資産運用のプロが伝授するお金の増やし方ガイド » 【資金・貯蓄別】おすすめの資産運用術 » 300万円からの資産運用

300万円からの資産運用

元金を生かしつつ有効に資産を増やしていくためには

300万円という金額があれば、ある程度資産を分散させて投資をすることもできますし、まとまった金額が必要になる投資先での運用も可能です。しかしどちらにせよ、専業としてトレードを行うわけではなく、仕事をしながら資産運用をして副収入を得ることが目的であれば、プロの手を借りることを意識する必要があります。

特に、大きな損失につながる可能性のある株やFXは、市場に張り付いて動向を見極めながらトレードを行わなければなりません。仕事をしながら行うのは困難ですから、プロに任せて資産の増加を目指しましょう。300万円の元手を増やしていくためにおすすめの投資先とそれぞれリスクについてご説明します。

300万円前後でオススメの

定期預金

運用会社
代表商品
ゆうちょ銀行定期預金
1年後に貯められる予想金額
300万円(※)
5年後に貯められる予想金額
300.2万円(※)
元本保証
あり
運用先
銀行
定期預金のリスクについて
定期預金は、資産を減らすことなく確実に増やしていけるローリスクローリターンの運用方法です。しかし、シミュレーションを見てもわかる通り、現在は利率が低いことから、利息によって多くの利益を得るのは非常に困難です。長く預けても金利が変わらない場合も多いため、定期預金を利用する場合は、安易に長期間の定期を選ぶことがないようにしましょう。これは、その間に金利が上昇した場合に損をしてしまうからです。

※ 金利0.01%で計算。税金等は考慮していません

国債

運用会社
代表商品
日本個人向け国債
1年後に貯められる予想金額
300.1万円(※)
5年後に貯められる予想金額
300.7万円(※)
元本保証
あり
運用先
国債のリスクについて
国債は、国が発行する債券を購入することで、年に2回の利息受け取りができるという運用方法です。個人向けは、利息が最後まで変わらない固定3年と固定5年、状況に応じて利率が変化する変動10年の3種類から選ぶことができます。満期日を迎えた後は、額面通りの金額を受け取ることができるので、基本的に元本割れする心配はありません。ただし、預金保険の対象ではなく、国にもしものことがあった場合などは元本割れする可能性もあります。

※金利の下限である0.05%で計算

保険・個人年金

運用会社
代表商品
PGF生命PGターゲット2
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
保険会社
保険・個人年金のリスクについて
年金や保険の一時払いを利用した資産運用は、運用を金融関係のプロである保険会社に任せられるのがメリットです。さらに、死亡一時金などについて特約を付けられる場合もあります。また、PGターゲット2の場合、運用自体は米ドルによって行われます。そのため、為替レートに運用状況が大きく左右されるとともに、手数料も必要になるのが難点です。反面、目標額達成後は資産を据え置くシステムですから、一度得られた利益が目減りする心配はありません。

※ 運用により結果が大きく変化するため

投資信託

運用会社
代表商品
大和住銀エス・ビー・日本債券ファンド
1年後に貯められる予想金額
301.2万円(※)
5年後に貯められる予想金額
335.6万円(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
投資信託のリスクについて
プロに運用を任せられる投資信託は、リスクを抑えたうえで大きなリターンを期待できる運用方法です。ただし、元本保証はなく、通常の預金などにはかからない手数料も必要になります。最初に預け入れた元本以上の金額が請求されるようなことはありませんが、ノーリスクで運用ができるわけでもないので注意しましょう。投資先を選ぶときは、利回りだけでなく手数料の額なども確認することが大切です。

※ 1年騰落率(0.4%)から算出。手数料、税金等は考慮していません

※ 5年時のトータルリターン(2.27%)から算出。手数料、税金等は考慮していません

純金積立

運用会社
代表商品
三菱マテリアルGOLD PARK
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
商社系企業、金融機関ほか
純金積立のリスクについて
純金は長く価値ある資産であり、円やドルなど、通貨の価値に左右されることなく保持し続けられるという大きな魅力があります。いざというときに換金可能な資産を現物として持っていられるため、将来のリスク回避のために所持しているという方も多いでしょう。しかし、その反面、金は価格変動幅が大きく、売却時に購入時の価格を大きく下回ってしまう可能性もあります。このリスクを最小限に抑えるためには、定期的に一定額の金を購入する定期積立が効果的です。

※ 金価格の推移により結果が大きく変化するため

不動産投資信託

運用会社
代表商品
アセットシェアリングアセットシェアリング博多
1年後に貯められる予想金額
318万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
401.4万円(※2)
元本保証
なし
運用先
不動産管理会社
不動産投資のリスクについて
アセットシェアリングが提供している不動産小口化商品は、都心の良質不動産でも手が出しやすい、小口で購入できる不動産投資のひとつです。 所有物件は不動産管理会社であるインテリックスが行うため、日々の対応が煩わしい…なんてこともありません。 他の購入者と収益をシェアしながら長く収入が見込める投資商品のひとつ。1口100万円単位で購入できるため、空室リスクの高まるこれからの時代に即した不動産投資のひとつです。

※1 利回り6%で計算。税金等は考慮していません

※2 利回り6%で計算。税金等は考慮していません

太陽光発電

運用会社
代表商品
株式会社QvouQvou太陽光発電投資
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
取り扱い会社、個人
太陽光発電のリスクについて
太陽光発電システムを設置して、売電価格で利益を得る投資方法です。太陽光発電というと家庭用を思い浮かべる方も多いと思いますが、一般的な投資用の太陽光発電は産業用。設備投資にお金がかかるため、300万円からはじめられる商品かというと、難しいケースも。
利回りの相場は約10%前後で、仮に融資を受けても15~20年で返済完了が見込めるでしょう。20年後には大きいリターンを得られますが、結果がわかるまでに長期間が必要となります。

※ 太陽光発電投資の設備で300万円は考えにくいため省略。

外貨預金

運用会社
代表商品
三菱東京UFJ銀行外貨預金(米ドル)
1年後に貯められる予想金額
301.5万円(※1)
5年後に貯められる予想金額
307.7万円(※2)
元本保証
なし
運用先
銀行
外貨預金のリスクについて
外貨預金は、日本円を外国の通貨に両替して預金する資産運用の方法です。近年では、日本円で銀行に預金しておいてもほとんど利息が付かない状況ですから、利率の高い外貨での預金にはメリットがあります。しかし、外貨預金を利用するためには、日本円から外貨、外貨から日本円にするときの両替手数料や取り扱い手数料などがかかります。さらに、預入時と引出時の為替レートが同じとも限りません。増える可能性もあれば、元金割れする可能性もある投資方法です。

※1 金利0.51%で計算。手数料、税金等は考慮していません

※2 1年後に同条件で5年預金を繰り返した場合。手数料、税金等は考慮していません

株式投資

運用会社
ネット証券 楽天証券など
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
株式投資のリスクについて
株式の売買は、昔から多くのトレーダーが行っている資産運用の方法です。以前は証券取引所まで出向く必要がありましたが、現在ではインターネットを利用して誰でも手軽に取引ができるようになりました。株式に関する情報も、新聞などでチェックしなくても、インターネット上で調べることができます。しかし、株式売買は失敗すれば大きな損失を出すものです。情報収集して取引をするためには多大な時間も必要になりますから、仕事をしながら行うには不向きでしょう。

※個人の裁量に大きく左右されるため

FX

運用会社
GMOクリック証券など
1年後に貯められる予想金額
(※)
5年後に貯められる予想金額
(※)
元本保証
なし
運用先
証券会社
FXのリスクについて
外貨預金は、外貨で一定期間預金することで日本国内よりも高い利息を得ることを目的としています。それに対してFXは、短期間で円と外貨を両替することによって、為替レートの違いで利益を得ようというものです。世界情勢を見極める力を持った方であれば、短期間に莫大な利益をあげることも夢ではないのがFXの魅力です。しかし、失敗すれば元手すべてを失う可能性もあります。十分な資金と時間、情報収集能力がある方に向いている投資です。

※個人の裁量に大きく左右されるため

300万で投資を始めるといくらになる?

300万円を元金として投資を始める場合、将来的にはどのような数字が期待できるのかについてご紹介しましょう。

300万円の元本で期待リターンは1年あたり3%、運用期間を20年にした場合、約541万円となります。数字としては241万円ほど増えたことになるでしょう。

ただ、もともと運用する金額が大きいことに加え、期間が20年と考えると思っていたほど増えないな…と感じた方もいるはず。

その場合、毎月の積み立てを行うのがおすすめです。

同じ条件で毎月積み立てをする場合はどうなるのでしょうか。毎月1万円ずつ積み立てをして期待リターン3%、運用期間20年と考えた場合、投資金額の合計は540万円になりますが、複利は約869万円となります。

他の金額もチェックしてみましょう。

元本300万円+積み立てを行った場合、20年運用をすると次の通りとなります。

積立額/1年の期待リターン 1% 3% 5% 投資合計
10,000円 約6,317,100円 約8,69,490円 約12,034,500円 5,400,000円
20,000円 約8,973,700円 約11,971,500円 約16,109,000円 7,800,000円
30,000円 約11,630,300円 約15,248,200円 約20,183,600円 10,200,000円

こちらの場合はかなり金額が大きくなってくることがわかるでしょう。

運用期間が10年だった場合は次の通りです。

積立額/1年の期待リターン 1% 3% 5% 投資合計
10,000円 約4,576,100円 約5,429,700円 約6,436,600円 4,200,000円
20,000円 約5,838,400円 約6,827,600円 約7,986,500円 5,400,000円
30,000円 約7,100,600円 約8,225,500円 約9,536,400円 6,600,000円

また、運用期間が30年だった場合には次のようになります。

積立額/1年の期待リターン 1% 3% 5% 投資合計
10,000円 約8,240,300円 約13,083,200円 約21,152,800円 6,600,000円
20,000円 約12,437,100円 約18,884,600円 約29,339,800円 10,200,000円
30,000円 約16,633,800円 約24,686,000円 約37,526,800円 13,800,000円

期待リターンについては明確にはわかりませんが、可能であれば積み立てについても検討してみましょう。

年収300万円からの資産運用

年収300万円の資産運用で考えるべきは、長期的な積み立てです。
毎月まとまったお金を積み立てに回せるひとつの基準となる300万円。積み立てたお金で投資を始めてみてはいかがでしょうか。

ここでひとつ重要なのが、積み立てたお金で金融商品を購入する際、できるだけいろいろな商品を購入して分散させたほうがよいという点。1点突破で購入してしまうとリスクも高まりギャンブル性も強くなります。収益や損害に一喜一憂してしまうことも。
年収300万円といえど、成功の鉄則は、「長期的な戦略で資産運用のメリットに目を向ける」ことに尽きると言っても過言ではありません。

年収300万円での融資額から資産運用を考える

年収300万円で融資をうける場合、一体いくらの融資が可能なのでしょうか。
今回も住宅ローンを例にとって考えてみましょう。

参考:じぶん銀行住宅ローンシミュレーター
※「借入期間35年」「金利3%」「他借入なし」で設定。

年収300万円の場合、借入可能額は1,550万円と算出されました。
元手に投資をするのであれば、かなり幅広い選択ができます。
毎月の返済額が59,651円となるため、仮に1,500万円ほどを投資したとしても毎月6万円以上の収益が見込めない場合は完全な赤字になります。融資をお考えの際はこのことを念頭に、資産運用を行いましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE   
プロに聞いた! 目からウロコの運用術 お金を増やす投資の選び方
あなたの職業や立場はどれ?職業・立場にあった
資産運用をお教えします!