HOME » まずはここから!はじめての資産運用

まずはここから!
はじめての資産運用

将来の不安を少なくし、老後を豊かにするために注目されているのが「資産運用」です。特に近年では年金への不安や低金利状態が続くなどで、興味を持たれる方が増えています。しかし、メリットだけではなくリスクも少なからず発生することですから、興味はあっても躊躇されている方も多いはず。

そこでここでは、複数種類刈る資産運用方法から、初心者の方でも参加しやすく「はじめての資産運用」に適していると思われる商品をピックアップしました。

定期預金
超低リスク・ローリターン

まとまった資金を金融機関に一定期間預けることで、満期時には利息が付いて戻ってくるという仕組みの資産運用法です。元本割れのリスクがないため、安定しているのが特徴。しかし、現在は低金利状態が続いているため、プラスとなる利息にはほとんど期待できないので、資産を増やすというものではないと考えた方が良いでしょう。

詳しく見る


国債
超低リスク・ローリターン

国債は、日本国が発行する債券のことです。元本と利子の支払いは日本国がおこなうため、定期預金と同じく資金を増やす大きな利益はありませんが、安全性の高い商品とされています。ただ、日本国の信用が現状より悪化することがあれば、損失が発生する恐れもリスクの一つとして承知しておくことが必要です。

詳しく見る

保険・個人年金
超低リスク・ローリターン

保険会社が提供している商品で、私的に年金を積み立て満期後に契約時に定めた年齢から年金を受け取ることができる仕組みです。公的年金にプラスしたいと考える方に人気で、税控除の対象であるというメリットも。ただ、将来に受け取る金額は決まっているので、それ以上に増やすことはできないという面もあります。

詳しく見る


投資信託
低リスク・ミドルリターン

投資家から集められたお金をまとめて、株式や債券などに投資する金融商品です。少額から始めることが可能で、投資の専門家が運用をおこなうため初めての方にも安心して投資をおこなえます。ただ、元本保証ではない点や、運用をおこなう信託会社へ支払う手数料がある点など、チェックしたいポイントがいくつかあります。

詳しく見る

純金積立
低リスク・ミドルリターン

毎月低額で純金を購入し積み立てていく商品で、主に貴金属会社が提供しています。世界的な安定資産である金ですので、取引価格に変動があっても価値がなくなるという心配がなく、リスクの少ない安定した商品と言えます。ただ、現金化するときのタイミングによっては、損失が出る可能性も少なからずあります。

詳しく見る


ロボアドバイザー
低リスク・ミドルリターン

これまでファイナンシャルプランナーなどの専門家の方が行っていた作業を代わりにコンピューターが行ってくれるロボアドバイザー。インターネットを通していくつかの質問に答えることによってその人にとって最適な投資信託を診断してくれます。手軽に資産運用が始められる方法として人気が高まっています。

詳しく見る

NISA
低リスク・ローリターン

NISAとは、1年につき120万円までの投資枠で得た利益が非課税になる制度です。売却益や配当金に税金がかからないというメリットがある一方、損益通算や損失の繰り越しができないというデメリットもあります。初心者の方にも分かりやすく解説します。

詳しく見る


J-REIT
低リスク・ミドルリターン

J-REITとは不動産に投資する投資信託の一種。投資家から集めたお金を不動産に投資し、得られた利益を投資家に分配する資産運用のことです。どのようなリターンやリスク、J-REITの選び方まで解説します。

詳しく見る

ソーシャル
レンディング
低リスク・ミドルリターン

ソーシャルレンディングとは、近年注目されている投資方法の1つで、金融機関を介さず、インターネットで出資者と資金調達希望者を結びつけるシステムになります。ここでは、ソーシャルレンディングにとはどういったものか、メリットやリスクがあるのかどうかなど解説していきます。

詳しく見る

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑