HOME » まずはここから!はじめての資産運用 » 保険・個人年金(超低リスク・ローリターン)

保険・個人年金
超低リスク・ローリターン

公的年金にプラスする私的年金

個人年金保険とは、保険会社が提供している資産運用商品の1つで、私的な年金として保険料を支払い積み立てていく仕組みになっています。保険料の支払いが完了すると、契約時に定めた年齢から毎年年金としてお金を受け取ることができます。

保険・個人年金

年金の支払期間は商品ごとに異なっており、一定の期間が定められているものの他にも、生涯支給される終身年金タイプもあります。近年では、公的年金の支給額が減額されていることもあり、老後の生活を考えて、個人年金保険に加入される方が増えているそうです。

商品の種類も複数あり、支払期間の選択や支払金額を定額とするか運用次第で増やすことも可能な変額型にするかを選ぶことも可能です。また、保険会社の提供する個人年金は保険商品となりますので、税控除が受けられるのが特徴としてあげられます。

保険・個人年金で得られるリターンはどの程度か

個人年金で得られるリターンは、選択する商品によって違いがあります。加入時に支払われる年金額が決まっている定額型を選択すれば、将来設計が立てやすいというメリットがありますが、利率は低く決まった額以上に増える期待はできません。ただ、外貨タイプなど増やせる可能性のある定額型商品も中にはあるようです。もう一つの変動型を選択した場合は、運用次第で資産を大きく増やせるので、高リターンが期待できます。

保険・個人年金で資産運用するリスクを考える

変動型の個人年金を選択した場合、運用次第によっては元本割れを起こしてしまうリスクが考えられます。元本保証がされている商品もありますが、そのタイプでは大きく資金を増やすという可能性は期待できなくなります。また、個人年金保険では年金の据え置き期間中に解約してしまうと、解約控除金が発生して一定額を元本から差し引かれる場合があり、損が出てしまう可能性もあるので注意が必要です。

個人年金のメリット、デメリット

個人年金にもメリットとデメリットがあります。どちらもしっかりと知った上で、個人年金に加入するかどうかを検討しましょう。

個人年金のメリット

個人年金のメリットは以下の通りです。

  • 現在の低金利時代が続くなら、個人年金の方が同額を貯蓄するよりもリターンが大きい
  • 預貯金に比べると解約は心理的な抵抗感が大きいため切り崩すことがない
  • 一定の条件で所得税の控除も受けられる

これからの状況や選ぶ商品によって変わってくる可能性もありますが、一般的に見て、今の低金利時代が続くなら、個人年金で老後の資金を貯めておく方が、同額を貯蓄に回すよりも大きな金額を得られる可能性が高いです。

また、預貯金は生活が苦しいと切り崩してしまいがちですが、個人年金は途中で解約すると元本割れするため、損をしたくないという気持ちがブレーキとなり、結果的に満期まで手を付けずにいられる可能性が高い、とも言えます。

また、所得税の個人年金保険料税制適格特約をつける必要はありますが、この特約をつけることで、通常の生命保険料の控除とは別に個人年金も所得控除が受けられる点もメリットです。

このように安定して老後の備えができるという点で優れているように見える個人年金ですが、デメリットも存在します。では、そのデメリットとは何でしょうか。

個人年金のデメリット

個人年金のデメリットは以下の2点に集約されます。

  • 生命保険会社破たんの可能性
  • インフレで貨幣価値が下がる可能性

個人年金の運営元である生命保険会社が破たんしてしまうと、これまで掛けてきた保険料がすべて無駄になるのか、というと必ずしもそうではありません。ある程度はセーフティネットが用意されています。ただし、全額保証、という訳にはいかずに受け取り予定額が目減りすることは十分にあり得ます。

また、これからの数十年間でインフレが起こった場合、貨幣価値が下がるので、将来の受取金額は同じでも実質目減りしている、という点も個人年金のデメリットです。

個人年金始め方

個人年金を始めるには、まず遺文がどういうタイプのものに入るべきかを決めておく必要があります。自分に合っている保険は何なのかを知るために、以下のことを洗い出しておきましょう。

  • 年金の種類(確定年金・終身年金・変額年金)
  • 年金の期間
  • 返戻率を確認
  • 支払方法を選ぶ

年金の種類は、10年など有期で年金を受け取る確定年金、長生きリスクに対応するが早死にすると損をする可能性もある終身年金、運用益で受取額が変動する変額年金の3種類があります。変額年金は多少のリスクは伴いますが、うまくいけば多くの年金が受け取れる可能性のある商品です。どれを選ぶかはかなり悩ましいところですが、一長一短がありますのでよく検討して決めましょう。

年金の期間は、先ほども説明しましたが、10年や20年などの有期にするか、終身にするかを考えます。また、何歳からもらうかも重要です。60歳からなのか、65歳からなのか、今後のライフイベントを考えて決定します。

ここまでで、どういう保険を選ぶかを検討する前準備完了です。後は、具体的に自分の考えた条件でより有利な保険を探します。返戻率がより高い個人年金を選ぶのももちろんですが、保険料の支払方法もセットで確認してください。通常、月払いよりは年払いの方が返戻率は良くなります。

個人年金にかかる税金について

個人年金を受け取るようになると、その金額には税金がかかります。この時、契約者と被保険者、年金受取人が同一人物の場合は、受け取った個人年金は雑所得扱いとなり、所定の所得税が引かれます。

一方、年金受取人が妻になっていると、1年目の受け取り時に贈与税がかかり、2年目以降は雑所得扱いで所得税がかかり、税の負担が重くなることに注意してください。よほどのことがない限り、契約者と被保険者、年金受取人は同一人物にしておいた方が良いでしょう。

保険・個人年金での資産運用に関する口コミ評判

元本保証なので安心です

以前に変額型の保険を勧められて加入したのですが、運用の失敗や為替変動によって元本割れすることがありました。そこで、一定条件のもと元本保証が約束されている商品に変えたところ、安心して資産を任せることができるようになりました。

銀行よりも良い利率で還元

父が亡くなり、それに伴う相続で1,000万円ほど受け取りました。銀行に預けていても利息に期待はできないので、保険会社の定額年金にしたところ、良い利率で還元を受け取ることができたので、こちらにして良かったと思っています。

受給年齢を指定できます

私の会社は早期定年制度があり、55歳で定年となります。なので、30歳で個人年金保険に加入した時に、退職年齢に合わせ55歳から年金を受給できるようにしました。都合に合わせて受給開始の年齢を指定できたので、本当に良かったです。

持病があっても
加入できました

私はもともと持病を抱えていたので、保険商品である個人年金保険には加入できないものとあきらめていました。ところが、持病があっても大丈夫のものがあると知り、無事に加入することができました。老後のことを考えると非常に安心しています。

安全が魅力の資産運用法超低リスク・ローリターンの
投資について
もっと詳しく見る

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑