100万円から
の資産運用

少ない資産を有効に運用していくのに適している商品は?

100万円は、資産運用を始めるにあたってひとつの目安となる「まとまった金額」といえるでしょう。100万円を効率よく増やしていくためには、安全性を重視するとともに、ある程度の冒険心を持ってリスクをとっていく必要があります。そこで、100万円の投資先には、具体的にどのようなところがあるのか、また、その投資先を選んだ場合、一体どのくらいの利益を見込めるのかについてまとめてみました。

なお、このページでは、メリットだけを説明するのではなく、それぞれの投資先の注意点についても合わせてご紹介しています。資産運用について知っていきたいと考えている方は、参考にしてみてください。

100万円前後でオススメの

定期預金

運用会社
代表商品
ソニー銀行円定期預金
1年後に貯められる予想金額
100万円(※)
5年後に貯められる予想金額
100.1万円(※)
元本保証
あり
運用先
銀行
定期預金のリスクについて
定期預金には、元金が保証されるという大きなメリットがある反面、リターンが少ないというデメリットもあります。また、今後の金利傾向によっては、5年定期ではなく、1年ごとに新しく定期預金に預ける方が多くの利息を受け取れる可能性もあります。現状では、必ずしも長期運用がメリットになるとは限らないため注意しましょう。

※ 1年:0.05%、5年0.02%で計算。税金等は考慮していません

国債

運用会社
代表商品
日本個人向け国債
1年後に貯められる予想金額
100万円(※)
5年後に貯められる予想金額
100.2万円(※)
元本保証
あり
運用先
国債のリスクについて
国が発行する国債は、安全性の高い投資先のひとつです。ただし、預金保険の対象には含まれません。基本的に元金割れすることはありませんが、国の情勢が大きく変動した場合はこの限りではありません。個人向け国債には、3年、5年、10年の3種類があり、3年と5年は固定金利、10年は変動金利となっています。国債はデメリットの少ない投資先ですが、購入後、1年は中途換金ができません。そのため、短期投資をしたい方は注意しましょう。

※ 金利の下限である0.05%で計算。税金等は考慮していません

保険・個人年金

運用会社
代表商品
ソニー生命5年ごと利差配当付個人年金保険
1年後に貯められる予想金額
(※1)
5年後に貯められる予想金額
(※1)
元本保証
あり
運用先
保険会社
保険・個人年金のリスクについて
個人年金には変動型と定額型のふたつがあります。定額型の場合は元本保証があるため安定していますが、資産を増やすという目的としては物足りないかもしれません。一方、変動型の場合には金利や運用状況によっては資産を増やすことが可能ですが、元本割れのリスクもあります。変動型・定額型は目的に合わせて選びましょう。

※1 運用結果により配当が変わるため

投資信託

運用会社
代表商品
東京海上アセットマネジメント東京海上・円建て投資適格債券ファンド(愛称:円債くん)
1年後に貯められる予想金額
98.5万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
110.1万円(※2)
元本保証
なし
運用先
証券会社
投資信託のリスクについて
投資信託は、長期的に実績が上がっている商品を選ぶことでリスクを抑えた運用ができます。また、銘柄の買い付け自体は信託会社や銀行が行うため、金融商品の価格変動に意識を配っておく必要がありません。ただし、投資信託には元本保証がなく、預金保険の対象外になるため、あくまでも余裕資金で行うことが大切です。積み立て式の投資信託であれば、毎月少額から無理なく続けられます。

※1 交付目論見書(2017年6月24日)の騰落率(-1.49%)から算出。手数料、税金等は考慮していません

※2 5年時のトータルリターン(1.94%)から算出。手数料、税金等は考慮していません

純金積立

運用会社
代表商品
田中貴金属工業G&Pプランナー
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
商社系企業、金融機関ほか
純金積立のリスクについて
金には、「貨幣価値の下落に対応できる」という強みがあります。インフレが起こったときに備えるためには、現物を手にできる金投資が安心です。しかし、金は価格が細かく変動することから、購入するタイミングを見極めづらいという難点もあります。実際に、2010年に購入した金を2015年に売却した場合は売却損が出てしまいます。そこで、毎月定額を積み立てる純金積み立てがおすすめです。この方法であれば、価格変動リスクを最小限にとどめられます。

※ 金価格の推移により結果が大きく変化するため

不動産投資

運用会社
代表商品
みんなで大家さんみんなで大家さん伊勢3
1年後に貯められる予想金額
107万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
135万円(※2)
元本保証
なし
運用先
不動産投資ファンド、投資家
不動産投資のリスクについて
不動産投資には直接投資と間接投資があります。直接投資は実際に物件を購入して運用する方法であり、家賃がそのまま投資家の収入となります。リターンは大きいですが、空室や家賃滞納などがリスクです。間接投資の場合は、ファンドが不動産の購入や管理を行うため、リスクが抑えられます。

※1 実際の当初満了日は3年。税金等は考慮していません

※2 税金等は考慮していません

太陽光発電

運用会社
代表商品
株式会社エコスタイルエコの輪太陽光発電ファンド
1年後に貯められる予想金額
105万円(※)
5年後に貯められる予想金額
125万円(※)
元本保証
なし
運用先
取り扱い会社、個人
太陽光発電のリスクについて
太陽光発電施設を自分で建設して売電するとなると多額の資金が必要ですが、太陽光発電ファンドなら、少額からの投資が可能です。たとえばエコの輪太陽光発電ファンドの場合、1口10万円から投資することができ、万が一価値が下がった場合も、劣後出資者である株式会社エコスタイルが優先的に価値の下落分を負担することになっています。太陽光ファンドは結果が天候に左右され、元本保証もありませんが、条件のよい会社を選ぶことでリスクを減らすことができるといえるでしょう。

※ 利回り5%で計算。手数料、税金等は考慮していません

外貨預金

運用会社
代表商品
みずほ銀行外貨定期預金(オーストラリアドル)
1年後に貯められる予想金額
100.8万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
104万円(※2)
元本保証
なし
運用先
銀行
外貨預金のリスクについて
選ぶ通貨によって金利や手数料、リスクが異なる外貨預金は、リスクとリターンを好みに応じて選択できる投資先です。比較的リスクが少ないうえに、日本円で運用するよりも利回りが高いというメリットがありますが、為替レートの影響を受ける、通貨の両替手数料がかかるといったデメリットもあります。しかし、外国通貨のまま長期運用することによって、両替手数料の影響を極力排した投資をすることも可能です。

※1 年率0.8%で計算。手数料、税金等は考慮していません

※2 1年後の受取額をそのまま同レートで5年運用した場合。手数料、税金等は考慮していません

株式投資

運用会社
総合証券 野村証券など
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
株式投資のリスクについて
株式投資は、各企業が発行している株式を売買することによって売買益を得る投資方法です。運用益の過多は個人の采配によるところが大きく、運用方針によって、ハイリスクハイリターンの取引をすることも、ミドルリスクミドルリターンに抑えることも可能です。また、株式を一定以上保有していると、株主優待が受け取れることもあります。売買益だけでなく、株主優待のメリットのために株式を保有する方も少なくありません。

※個人の裁量に大きく左右されるため

FX

運用会社
外為どっとコムなど
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
FXのリスクについて
日々変動している為替レートを利用して売買益を上げる投資方法です。また、売買差額のほか、低金利通貨を売却して高金利通貨を購入した場合には、「スワップポイント」という利益を得ることもできます。短期間で大きなリターンが期待できるFXですが、その分リスクも大きいのが特徴です。リスク低減のためのロスカット制度が設けられてはいるものの、状況によっては預けた資産以上の金額を失う可能性もあります。

※個人の裁量に大きく左右されるため

余剰資金について考える

余剰資金とは何か?というなど、言ってみれば投資に充てても良いお金のことです。例えば、生活費を切り崩して投資に果ててしまうと、失敗した時に大変なことになってしまいます。そのため、一般的に投資では、損失が出る可能性も十分に考えておき、もしもそれがなくなった時に生活に差し障らないお金、つまり「余剰資金」で投資を行った方が失敗のリスクが少なくなるのです。

例えば、100万円を投資しようと思った場合、本当にそれはまるごと余剰資金なのでしょうか?自分の場合は余剰資金がどれくらいあるのか正確に考えてから投資について検討してみましょう。

まず、現金や銀行預金がどれくらいあるのかを確認します。この時、すでに投資に回しているお金や不動産の価値、株や債券などは含めません。続いて、将来的に使う予定のあるお金や、万が一急な出費が必要になった時に備えておくためのお金を計算します。一般的には5年以内に支払う必要のあるお金は余剰資金に回すのではなく、備えておいた方が良いでしょう。

生活費に関しても少し余裕を見ておくのがおすすめです。今は健康だったとしても将来的にケガや病気にかかって働けなくなってしまうリスクもあります。こちらの場合はサラリーマンで月収×半年分程度、自営業の場合はそれよりも多めに余裕を見ておきましょう。

このようにして余剰資金を計算します。余剰資金について考える際には「本当にこのお金がなくなったとしてもやっていけるのか?」を考えることが大切。更に安全性を高めるのであれば、余剰資金として計算した金額に0.6を掛けた金額のみを投資に回すようにするとリスクが抑えられます。

100万で投資を始めるといくらになる?

投資を始める際には、将来的にどれくらい増えるのか?などについても事前に押さえておくことが大切です。

ここでは、100万円の余剰資金があり、それで投資を始めた場合の例についてご紹介しましょう。例えば、100万円の投資で1年あたり3%の期待リターン、運用の期間は20年とした場合、約180万円になります。この数字を大きいと感じるかどうかは人それぞれではありますが、20年も運用していることを考えると、800,000円しか増えないのか…と思う方も多いはず。

しかし、例えば毎月1万円ずつ積み立てをしていた場合、20年で508万円にもなる計算になるのです。投資金額の合計は340万円となります。ここからもわかる通り、より大きな複利効果を得たいと思った場合は毎月の積み立てが大切になるといえるでしょう。

もし、月々の積み立てを2万円ずつ行った場合、元本100万円、1年あたりの期待リターン3%、期間は20年間で投資の総額は580万円、複利については835万円ほどとなります。最初にまとまった金額が用意できなかったとしても、月々1万円ずつの積み立であれば可能な方も多いはず。ぜひ検討してみましょう。

逆算で元手を考える

100万円の元本と月々の積み立て額についてご紹介しました。では今度は反対に、目標金額などから元手がいくら必要になるのか?についてもチェックしてみましょう。いくつかのパターンについてご紹介します。

例えば、300万円貯めたいと考えたとしましょう。この場合、何%で複利運用をするのか、年数は何年後を目指すのかによって必要になる元本が異なります。

年利5%、20年間で貯めたいと思った場合、元本は113万668円必要です。
年利3%だった場合は1,661,027円、1%だった場合は245万8633円となります。

もしもこれを10年で達成しようと思った場合、年利が5%だと184万1739円、3%だと223万2281円となります。

このようにして、自分がどのような目標で投資を行っていきたいのか、自分が目標としている金額を達成するにはどのような運用を行っていけば良いのかを理解した上で始めると、目標達成までの道程がわかりやすくなるでしょう。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑