40代の資産運用

40代

65歳までの
目標貯金額

夫婦で 3,000万円

平均月収/平均貯金額

40万円450万円

平均的な40代のお金事情

住宅ローンや子供の学費など、まだまだ家庭にお金がかかる年代。

40代に入ると、会社では責任のある立場になり、忙しくなる分収入も多くなってくる頃でしょう。ですが家庭では、住宅ローンや子供の学費、親世代の介護費など、まだまだ家計の出費が続いている年代でもあります。それでも30代に比べれば、出費をしつつも預貯金に回せるお金の余裕が出始める頃でもあるので、老後に向けての備えを本格的に始めようと考える方が増えてくる年代でもあります。

40代
資産運用を始めるのなら
〜失敗しないためのポイント〜

40代での資産運用を成功させるには

40代での
投資のメリット

  • 定年まである程度の時間的余裕がある。

    投資でできるだけ失敗を避けるためには、リスクの少ないものを選び、長く運用を行っていくことが大切。ですが、定年間近になってしまうと合わせてリスクの高いものに手を出してしまう方も少なくありません。そういった意味でも時間的な余裕がある40代は魅力的だといえるでしょう。投資は早めに開始しておいた方が有利といわれているので、50代になる前に開始しておきたいですね。

  • 資産運用に必要な余裕資金が出始める。

    20代や30代だと、まだまだ投資に回せるお金がないために、なかなか資産運用に手をつけられない方もいます。ですが、40代になると若い頃に比べて収入も増えていくわけなので、資産運用のための資金をある程度確保できるのではないでしょうか。ただ銀行に預けているだけでは増えないので、資産運用を検討してみましょう。

  • 多少リスクのある商品も対応可能な年代。

    確かにリスクが少ない商品を選択した方が良いのですが、それなりのリターンを望むのであれば、多少リスクのある商品も検討しなければなりません。リスクが高いために50代や60代になってからだとなかなか手が出せないようなものでも、40代のうちであれば、まだ検討できるでしょう。

定年までちょうど中間地点である40代は、資産運用についてもちょうど中間にあると考えて良いでしょう。運用に回せる余裕資金が生じやすく、多少リスクのある商品にもチャレンジが可能なのも、40代での投資の特徴と言えると思います。

40代での投資で
気をつけるべきポイント

  • 生活費など必要支出額を確保する。

    40代から始めて資産運用を検討しているのであれば、どのような形で資産運用を進めていくのかを念入りに計画することが大切です。当然ながら生活費などもあるわけなので、そういったものまですべて投資に回さないように注意しておきましょう。

  • 安定性をベースにして資産運用を考える。

    40代からの資産運用は、リスクの高い物を避けて安定性の高さを重視するのがおすすめです。年代的にみて老後についても考えなければならない時期なので、とにかく短期間で増やすと考えてしまうのではなく、安定していて信頼できる商品選びから始めてみてはどうでしょうか。

  • 貯蓄と運用を分散して堅実に投資する。

    最も気をつけなければならないのが、貯蓄分にまで手を出してしまうことです。特に、資産運用がうまくいかなかったときに焦って貯蓄から切り崩してしまうケースもありますが、すると老後にも響きますよね。貯蓄のお金と運用に使うお金は必ず分けて考えましょう。

住宅ローンや教育費など、まだまだ出費の多い40代の資産運用では、安定性を重視した運用がオススメです。ハイリターンを求める余り、現在の生活に悪影響が出てしまっては本末転倒。あくまで余裕資金の範囲内で、というのがポイントです。

結論老後が本格的に視野に入ってくる40代。
無理のない範囲内で運用していこう。

40代に入ると、そろそろ老後が本格的に視野に入ってきます。ですが、現在の生活ではまだ支出額が多いため、大きなお金で資産運用をするのは難しいでしょう。安定運用で堅実に老後への備えをしていくのが、ベストだと思われます。

40代から資産運用が必要な理由

40代になると、20代〜30代と比べて「老後不安」がより現実のものになってくることでしょう。年金だけでは老後の生活の維持は簡単ではないにも関わらず、病気や介護などのリスクは高まるばかり。老後資金が3,000万円必要という説もありますが、普通のサラリーマンがそれだけの金額を準備するのは貯金だけでは難しいはずです。

そこで必要となるのが、適切なやり方での資産運用。資産運用を40代ではじめているかどうかによって、老後の生活に大きな差が生じてくるのです。資産運用はさまざまな方法があり、どれぐらいの期間で資産を増やしたいのかによって、適した方法は異なってきます。また、どれ程度のリスクを許容できるのかによっても、ご自身に合う資産運用方法は変わることも知っておきましょう。

最初からハイリスク・ハイリターンの資産運用方法に挑戦することは、老後資金を増やすどころか、損失を生んでしまう結果になりかねません。老後リスクを減らすためには、ローリスク・ローリターンの資産運用からはじめると良いでしょう。無理にならない範囲の投資を心がけることで、継続しやすくなるはずです。

40代投資をはじめるときのポイント

40代で投資をはじめるには、4つのポイントが肝心です。まず、1つ目は入金額を抑えること。40代であれば数百万円の貯蓄がある方も多いでしょうが、その貯蓄をすべて投資に使うのは言うまでもなくリスクが高すぎます。少額で始めるのも一つの手ですが、貯蓄がある程度あるのであれば、一定のリターンを得るためにも100万円程度から初めていくのもおすすめです。

2つ目は、投資や資産運用に関する情報を積極的に集めることです。これまでなんとなくテレビの経済ニュースを見ていたという人も、証券口座を持つことによって自然と市場に関するニュースを意識するようになります。投資に関する知識を深めることで、次のチャンスに反映することができるでしょう。

3つ目は、生活に支障をきたさないことです。例えば、有価証券で資産運用を考えている人は、値動きが気になってしまうことが多いと思います。しかし、仕事中の集中力を欠いてしまっては、本末転倒です。そうした方は、インデックス投資からはじめてみることをおすすめします。インデックス投資とは、ベンチマーク(日経平均株価など)と連動した形で株式などの資産を運用する方法のこと。インデックス運用の商品を複数持っておいて、「買ったら売らない」というのんびりした形ではじめてみると、すんなりと生活に馴染んでいくかもしれません。

4つ目は、失敗したときの原因を探っていくことです。プロでも投資で失敗することがあります。初心者がはじめから順調にいくわけではありません。投資は40代以降にも続けられますから、「なぜ投資が失敗したのか?」という原因分析は、50代以降の投資にそのまま活用できます。老後資金を作っていくためにも、はじめはリスクの少ない形で経験を積み重ねていくことが大切です。

初心者におすすめなのは投資信託

40代の投資初心者におすすめの資産運用は、投資信託です。上記でご紹介したように、金融商品には、債券・不動産投資・金・FXなどがあります。商品の種類だけではなく、集中投資・分散投資・長期投資・短期投資など投資方法もさまざまです。投資初心者の場合、ローリスクな長期投資・分散投資が可能な投資信託を選ぶのがおすすめだといえます。そもそも、投資信託とは、どういった資産運用方法なのでしょうか。

まず、信託という漢字をみてください。信じて託するとあるように「依頼する・お願いする」という意味になります。具体的には、投資家から集めた資金をひとつの資金にまとめて、専門家に株や債券などの運用をお任せするということです。世界中の投資家から少額のお金を集め、大きなお金とするのが投資信託の魅力のひとつ。投資する側からすれば、少額から資産運用することができるので、元手が少ない初心者でも安心できます。長期的な運用にも向いているので、リスクを分散させるために投資信託を活用している人も多いです。

不動産投資の始め方

40代の特徴は、20代、30代よりも資金力があるという点です。そのため、ある程度まとまった投資資金が必要である「不動産投資」も、40代であれば投資先の選択肢のひとつになります。

不動産投資をする際の注意点

不動産投資は居住用の不動産購入とは勝手が違います。検討する場合は不動産会社など、プロに相談しながら行うのがおすすめです。

「部屋の魅力」にとらわれ過ぎない

不動産投資の物件を探すとき、初心者にありがちなのが「自分の希望を優先して見てしまう」ということです。自分が住む物件ではありませんから、居住性にとらわれ過ぎないようにしましょう。魅力的な物件はその分高額になるため、投資先としては適していない場合も多いです。あくまでも資産運用の目線で物件を精査するようにしてください。

「利回り」に振り回されない

一見、利回りが良ければそれだけ儲かる物件のように感じられます。しかし、利回りはあくまでも「空き部屋がない場合」のものです。入居者がいなければ利益をあげることはできません。

見えづらい経費に注意

管理費や修繕費、固定資産税など、物件を維持するために必要な経費は多岐にわたります。さらに、投資用物件の場合、住宅ローン控除を受けることはできません。売却時の特別控除がない点にも注意が必要でしょう。

少額投資ならREITという手も

不動産投資は、成功すれば大きなリターンを得られるうえに、「不動産」という財産を確実に手にすることのできる運用方法です。しかし、その反面、莫大な元手資金が必要であるという問題点もあります。そこでおすすめなのが、「REIT」です。

REITとは

REITは、「リート」と読みます。不動産投資会社にお金を信託して、自分の代わりに運用を行ってもらうというのがREITのシステムです。利益は、投資家の投資率に応じて分配されます。

REITの魅力

個人で不動産投資を行う場合は、物件情報を集めたり、管理を行ったりする必要があります。そのうえ、複数の物件を持ってリスクを分散させるのも、資金面を考えると困難です。REITには、こうした煩雑な手間や、ひとつの物件だけに利益を左右されるリスクがないというメリットがあります。不動産投資会社が複数物件に分散投資するうえ、物件の選定もプロに任せられるため簡単です。

REITの選び方

REITは多くの投資会社が扱っています。それぞれの会社を比較検討するときは、手数料の額や利回りなどをチェックしましょう。

資産運用しないこともリスク

40代で投資デビューを考えている方のなかには、リスクを恐れて「投資そのものをやめてしまおう」と思う方もいるかもしれません。しかし、資産運用をしないことそのものが、老後リスクのひとつであることを忘れないでください。どのような金融商品であっても、多少なりともリスクはあります。しかし、そのリスクを怖がってしまうあまり、最初の一歩を踏み出さないでいると、老後の生活費が不足してしまうかもしれません。正しい資産運用方法を学ぶことによって、リスクを最小限にすることができます。ご自身に合ったローリスクな資産運用方法から挑戦してみてはいかがでしょうか。

40代の人の平均収入

資産運用を始めるためにはお金がなくてはなりません。まず、40代の平均年収はどれくらいになっているのか確認してみましょう。平成29年に国税庁が行った民間給与実態統計調査によると、次の通りとなっています。

  • 男性40~44歳…563万円
  • 男性45~49歳…633万円
  • 女性40~44歳…302万円
  • 女性45~49歳…299万円

男性の年収のピークは50代に突入してからなのですが、40代は50代に近づく年齢ということもあり、30代に比べると大幅に平均年収が増えている傾向にあります。女性の場合、平均年収が最も高いのは30代前半。そこから徐々に下降傾向になってしまうのですが、30代後半から50代にかけての時期は大きな変動もなく、安定しています。

全年齢を通しての平均年収は男性が521万円、女性が280万円となっているため、こちらと比較すると40代は稼いでいる年代ともいえるでしょう。
もちろん、ご紹介した例はあくまで平均的なものであり、職業や勤務内容によっても年収は変わってきます。やりくりがうまければ平均年収よりも極端に少なくても資産運用はできるでしょう。

参考:国税庁 長官官房 企画課:平成28年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-[PDF]
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf

40代が投資している人の割合

40代ではどれくらいの方が投資による資産運用を行っているのか?については、日本証券業協会が行った証券投資に関する全国調査の結果が参考になります。

まず、証券会社との取引状況についてですが、40代で現在取引していると答えた方の割合は、40~44歳の14.5%、45~49歳が13%となりました。続いて株式に関してです。こちらでは現在持っていると答えた人が40~44歳で15.2%、45~49歳で16.3%。現在は持っていないものの、以前は持っていた方を含めると、全体の2割程度の方が株式を保有している・いたということになります。

投資信託に関しては、それほど多くはなく、40~44歳で現在保有している方が7.6%、45~49歳だと6.3%となります。

参考:日本証券業協会:平成27年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)
http://www.jsda.or.jp/shiryo/chousa/data/research_h27.html

40代ならこの方法
資産運用

投資信託

具体的な
資産運用
短期間でもローリスクでリターンがある
みんなで大家さん
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

135万円

投資のポイント
  • 小額から参加でき、短期間でもしっかりとリターンを得られる
  • 元本割れをした記録がなく、安心して資金を任せられる
  • 物件の管理などは会社に一任できるため、忙しい状況でも運用できる
投資内容

みんなで大家さんの不動産投資信託は、少額から参加することができるので、無理なく資産運用を始められる商品と言えます。すでに賃貸借契約済みの物件に対して投資を行うので、空室リスクもほぼ無く安定した収益が期待できます。元本保証こそありませんが、まだ家計での支出が多い40代が始める資産運用としては、オススメできる商品であると思います。

不動産投資

具体的な
資産運用
投資・税金対策・将来の資産として
シノケンハーモニー
年間に必要な資金

2,500万円

10年で貯められる予想金額

3,200万円

投資のポイント
  • 上手く運用できれば、ハイリターンかつ安定した収入が期待できてる
  • 税金対策としても利用できる
  • 賃貸管理を一手に委託できる他、35年間の空室保証などもある
投資内容

不動産投資とは、不動産を購入して売買することで収益を得たり、賃貸物件として家賃収入を得ていく、資産運用方法です。上手に運用できれば、ハイリターンや長期的に安定した収入を望めるのが特徴。マンション経営をサポートしているシノケンハーモニーでは、賃貸のリスクである空室リスクを軽減できるよう「35年間空室保証」などの対策を提供しています。

債券

具体的な
資産運用
資産運用のプロフェッショナルに投資を委託
ニッセイアセット
マネジメント
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

137万円

投資のポイント
  • 幅広い銘柄へ分散投資を行うことでリスクを軽減できる
  • 信用リスクはあるが、比較的安定した運用が見込める
  • 資産運用のプロフェッショナルに全て一任できる
投資内容

債券に投資を行う運用は、信用リスクこそありますが、比較的安定した運用が望める商品でもあります。ニッセイアセットマネジメントでは、資産運用のプロフェッショナルが対応してくれています。幅広い銘柄に分散投資を行うなど、信用リスクをコントロールしながら運用の安定を図ってくれますので、資産運用初心者でも安心して相談することができます。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑