HOME » 資金・貯金額別 老後を見据えたおすすめ資産運用・投資方法

つかえる資金・貯金額から考える
老後を見据えた
オススメ資産運用

低金利や年金支給額の減額など、現在は老後の生活への不安材料が多くあります。そうした将来を見据えて、現在貯蓄をされている方も少なくないと思いますが、これからその資金を上手に資産運用していくことで、さらに豊かな老後資金を蓄えることも可能です。

今あるお金でできるオススメ資産運用は?

今現在お持ちの資金で、これから資産運用を始めようという方に向けて、資金額別におすすめの資産運用法をご紹介していきしょう。

100万円までの資産運用

運用につかえる資産・貯金額がまだ多くない方の資産運用法

おすすめの資産運用

  1. 純金積立
  2. 定期預金
  3. 保険・個人年金

共通のメリット

  • 資産運用のリスクが少なく初心者向き
  • 少ない資金で始められる商品である
  • 個人ではなく管理はプロに任せられる

共通のデメリット

  • 運用リスクが低い分、リターンも低め
  • 長期間での運用が求められる
  • 途中解約などで元本割れが起こることも

なるべくリスクを
避けた資産運用を

運用資金が100万円までの方は、まだ年齢の若い方が中心だと思います。老後に向けての資金作りの第一歩ですから、元本である今の資金はしっかり確保しておけるような、運用リスクの低い商品から始めてみましょう。

詳しく見る


300万円までの資産運用

運用につかえる資金に少しゆとりができてきた方の資産運用

おすすめの資産運用

  1. 投資信託
  2. 保険・個人年金
  3. 国債

共通のメリット

  • 運用リスクが低い資産運用方法である
  • 老後に向けての長期運用に適している
  • 少額の資金から始められる運用商品

共通のデメリット

  • 運用リスクが低い分リターンも少なめ
  • 短期での運用には適していない
  • 元本割れや売却損の危険性も

ここから大事に
増やしていきましょう

少し貯金額が増えてきたとはいえ、老後資金としてはまだまだな金額です。リスクを冒してまでリターンを求めるのではなく、堅実に将来に向けて利益の伴う資産運用商品を選択していくことがおすすめになります。

詳しく見る


500万円までの資産運用

資金がまとまってきたら分散して運用

おすすめの資産運用

  1. 債券
  2. 投資信託
  3. 不動産投資

共通のメリット

  • 運用を専門家に任せられる
  • 年金にプラスした収入が見込める
  • 分散投資に適した商品である

共通のデメリット

  • 運用によっては元本割れの危険性がある
  • 世界情勢や経済に左右されやすい
  • 大きなリターンは期待できない

分散することで
リスクを回避

ある程度資金が貯まってきたら、一つの商品で資産運用するのではなく、いくつかに分散していきましょう。万が一不測の事態が起こっても、大きな損益が出るといったリスクを最小限に抑えることが可能になります。

詳しく見る


1000万円までの資産運用

運用と貯蓄を分けながらリターンの高い商品にチャレンジ

おすすめの資産運用

  1. 株式投資
  2. 不動産投資
  3. 外貨預金

共通のメリット

  • 運用によっては高いリターンが期待できる
  • 国内預金よりも高い利率が見込める
  • 老後の年金にプラスした収入を得やすい

共通のデメリット

  • 元本保証がないため損益のリスクがある
  • 世界経済や情勢に左右されやすい面がある
  • 個人による運用が求められる商品である

脱初心者の
資産運用にチャレンジ

しっかりと貯蓄ができてきたら、その資金を貯蓄用と運用用に資金を分け、安全を担保しながら脱初心者の資産運用にチャレンジしてみましょう。運用リスクは高まりますが、その分高い利益を得る可能性も高まります。

詳しく見る


1000万円からの資産運用

さらに資産運用していくことで豊かな老後を目指していく

おすすめの資産運用

  1. 不動産投資
  2. 株式投資
  3. 太陽光発電

共通のメリット

  • 運用次第でハイリターンが期待できる
  • 老後に安定した収入を得る期待ができる
  • 税金の優遇や株主優待などのメリットも

共通のデメリット

  • ハイリターンな分リスクも高い商品である
  • 天候や世界情勢に左右されやすい
  • 投資先が破綻した場合の保証はほぼない

より安心な老後を
迎えるために

現段階でもかなりの資産が貯蓄できていると言えますが、資産運用でさらに増やせればより安心な老後を迎えられます。分散投資でリスクを少しでも抑えながら、豊かな資金だからできる運用にも挑戦してみましょう。

詳しく見る

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑