積み立てできる投資先を選ぶ

30代の場合、仕事や子育てに忙しくなる人も多く、FXや株式投資など、こまめな管理が必要な投資に時間をかけられなくなることも考えられます。
ある程度経験があれば、空いた時間で運用することもできますが、これから投資を始める人は、本業の仕事や家事・育児がおろそかになってしまう危険性があるので、安易に始めないほうが賢明でしょう。

30代はまだまだ若く、老後のことなどはあまり考えられないかもしれませんが、今後は少子高齢化がますます進んでいくこともあり、年金の受給開始年齢がさらに引き上げられる可能性もあるため、老後のための資金も視野に入れて投資を始めたほうがいいでしょう。

そのため、すぐに結果が出るようなリスクの高いものよりも、長期的にコツコツ貯められるような積み立てタイプの投資信託がおすすめです。
30代なら定年まで30年ほど期間があるので、長期的に小額から始められるNISA(少額投資非課税制度)や個人型確定拠出年金などがいいでしょう。
毎月2万円や3万円程度の定額を積み立てていくことができるので、月によって出費に差がなく、長期的な資産計画が立てやすくなります。

勤めている会社が企業型確定拠出年金を導入しているのなら、掛け金を上乗せして将来受け取れる利益を増やすこともできます。
企業型確定拠出年金は、定年時に退職金として一時金を受け取ったり、年金のように受給することもできるので、老後の資金にゆとりが生まれます。
働きざかりの30代だからこそ、会社を通して利用できる投資などもうまく活用していきましょう。

30代ならこの方法
資産運用

投資信託

具体的な
資産運用
すべてお任せでしっかり収入を得る
みんなで大家さん
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

206万円

投資のポイント
  • 100万円の元手があれば始められる、ミドルリターンの投資
  • 過去元本割れを起こしていないため、信頼感が高い
  • 運営会社へ一任する形の投資なので、余計な手間がかからない
投資内容

投資信託での資産運用は、少額から始められる商品が多いのが特徴です。「みんなで大家さん」は、賃貸借契約済みの物件に複数人で投資をし、賃貸利益を分配する不動産の投資信託商品です。元本保証が無いというリスクはありますが、少額から参加することが可能で、空室リスクはほぼありません。比較的安定した利益が見込めますし、初心者でも始めやすいです。

保険・個人年金

具体的な
資産運用
今後の安定を考え必ず検討すべき
明治安田生命
年間に必要な資金

12万円

30年で貯められる予想金額

476万円

投資のポイント
  • 老後の備えとして必ず押さえておきたい保険
  • 今後のライフプランごとに、様々な保険・個人年金から選択ができる
  • 将来的な見直しを行えば、ムダが少なく運用できる
投資内容

大きなリターンは望めませんが、長期運用に適している点からも、30代の資産運用に向いているといえます。保険商品は自分の老後に備えながら、子どもの学費やもしかしたら起こるかもしれないアクシデントにも対応できるよう、内容を良く検討して現在の状況にあった商品を選択しましょう。確定申告時の税控除の対象にもなりますので、その点でも有利です。

国債

具体的な
資産運用
元本割れの心配がない安定した投資
ゆうちょ銀行
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

163万円

投資のポイント
  • 国というある意味で最も信頼ができる相手が投資の対象となる
  • 長期の運用に適しているため、30代からチャレンジするのにオススメ
  • ゆうちょ銀行ならば気軽に相談へ行きやすいので、投資初心者に向いている
投資内容

個人国債は、日本国が元本や利息の支払いを行っているので、債券の中でもリスクが少ないのが特徴の商品です。こちらも長期の運用に適しているので、30代にはぜひ検討していただきたい運用法と言えます。「ゆうちょ銀行」は、全国に展開する郵便局ネットワークを通じて運営しているため、相談や手続きなどがしやすいというのも、メリットの一つとなっています。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑