50代の資産運用

50代

65歳までの 目標貯金額

夫婦で 3,000万円

平均月収/平均貯金額

42万円800万円

平均的な50代のお金事情

子供への教育費やローンの支払いが終盤。老後に向けてしっかり準備を。

50代に入ると、これまで家計の大きな支出となっていた子供への教育費や住宅ローンなどが、いよいよ終了へ近づきます。そのため、これまで備えとして必要だったものを見直し、老後の生活に必要なものに整理していく時期でもあるのです。余裕資金での貯蓄や資産運用で老後資金を増やしていくと同時に、住宅ローンなどの負債を削減し、なるべく老後に持ち越さないようにしていきましょう。

50代資産運用を始めるのなら
~失敗しないためのポイント~

50代での資産運用を成功させるには

50代での
投資のメリット

  • 余裕資金が増え投資がしやすくなる。

    20代、30代の頃は余裕資金が全くなくて毎日の生活をやりくりするのでも精一杯…という方も少なくありません。これは、まだ稼ぎが少ないために仕方がないことともいえるのですが、40代以降は徐々に余裕が出てきて、50代になると生活資金も増えて投資に回せる方が多くなります。

  • 貯蓄をしっかり確保した分散投資できる。

    老後に向けて、できるだけ貯金に取り組んでいた方も多いのではないでしょうか。20代や30代といった若いうちから貯蓄をしておくと、50代頃になるまでには目標金額を達成している方もいるようです。若い頃に比べて必死に貯蓄をしなくても何とかなりそう…ということであれば、その資金を投資に回してみてはどうでしょうか。

  • 貯蓄の目標を老後に絞り込める。

    若いうちは、将来的にみてなにが起こるかわからないとか、マイホームを購入したいといった理由で、とりあえずできるだけ貯蓄をしていたという方もいます。ですが、50代になれば生活も落ち着き、あとは老後に向けてゆっくり貯蓄をしようと考えている方も多いはず。目標を絞り込みやすいため、投資にいくら使えるのかもわかりやすいでしょう。

これまでは現在の生活や家族が中心となっていましたが、50代に入ると資産運用の目的を老後生活に絞り込むことができるように。運用商品の選択や貯蓄に対するモチベーションも上がり、目標に向かって動きやすくなります。

50代での投資で
気をつけるべきポイント

  • 定年まで時間が少なく失敗ができない。

    20代や30代といった若い年代のうちに資産運用で失敗したとしても、その後にいくらでも取り戻すことができます。しかし、50代になってから大きなリスクを背負った投資で失敗してしまった場合、定年までに取り戻すことができず、老後にまで響いてしまう可能性があるのです。

  • 現在の負債額や保険などの見直しを行う。

    老後の生活についてしっかりとシミュレーションしておきましょう。もしも負債がある場合は、どのように対応すればいいのか早めに考えておかなければなりません。また、60代に入ってから保険の見直しを行うのはなかなか難しくなるので、不要な保険で無駄なお金を払わないためにも保険の見直しを行っておきたいところです。

  • 分散投資でお金を堅実に残すことも。

    50代からの資産運用で最も怖いのが、ムリな投資によって老後の貯蓄がなくなってしまうことです。これを避けるためには、分散投資をすることが大切。どこかでマイナスが出てしまっても他で取り戻せるように対策を取っておくと、安心して資産運用ができるでしょう。

50代での投資は定年まで時間が無いことから、リスクの高い投資で大きな失敗をすることは避けたいところです。リスクのある投資を行う一方で、定期預金など堅実な商品で貯蓄を積立てる、分散投資を意識しましょう。

結論豊かな老後生活へ向けて、
攻めの資産運用よりも守りの資産運用で準備を。

老後まであまり期間のない50代では、資産運用でハイリターンを重視しすぎるのはオススメできません。老後のために堅実な商品で確実に資産を残すことを軸として、攻めの資産運用は控えめに行うのがベストでしょう。

50代でリスクの高い資産運用をしないほうがいい理由

老後の生活を視野にいれた資産形成が必要

50代になると、定年までは10年前後。だんだんと老後についても具体的な計画を立てる必要が出てきます。老後の問題として、もっとも大きなものが「資金」についてです。いくら年金がもらえるとはいえ、国民年金だけでは微々たるものですし、厚生年金をプラスしても、月々の生活費には5万円ほど不足するというデータもあります。

老後の生活には、介護費用や通院費用、家のリフォーム代金なども必要です。リタイア後に困窮しないためにも、計画的に資産形成をしていく必要があるといえるでしょう。

未経験ならリスクの高い資産運用は避ける

「早く老後の資金を作らなければ」と焦るあまり、これまで経験したことのないハイリスクな投資に手を出す50代の方もいます。しかし、これはとても危険なことです。

50代で投資に失敗してしまうと、その後、リカバリーの期間が持てません。貴重な手元の資金を失う可能性のあるハイリスクな投資に、未経験からチャレンジするのは避けたほうがよいでしょう。すでに投資の経験がある方や、プロの助言を受けながら分散投資先のひとつにするという場合は、この限りではありません。

高めの金利を狙うなら外貨商品を活用しよう

外貨定期

海外の通貨で定期預金する「外貨定期」は、多くの場合日本円で預金するよりも利率が高く、資産形成に役立ちます。ただし、外貨定期は為替レートによって価値が変動する点に注意が必要です。

たとえば、同じ1万円を米ドルで預金する場合、1ドルが100円なら100ドルになりますが、1ドルが120円のときに預金すると約83ドルにしかなりません。為替レートをチェックするほか、為替変動の影響が抑えられる外貨定期積立を利用するなど、リスクを考慮した資産運用をするのがおすすめです。

外貨MMF

外貨MMFは日本円を海外の通貨に変えて、その国の社債や国債を買うことで利益をあげる投資信託です。実際に通貨を変えたり、購入する債権を選んだりするのは投資会社ですから、投資をする個人が選定する必要はありません。

外貨MMFには、安全性の高い債券を買うことでリスクが低く抑えられることと、1,000円程度の少額から始められるというメリットがあります。また、外貨預金より高い利回りが期待できるのも魅力です。

外国債券

外国債券は、発行の市場、発行している企業や国、通貨のうちのいずれか、またはいくつかが外国の債券のことです。しかし、一般的には外貨建ての債券を指します。

債券の購入や利子の受け取り、満期時の受け取りなどはすべて外貨で行われ、日本国内の債券よりも高い利回りが期待できるのが特徴です。その代わり、為替レートの影響を受けることになり、為替手数料も発生します。証券会社によっては、外貨MMFから外貨債券を買う場合に為替手数料を優遇する会社もあるためチェックしてみましょう。

50代の人の平均収入

50代の平均収入に関して、国税庁が発表しているデータを参考にしながら分析していきましょう。

50代と言えば、大学を卒業して就職してから30年以上経つ人がほとんどとなり、培ってきた知識や経験を生かして昇進したり昇給があったりするため、収入のピークを迎える方が多くなります。

国税庁が公表している民間給与実態統計調査によると、年齢階層別の平均給与は

  • 男性50~54歳…677万円
  • 男性55~59歳…669万円
  • 女性50~54歳…302万円
  • 女性55~59歳…298万円

となっており、平均的にみて男性が最も稼いでいるのは50~54歳、次いで55~59歳になっています。
基本的に収入は若いころから段々上がっていくのですが、50代がそのピークになり、60代は定年などもあってぐっと下がってしまいます。
男性の全年代の平均は532万円となっているので、平均と比べると50代の収入は100万円以上も多く稼いでいる計算になります。
やはり収入の増え方は勤続年数にも比例していて、30年~34年勤め続けている人の給与が最も多いため、50代が一番の稼ぎ時であることを示しています。

一方で、女性の年収は急激な変化はありませんが、20代後半から30代前半をピークとして徐々に下がってきており、59歳までは298万円ではありますが、これが60歳を迎えると急激に下がってしまいます。

女性の平均収入は287万円で、男性の平均年収とは全体的に大きな開きがあります。
もちろん、50代でも独り身の人やシングルマザーなどの女性がいますが、結婚して子育てや主婦業をこなしたり、男性の扶養に入ることが多くなるため、収入は少なめになってしまうのでしょう。
独り身の場合でも、女性の場合は全体的に男性より稼げる金額が減ってしまう傾向にあるので、50代のうちに資産運用を始めておかないと、60代になってからはなかなか厳しい状況になってしまうでしょう。

参考:国税庁 長官官房 企画課:平成29年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-[PDF]

50代が投資している人の割合

50代は他の年代に比べると資産運用を実践している方が増える年代でもあります。やはり、資金的な余裕が出てくることも大きく関係しているのでしょう。

50代の3割が投資の経験あり

例えば、日本証券業協会が行った証券投資に関する全国調査を確認してみると、結果は次の通りです。

証券会社との取引状況についてですが、現在取引していると答えた方の割合は、50~54歳が16.1%、55~59歳が21.5%となります。55~59歳に関して言うと、現在は取引していないものの、以前行っていたことはあると答えた方は8.8%となっており、現在取引をしている方の割合も含めると、全体の3割ほどしめるのです。

続いて株式についてです。こちらは50~54歳で現在も株式を保有している方は17.8%、55~59歳になると25.3%となっており、現在は持っていないけれど以前持っていた方を含めると34.5%となります。

最後に投資信託についてですが、こちらは50~54歳が10.7%、55~59歳が11.5%でした。

参考:日本証券業協会:平成27年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)

50代は老後のことを考えて投資を始める時期

上記のように、50代になると投資を始める人が増える傾向にあります。
若いころにはあまり老後のことまで考えていないような人でも、そろそろ定年が見えてきて、老後の生活資金について考えざるを得ない年齢になると、資金を増やすために投資を始める人が増えてくるようです。

また、20代~30代で子供ができた場合、50代になると子供が成人して子育てもひと段落、肉体的にも精神的にも、若いころに楽しんでいたレジャーから遠ざかってしまうこともあり、余剰資金や時間を投資に向け始めることも可能になってきます。
長期的な人生設計の中においても、老後にゆとりを持って生活できるよう、50代に投資を始めるのは適切なタイミングと言えるでしょう。

老後のセカンドライフのために用意しておきたい資金

日本人の平均寿命は近年、ますます長くなってきており、男女ともゆうに80歳を超えています。
たとえば、65歳で定年を迎えた場合、15年以上は年金や貯蓄、退職金などで生活していく必要があるため、定年前から資金計画を立てていく必要があります。

地域や生活水準によっても差がありますが、夫婦2人でゆとりのある老後を過ごす場合、月に30万円ほどあれば十分と言えるでしょう。
今のところ年金の受給開始年齢は65歳、ひと月にもらえる年金額が24万円とすると、毎月6万円不足してしまいます。
年間だと72万円、80歳までの15年間と考えると1,080万円も足りなくなってしまうのです。

もちろん、定年まで会社員を勤めあげてきたなら、相応の退職金がもらえますし、それまでに蓄えてきた貯金があればそれを充てることができるでしょう。
しかし、将来的に年金の支給額が下がる可能性も高いですし、さらに受給開始年齢が引き上げられることも予想されます。
50代になると年金の支給額や開始年齢も確実に予測できるようになりますので、それに合わせて信金計画を立てるといいでしょう。

50代ならではの投資先の選び方

50代になってからの投資は、老後のための資金が明確な目的となるでしょう。
そのため、リスクの大きい投資や、年十年もかかるような長期的な商品は目的にそぐわないものと言えます。
50代から定年の10~15年間くらいでゴールにたどりつけて、確実に増やすことのできるリスクの少ないものを選ぶべきです。

たとえば、元本割れのリスクのない銀行の定期預金や、所有している不動産の運用など、すでに持っている資金が大きければその分利益も安定して増やせるような投資商品がおすすめです。利率が少なくても、元金が大きければ確実に利益を増やしていくことができます。

これまでの経験や知識を生かして、株式投資を始めるのもいいでしょう。
あくまでも老後のための資金を増やしていくことを目的にし、あまり大きなリターンを求めず、安全策を取っていってください。
もし、失敗するとマイナスを取り戻すための手段が立てにくく、老後の資金をかえって減らしてしまうことにもなりかねません。
特に、初めて投資を始めるのであれば、専門家の意見も参考にしつつ、慎重に進めていきましょう。

50代ならこの方法
資産運用

投資信託

具体的な
資産運用
15年間でも十分なリターンが期待できる
みんなで大家さん
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

206万円

投資のポイント
  • 元本割れがないと言われる投資の中では珍しく、5~7%の年間金利が期待できる
  • 投資の全てを業者側へ委託できるため、忙しくても投資が可能
  • 価格変動等の影響を受けず、安定した資金が得られる
投資内容

長期にわたり比較的安定した収益が見込める不動産の投資信託です。みんなで大家さんでは、すでに賃貸借契約済みの不動産へ投資を行うことで、不動産投資に付きものの空室リスクを減少しています。元本割れをしたことがなく、物件管理の手間もありませんし、毎日価格変動のチェックを行う様な必要も無いので初心者でも安心です。

定期預金

具体的な
資産運用
大きな金額をかけられる今だからこそ
ゆうちょ銀行
年間に必要な資金

100万円

10年で貯められる予想金額

101万円

投資のポイント
  • 最も身近で相談もしやすい「ゆうちょ銀行」での資産運用
  • 元本割れのリスクがなく、堅実に資産を残せる
  • 複数種類の定期預金商品があり、要望によって選べる
投資内容

低金利が続いていますので、利息による収益は期待できませんが、元本割れリスクがなく堅実に資産を残すのに適しているのが、定期預金です。ゆうちょ銀行では様々なニーズに対応できるよう、複数種類の定期預金商品があり、扱いやすい運用商品である点が特徴となっています。日本全国に数多く窓口が存在しているというのも、大きなメリットです。

株式投資

具体的な
資産運用
手元に資産を残すための投資
ニッセイアセットマネジメント
年間に必要な資金

200万円

10年で貯められる予想金額

264万円

投資のポイント
  • 1つの資産として持ち続けることもできるし、すぐに売却して利益を得ることもできる
  • 個人での判断ではなく、資産運用のプロを頼ることができる
  • 様々な株主優待を利用できる
投資内容

資産運用の王道とも言える商品が株式投資です。国内外の上場株式に投資を行っていく商品ですが、ハイリターンが期待できる一方で元本割れなどリスクも高い面を持っています。ニッセイアセットマネジメントでは取扱商品も多く、資産運用のプロが投資先や運用方法を、その人のニーズに合わせてアドバイスを行ってくれるので安心できます。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑