HOME » まずはここから!はじめての資産運用 » ロボアドバイザー(低リスク・ミドルリターン)

ロボアドバイザー
低リスク・ミドルリターン

コンピューターによる資産運用

資産運用には様々な方法があるのですが、その中でも投資信託に注目している方も多いでしょう。しかし、投資信託に興味があるものの、どこを選べば良いのかわからない…と悩んでいる方も多いはず。

投資信託

そういった方にぜひとも注目して欲しいのが、「ロボアドバイザー」と呼ばれるものです。ここではロボアドバイザーのメリットやデメリット、特徴などについてご紹介します。

ロボアドバイザーとは?

本来、投資信託を行う場合は専門家の方が手助けをしてくれることになるのですが、専門家の力を借りるということもあり、気になるのが手数料の問題です。投資信託は資産運用に関する細かい知識を持っていなくてもプロが代行で行ってくれるため、初心者でも始めやすい資産運用の方法だといえるでしょう。

投資信託を行う場合、一般的にはファイナンシャルプランナーなど専門家の方からアドバイスを受けます。その際には相談料や時間がかかることになるわけです。ロボアドバイザーとは、これまでファイナンシャルプランナーなどの専門家の方が行っていた作業を代わりにコンピューターが行ってくれるサービスのこと。インターネットを通していくつかの質問に答えることによってその人にとって最適な投資信託を診断してくれるのです。専門家に相談するよりも手軽に資産運用が始められる方法として人気が高まっています。

投資信託を行う場合、一般的にはファイナンシャルプランナーなど専門家の方からアドバイスを受けます。その際には相談料や時間がかかることになるわけです。ロボアドバイザーとは、これまでファイナンシャルプランナーなどの専門家の方が行っていた作業を代わりにコンピューターが行ってくれるサービスのこと。インターネットを通していくつかの質問に答えることによってその人にとって最適な投資信託を診断してくれるのです。専門家に相談するよりも手軽に資産運用が始められる方法として人気が高まっています。

ロボアドバイザーと聞くと、まるでロボットが対応してくれるシステムのように思うかもしれませんが、そうではありません。投資家はスマートフォンやパソコンから、ロボアドバイザーサービスにアクセスし、利用することになります。

ロボアドバイザーを利用するまでの流れ

まず、口座を開設しましょう。

次にロボアドバイザーサービスにアクセスし、ここで出されるいくつかの質問に答えます。ここでは、どのような投資方針なのか、どのくらいの投資機関の商品を探しているのか、自分が求めているスタイルはどういったものなのかなどの質問が出されるのですが、具体的な質問内容は選択するロボアドバイザーによって異なるのでよく確認しておきましょう。

従来の投資信託であれば自分がどのような投資を行っていきたいのか一つひとつ専門家の方に説明し、理解してもらわなければなりませんでした。ですが、ロボアドバイザーの場合は画面に表示される質問の中から自分の考え方や理想に最も近いものも選択していくだけでシステムがあなたの投資に対する姿勢を理解してくれます。

本当に簡単な質問なのですが、それにこたえることによって自分のリスク許容度や、どのような資産配分をするのが理想的なのかがわかるのです。利用するのに必要なのはインターネット環境のみとなっているため、何か特別な器具などを購入する必要はありません。質問の結果を受けておすすめの商品を提示してくれるので、あとは気になるものを購入するだけです。

ロボアドバイザー利回りについて

利回りとは、自分が投資した資金に対して発生する利益のことですが、どのロボアドバイザーを選ぶかによって利回りは大きく異なります。具体的な利回りについてはリスク許容度によっても変わってきます。運用を始めたあとは自分の場合の利回りがどれくらいを達成できているのかしっかり調べておきましょう。

ロボアドバイザー手数料

ロボアドバイザーの手数料は安いところだと1%程度となっています。中には無料のところもありますが、各社によって違いがあるので事前に確認しておきましょう。利用手数料には為替手数料や売買手数料、口座管理料、外国諸費用等が含まれているところがほとんどです。

ロボアドバイザーメリット

専門家に相談する時間と費用が抑えられる

これまでは専門家のもとに足を運び、いろいろな相談をした上でその人にとって最適な商品を選んでもらうのが基本的な投資信託の形でした。しかし、仕事が忙しいなどの理由からなかなか専門家のもとに足を運ぶことができず、結果としてうまく資産運用ができない方もいるでしょう。

しかし、ロボアドバイザーであればインターネットを通じてやりとりができるので、窓口に足を運ぶ時間がない方でも安心です。依頼手数料についてもインターネットで自動化することによってコストを抑え、それが投資家に還元されています。投資信託に興味はあるけれど、高い手数料がネックでなかなか始められずにいる方にも向いている方法です。

資産配分まで自動で作成

ロボアドバイザーでできるのは商品の提案だけではありません。その人にとっておすすめの資産配分まで自動で作成してくれるのです。これによって自分の場合は債権を何%程度持てば良いのか、株式に投資するとしたらどれくらいに抑えておけば良いのかなど細かいことまでわかります。

専門的な知識が不要

投資信託を購入したいと思っているけれど、実際に手を出したことはない。といった方の中には「何となく敷居が高い」とか、「どの商品が良いのかわからない」といったことを理由に挙げる方がほとんどです。

ロボアドバイザーサービスはこの2つのポイントをカバーできるシステムとなっています。投資信託をしたいけれど、何を買えば良いのか自分で勉強しなければならないとなると、どうしてもためらってしまう方も多いはず。

新規の企業が参入中

現在ロボアドバイザーサービスは非常に注目されており、様々な企業が新規参入してきています。これにより、投資家は自分にとって最も向いているサービスを選びやすくなっているのです。

今後の運用資産規模増大も期待できる

ロボアドバイザーによる投資はまだまだ始まったばかりです。そのため、名前を聞いたことはあるものの実際に挑戦したことはない方も多いといえるでしょう。

今後ロボアドバイザーが広く認知されるようになり、運用資産規模が大きくなった場合にはさらなるコストの引き下げもできるようになるはずです。これが可能になれば投資家に還元される可能性もあるため、今後にも期待できる投資方法だといえるでしょう。

押しに弱い人でも安心

窓口で専門家の方に相談に行ったものの、自分が納得できないような商品を強く勧められてしまった…といったケースは少なくありません。そこではっきりと断れば良いのですが、「今すぐ買っておかないと損をしますよ」などと言われてしまうと、思わず購入してしまう方も多いでしょう。

それが結果的に良い動きをしてくれれば良いのですが、必ずしも成功すると限りません。ロボアドバイザーは自宅でインターネットを通して自分で行うことができるため、少し迷った時には時間を置いて考え直すなどゆっくりと自分に合った投資ができます。

低額から購入が可能

ロボアドバイザーはハイテクなシステムを使うこともあり、お金持ちのためのシステムなのでは…と思ってしまうかもしれませんが、低額からでも始められます。月々10,000円~でも利用できるものもあるため、まとまった資金が用意できない方でも検討しやすいでしょう。

ロボアドバイザーデメリット・注意点

短期間で儲かる投資ではない

とにかくお金さえ用意できれば短期間で何倍も資産が増やせる方法というわけではありません。

ロボットの予測が必ずしも正しいとは限らない

ロボットはこれまでのデータなどを参考にして結果を出してくれますが、突然景気が悪化したり、株価が急激に変動することもあるでしょう。こういったことに関してはプロの専門家と同じく、ロボットでも予測は不可能です。

「ロボットが提案してくれている商品を購入すれば100%儲かる」と考えると失敗する可能性があるので気をつけましょう。

運用コストがかかる

従来の投資信託に比べると手数料を抑えられていますが、だからといって無料なわけではありません。

サポート体制が不十分なところもある

ロボットアドバイザーのシステム自体には問題がなかったとしても、サポート体制が整っていないところもあります。例えば、わからないことや確認したいことがあった時に電話で連絡しようと思ってもコールセンターが設置されていないような会社もあるのです。

メールで問い合わせをすればすぐに返信をくれるところがほとんどではありますが、問い合わせをする際に少し面倒さを感じることもあるかもしれません。

ロボアドバイザー比較と各社の特徴

楽ラップ

  • 手数料:0.99%
  • 平均利回り:-
  • 最低運用資産:10万円

楽ラップの大きな特徴ともいえるのが、ファンドラップで投資一任サービスが受けられるということ。金融機関の専門家のアドバイスをもとに複数のファンドを選び、それらを組み合わせて運用するサービスのことです。選ばれる商品は顧客のリスク許容度や投資目的によって異なります。

他よりも少し多めの15個前後の質問に答えるとぴったりの運用構想を提案してもらえます。再診断については何度も可能なので、自分にとってぴったりの投資がわかるでしょう。また、楽天が行っているサービスということもあり、知名度も高いです。

楽天証券の運用構想を提案してくれるのですが、その助言を行ってくれるのは世界最大級の運用コンサルティング会社でもあるMercerの日本法人「マーサージャパン株式会社」。 40年以上の実績とグループ全体で約22兆円もの金額を運用している大手の有名なコンサルティング会社によるサポートは楽ラップの大きな魅力です。運用金は、100,000円以上1円単位で増額・減額が可能なので、最も自分の理想に近い形で運用していくことができるでしょう。

THEO

  • 手数料:1%
  • 平均利回り:4.80%
  • 最低運用資産:1万円

「投資一任運用サービス」ということもあり、資産運用に関してすべてお任せしたいと思っている方におすすめです。自分で行うことを言えば口座を開設して入金を済ませ、何点か必要事項を確認するだけ。

それからも運用実績を確認するだけなので非常に簡単です。できるだけ手間のかからないロボアドバイザーを探している方に向いているでしょう。また、運用方針はすべてお任せにするのではなく、自分で設定することも可能です。買い付けの実施から証券口座上に実際のポートフォリオを構築する他、ポートフォリオのメンテナンスなどもできます。

資産運用方針の設定をお任せした場合は、年に1回市場データや利用者の年齢などに応じて自動的に変更してくれるのも嬉しいポイントです。運用をしたいと思っているけど頻繁に確認している時間が取れない…といた方でもTHEOならば始めやすいでしょう。

資産運用方針の設定をお任せした場合は、年に1回市場データや利用者の年齢などに応じて自動的に変更してくれるのも嬉しいポイントです。運用をしたいと思っているけど頻繁に確認している時間が取れない…といた方でもTHEOならば始めやすいでしょう。

WealthNavi

  • 手数料:1%
  • 平均利回り:-
  • 最低運用資産:30万円

国際分散投資をすべて自動で行えるサービスです。最先端のテクノロジーを駆使しており、ポートフォリオ構築はもちろんのこと、合理的な投資をしたいと思っている方から選ばれています。

6つの質問に答えるだけでリスク許容度が診断され、目標額となる資産運用のゴールと、それを達成できる可能性がどれくらいあるのか診断してくれる機能も人気です。もちろん、目標金額の設定だけでなく、リスク許容度に関してもいつでも変更できます。

リスク許容度の設定さえしておけば、あとは指定口座に入金をするだけでリスク許容度に応じた最適な配分を実現してくれるのも魅力です。また、WealthNaviでは自動リバランスも可能。時間が経過するとどうしてもポートフォリオにおける各資産のバランスが崩れてしまうわけですが、そのまま放置しておくとリスク管理がうまくいかなくなる可能性があります。WealthNaviではポートフォリオをしっかりとモニタリングし、バランスが崩れた場合などにはリバランスを行ってくれるのです。

投信工房

  • 手数料:無料
  • 平均利回り:-
  • 最低運用資産:100円

松井証券によるサービスです。スマホ向けアプリも提供されているので、パソコンを使わずに手軽にチェックしたい方にも向いています。質問は8つ。その結果に合わせて最適な資産の組み合わせを提案してもらえます。

利用料が無料というのも嬉しい点です。購入時手数料も無料で、かかる年間コストは信託報酬などの年間平均0.3%のみとなっています。自動で定期的に購入する積み立てであれば100円~スタートできるので、初心者でも検討しやすいでしょう。積立ペースについても毎月、毎週、毎日から選択可能です。

リバランスにも力を入れており、目的のポートフォリオの比率に近い形になるようにロボアドバイザーが自動計算して積立投資ができます。サポート体制も整っており、WEBやチャット、Q&A、フリーコールなどが用意されています。ポートフォリオを提案してくれるだけのサービスではなく、そのポートフォリオに沿って投資信託を買付できるため、非常にスムーズです。

※平均利回りについては公式サイトで確認できたもののみ記載しています。

少しずつでも貯蓄を増やしていきたい低リスク・ミドルリターンの
投資について
もっと詳しく見る

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑