800万円からの資産運用

運用していく資金と、堅実に守っていく資金で将来に備える。

800万円で資産運用を行う場合、500万円以下で運用する場合よりもより多くの選択肢の中から投資先を選べます。元手が多いということは、それだけ投資の自由度も上がるということなのです。しかし、FXなどのリスクが高い投資を安易に行うと、あっという間に資産を失うことにもなりかねません。800万円というのは大きな財産ですから、プロに資産運用を任せるなどして目減りのリスクを減らしましょう。

元の資金が大きいので、ローリスクローリターンでも長く運用すれば大きく資産を育てることが可能です。具体的にどのような投資先を選べるのかご紹介しますので、参考にしてみてください。

800万円前後でオススメの

定期預金

運用会社
代表商品
イオン銀行定期300
1年後に貯められる予想金額
800.4万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
804万円(※2)
元本保証
あり
運用先
銀行
定期預金のリスクについて
定期預金は、一般的に普通預金よりも金利が高めに設定されています。とはいえ、大きなリターンを期待するには低すぎる金利といえるでしょう。その代わり、元本が保証されていて確実に資産を運用できるというのが魅力です。預金保険の対象でもありますから、万が一銀行がつぶれてしまったときも預けたお金が戻ってこないという心配はありません。定期預金は、究極のローリスクローリターン投資だといえるでしょう。

※1 金利0.05%で計算。税金は考慮していません

※2 金利0.1%で計算。税金は考慮していません

国債

運用会社
代表商品
日本個人向け国債
1年後に貯められる予想金額
800.4万円(※)
5年後に貯められる予想金額
802万円(※)
元本保証
あり
運用先
国債のリスクについて
個人向け国債は、国が発行している「国債」という債券を個人が購入し、一定期間経過後に額面金額で換金できるというものです。半年ごとに利息を受け取ることができ、1年が経過した後は中途換金も可能です。安全性が高いというメリットがある反面、受け取れる利息は少額で、投資によって資金を増やすという意味ではメリットの少ない運用方法です。また、原則として元本割れはしないものの、国にもしものことがあった場合は元金が戻らない可能性もあります。

※ 金利の下限である0.05%で計算。税金等は考慮していません

保険・個人年金

運用会社
代表商品
マニュライフ生命未来につなげる終身保険
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
生命保険会社
保険・個人年金のリスクについて
一時払いの生命保険は、支払った後の運用方法やリスクが商品によって大きく異なります。共通しているのは、資産運用という側面に加えて、死亡保障などの保険的なメリットがあるということです。ただし、長期間の運用が基本とされている場合が多く、「5年後の車の買い替えに利用したい」などという場合の運用先としては不適切です。また、状況によっては元本割れになる場合や、ほとんど資金が増えないというケースもあります。

※ 運用により結果が大きく変化するため

投資信託

運用会社
代表商品
大和証券ダイワ日本国債ファンド
1年後に貯められる予想金額
793万円(※)
5年後に貯められる予想金額
852.9万円(※)
元本保証
なし
運用先
信託会社
投資信託のリスクについて
投資信託は、資産を信託会社に預けて運用してもらうものです。プロの運用に任せられるため、資産運用のノウハウがない方でも利用しやすいというメリットがあります。反面、元金が保証されないため、運用状況によっては大きなマイナスが出たり、思うように資産が増えなかったりする可能性も。また、投資信託を利用するためには別途手数料も必要となります。利用する際は、総合的に見て利益が出るかどうかを検討しましょう。

※ トータルリターン(1年:-0.95%、5年:1.29%)をもとに計算。手数料などは考慮していません。

純金積立

運用会社
代表商品
住信SBIネット銀行Mr.純金積立
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
商社系企業、金融機関ほか
純金積立のリスクについて
金は、どのような時代においても価値を維持し続けているものです。そのため、現金を金に換えておくことで、インフレや経済状況の大きな変化にも対応できるでしょう。しかし、投資という意味では、金価格が上昇し続けるとはいえない以上、あまり適しているとはいえません。状況によっては、大きな売却損を出す可能性もあります。資産を増やすために行うというよりは、資産の一部を利用して将来への備えにするのがおすすめです。

※ 金価格の推移により結果が大きく変化するため

不動産投資

運用会社
代表商品
みんなで大家さんみんなで大家さん伊勢3
1年後に貯められる予想金額
856万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
1,122万円(※2)
元本保証
なし
運用先
不動産投資ファンド、投資家
不動産投資のリスクについて
不動産投資の間接投資は、複数の人がお金を投資しあって不動産物件を所有・運営し、分配金を得るという方法です。プロが選択した利回りの良い物件に投資することで、リスクを抑えて投資をすることができます。ただし元本の保証はなく、収益が思ったように上がらなかった場合は元本割れする可能性もゼロではないため注意が必要です。

※1 利回り7%で計算。実際の当初満了日は3年。税金等は考慮していません

※2 利回り7%で計算。税金等は考慮していません

太陽光発電

運用会社
代表商品
株式会社エコスタイルエコの輪土地付き太陽光発電
1年後に貯められる予想金額
85万円(※)
5年後に貯められる予想金額
425万円(※)
元本保証
なし
運用先
取り扱い会社、個人
太陽光発電のリスクについて
太陽光発電は、最初に設備を作りさえすれば、売電による利益を長期にわたって受け取れます。投資から回収までに時間はかかるものの、着実に売買益をあげることが可能な方法だといえるでしょう。反面、天候に収入が左右されるうえに、投資金額を回収できるまでに数年~十数年を要するというデメリットもあります。また、ソーラーパネル会社が倒産してしまったり、メンテナンスなどが必要になったりするケースも考慮しなければなりません。十分な知識を得てから行うべき投資だといえるでしょう。

※ 販売価格800万円、年間売電収入85万円と仮定して計算。手数料、税金などは考慮していません

外貨預金

運用会社
代表商品
ソニー銀行外貨普通預金(米ドル)
1年後に貯められる予想金額
802.4万円(※)
5年後に貯められる予想金額
812万円(※)
元本保証
なし
運用先
銀行
外貨預金のリスクについて
外貨預金は、日本円で預金をするよりも高い利率が期待できることの多い預金方法です。なかには外国でそのまま利用できる外貨預金もあるため、外国に旅行することが多い方にはおすすめです。一方、日本国内で利用する場合は、円から外貨、外貨から円へと両替するための手数料が必要になります。また、為替レートが変動することで、円に両替したときの受取額が大きく目減りしてしまう可能性もあります。

※ 年利0.3%で計算。手数料や税金は考慮していません

株式投資

運用会社
代表商品
総合証券みずほ証券など
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
株式投資のリスクについて
株式は、昔から利用されている投資方法です。企業の株券を購入し、その後値上がりしたタイミングで売却して利益を得ます。しかし、企業の株式は必ず値上がりするとは限りません。所持している株券が購入時の金額を大きく下回ったり、倒産などが原因で価値を失ったりする可能性もあるのが株式投資の怖さです。また、株式は一定の時期に保有することで優待が受けられることもあります。そのため、売買ではなく株主優待を目的として株を購入する方がいるのも特徴です。

※個人の裁量に大きく左右されるため

FX

運用会社
代表商品
トレイダーズ証券株式会社みんなのFXなど
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
FXのリスクについて
一夜にして莫大なお金を手にすることも夢ではないFXは、多くの投資家の心をつかんでいる投資先です。しかし、大きいリターンが見込めるということは、それだけ大きなリスクも持っているということ。常にパソコンの前でトレードを行えるデイトレーダーでも、FXで勝ち続けるのは難しいことです。FXは、「すべてなくなっても構わない」と思える額に留めて、あまり高額をつぎ込まないようにしましょう。

※個人の裁量に大きく左右されるため

800万で投資を始めるといくらになる?

800万円の元金があった場合、投資をした際にどれくらいの数字が期待できるのでしょうか。

例えば、800万円で1年あたり3%のリターンで20年間運用した場合、複利の計算結果は1,444万円ほどとなります。投資金額の合計は800万円です。

元金が大きいこともあり、かなり増えますね。ただ、これに積立金を加えていくと更なる金額が期待できるのです。

例えば、毎月1万円の積み立てをした場合、同じ条件でも1,772万円、投資金の合計は1,040万円となります。可能であれば、積み立てについても検討してみてはどうでしょうか。

他に20年間の運用で1~3万円まで積み立てを行った場合に期待できる数字についてご紹介します。

積立額/1年の期待リターン 1% 3% 5% 投資合計
10,000円 約12,418,100円 約17,725,500円 約25,301,000円 10,400,000円
20,000円 約15,074,700円 約21,002,100円 約29,375,500円 12,800,000円
30,000円 約17,731,200円 約24,278,700円 約33,450,100円 15,200,000円

運用期間が10年だった場合は次の通りです。

積立額/1年の期待リターン 1% 3% 5% 投資合計
10,000円 約10,099,200円 約12,149,300円 約14,581,100円 9,200,000円
20,000円 約11,361,500円 約13,547,200円 約16,131,000円 10,400,000円
30,000円 約12,623,700円 約14,945,100円 約17,680,900円 11,600,000円

もし、運用期間が30年だったと考えると次のようになります。

積立額/1年の期待リターン 1% 3% 5% 投資合計
10,000円 約14,979,600円 約25,219,500円 約42,762,500円 11,600,000円
20,000円 約19,176,300円 約31,020,900円 約50,949,500円 15,200,000円
30,000円 約23,373,100円 約36,822,300円 約59,136,500円 18,800,000円

リターンについてはなかなか想像が難しいところがありますが、資産運用をしようと思っているのであれば、こういった細かいところまでイメージしましょう。

確かに毎月の積み立て金が大きくなればなるほど複利も期待できますが、無理のない範囲で考えておかなければなりません。自分にとって最適な運用方法について考えてみましょう。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑