資産運用のプロが伝授するお金の増やし方ガイド » 資産運用するための金融・投資商品一覧 » 金購入による投資・資産運用の方法
Product16
仮想通貨

金購入
低リスク・ミドルリターン

世界で最も信頼されている実物資産

古代より貴金属として価値を認められてきた金は、それぞれの国が発行している通貨や株式会社の株券といった、国や会社に対する信頼性が価値に変わっている「ペーパー資産」でなく、金そのものに価値のある「実物資産」です。そのため、金は国の破綻や会社の倒産によって価値が失われる信用リスクがないので、金購入による投資は「守りの資産」として、「攻めの資産」であるペーパー資産投資のリスクコントロールとして行われることが少なくありません。

ただし、金そのものは利息や配当などによって利益を生まないため、ただ所持しているだけでは資産として増えることもない点がデメリットです。

金購入での資産運用とは

金購入で資産運用を行おうとすれば、まずは金地金や金貨など、金そのものを購入して、金相場が高くなったタイミングで金を売却する方法が挙げられます。またその他にも、毎月一定額で金を購入し積み立てていく純金積立や、投資信託、さらに金の先物取引といった方法があり、それぞれのメリットやデメリット、リスクなどを理解しておくことが必要です。

金購入の種類

金貨購入

金購入で最も簡単に行える方法が、貴金属店などで各国政府が発行している金貨を購入する方法です。

誰でも店舗へ行くだけで購入できる上、持ち運びも簡単で、売却も同様に行えます。ただし、金貨にはそれぞれ独自の意匠が施されていたり、製造コストや輸送コストが価格に上乗せされていたりするため、金そのものの価値よりも購入価格が高くなることが通常です。

なお、金貨などを売却する際、金貨が汚れていたり意匠に傷が付いていたりすると、金貨としてでなく金の価値だけで価格を算定されてしまい、元本割れとなるリスクもあります。金貨を購入した場合、必ず保管方法にも気をつけるようにしましょう。

金地金(インゴット)

一般的にイメージされるような、金の延べ棒やプレートを購入・保管して、金相場の変動に合わせて売却する、最もオーソドックスな方法です。

金地金による金購入では、金貨や装飾品のような場合と異なり、金の重さがそのまま価値となります。しかし一方で、金貨などと同様に安全な保管場所の確保や盗難防止対策などが不可欠です。

また、金地金の購入には最低でも数十万円から、場合によっては数百万円の資金が必要なため、比較的高額の金購入を行いたい人向けの方法といえるでしょう。なお、金地金の購入量が少ない場合、取引に手数料がかかります。

純金積立

純金積立は、毎月1,000~3,000円程度の少額を金の購入資金として積み立てていく方法です。金貨や金地金などの購入と違って、少額でも金購入を始められる上、金の現物は業者に預かってもらえるので自分で金を保管する必要がありません。

ただし、純金積立では取引に手数料がかかる上、金の預け方によっては業者が倒産すると金が戻って来なくなるリスクもあります。また、業者によっては年会費や手数料を支払わなければならないこともあります。

なお、金の積立量が一定量を超えれば、現物として引き出すことも可能です。

金関連ファンド

銀行や証券会社を使った投資信託として、金ETF(上場投資信託)や純金、金鉱・採掘関連会社の株式などに投資する方法です。

投資家は出資金を預けるだけで、資産運用は投資のプロに任せることができる上、毎月一定額の積立投資も選べます。

ただし、一般的に金関連の投資信託では、金の現物を引き出すことが認められておらず、金そのものを手にすることができません。

金先物取引

金の先物取引は、金相場の動きをあらかじめ予想しておき、将来の金取引を事前に約束しておく投資です。

先物取引では、最初に元手となる証拠金を預けることで、それに数倍~数十倍のレバレッジをかけた金額で取引を行えます。そのため、金の先物取引では手元にある資本金をはるかに上回る範囲で取引を行えるので、値動きの幅が小さい場合でも、大きな利益を得られる可能性があります。

しかしこれは同時に大きなリスクでもあり、場合によっては予想以上の損益となってしまうこともあるでしょう。

金購入のメリット

信用リスクがない

金は、貨幣や株式のような信用リスクがなく、金そのものの価値によって取引が行われます。そのため、金は世界で最も信頼されている実物資産ともいえ、実際に各国の政府や中央銀行がそれぞれ大量の金を保有しています。

市場が不安定な時に金の価値が上がる

金には信用リスクがないため、世界情勢や経済状況の変化によって市場が不安定になってしまった時こそ、実物資産である金の人気が高まる傾向にあるという点が特徴です。

自分に合った投資法を選びやすい

金は非常に古くから資産運用や投資のリスク分散手段として世界中で取引されており、購入法や投資法にも様々な方法があります。そのため、投資額やリスク・リターンを考えて、自分に合った購入法を選択することが可能です。

金購入のリスク・デメリット

インカムゲインが発生しない

金をどれだけ所持していても、金利や配当金といったインカムゲインは発生しない点が、大きなデメリットです。そのため、金で利益を得ようとすれば、必ず取引を行わなければいけません。

為替相場の影響を受ける

金の取引は米ドルで行われるので、円で金を購入しようとすると、どうしても為替相場の影響を受けてしまいます。そのため、円建てで金購入をする場合、為替についても考慮しておくことが必要です。

盗難・偽物のリスク

金の現物を保管している場合、必ず考えなければいけないのが盗難リスクです。また、盗難対策として金庫を購入したり、信用できる場所に預けたりすれば、購入費や保管料といった支出が発生します。さらに、信用できない店や業者から金を購入すると、偽物をつかまされてしまうリスクもあるでしょう。

金を購入する際の注意点

あくまでも「守りの資産」

金相場は世界情勢の変化に影響されるものの、株式投資のように企業の業績が好調だから株価も急上昇するといった変化は起こりにくくなっています。また、金相場が急激に変化したとすれば、世界情勢に何かしら特別なことが起きている証拠です。そのため、金購入は短期間で積極的に利益を狙っていく資産運用でなく、あくまでも他の投資のリスク分散として考えておくことが無難です。

「有事の金」には注意が必要

世界情勢が不安になったり戦争が起こったりすると、金の価格は上昇します。そのため、金は昔から「有事の金」や「有事の金買い」と呼ばれている点が特徴です。

しかし実際には、金は有事が発生して価格が高まってから慌てて購入すべきものではありません。

むしろ、金は平時から少しずつでも積み立てておき、いざという時に売却して他の投資の損益をカバーするために活用することが肝要です。

プロに聞いた! 目からウロコの運用術 お金を増やす投資の選び方
あなたの職業や立場はどれ?職業・立場にあった
資産運用をお教えします!