HOME » 安心して資産運用を相談できる投資会社をまとめました! » アセットシェアリング(不動産投資信託)

アセットシェアリング
(不動産投資信託)

相続対策にもおすすめな不動産投資

アセットシェアリング

画像引用元:アセットシェアリング
(http://www.intellex.co.jp/as/)

アセットシェアリングとは

東証一部上場を果たしている「インテリックス」によって提供されている不動産小口化商品です。投資家から集めたお金で不動産を共有し、その管理はインテリックスが行い、出た有益は投資家に分配される形となります、不動産に興味があるものの、分割しにくいため相続できない、空室リスクがあるなどの理由からなかなか手を出せずにいる方もいるでしょう。アセットシェアリングはそういった問題を解決しやすくした商品です。

不動産投資商品はかなりの初期投資が必要になるものもありますが、アセットシェアリングの場合は1口100万円単位で所有できます。小口化された不動産を所有できることもあり、人気の高い商品です。

アセットシェアリング特徴

アセットシェアリングでは資産性・仕組み・パートナーシップにこだわっている商品となっています。

資産性

インテリックスのリノベーションで培ったノウハウを活かした資産性へのこだわりをみせており、リフォームやリノベーション、コンバージョンや建物管理、長期修繕計画、施工ノウハウ技術も高いです。リノベーションについては20年以上もの実績を持っているため、リノベーション力が高い業者が発売している商品を探している方はぜひともチェックしてみてはどうでしょうか。

もともと住居用だったマンションを宿泊施設に変更するなども検討可能なので、需要に応じてそれまでとは違うマーケットも訴求可能となっています。

仕組み

遂行・責任能力に加えて信用力をクリアしていなければ認められない不動産特定共同事業法にもとづいて提供されている商品です。また、現物の不動産となるため、持ち分が不動産登記されるのもうれしいですね。予算にあわせて少額から保有できます。

パートナーシップ

実績のある税理士、弁護士・司法書士がかかわってくるため、様々な専門家が協力してサービスを提供してくれます。

アセットシェアリング商品について

アセットシェアリングの大きな魅力ともいえるのが、遺産分割が容易にできるということ。不動産投資を行う上で心配になってくるのが、相続人の状況に応じて分割が難しいケースがあるということですよね。不動産をひとつ所有していたとしても、それを分割して相続することはできません。一度売却してそこで得たお金を分割するような形になるでしょう。

しかし、アセットシェアリングは小口化することによってこの問題を解決しました。遺産分割については相続の中でも特に大きな問題になりがちなので、この点がクリアできるのは魅力です。例えば、相続したい人が3人いてアセットシェアリングを30口所持していた場合、それぞれ10口ずつ相続することも可能となります。

実際に、生前分与のためにアセットシェアリングを検討している方も多いようです。このあたりはセミナーなどでも詳しく教えてくれるはずなので、開催されているセミナーへの参加も検討してみてはどうでしょうか。

それから、節税対策や納税資金対策にも役立つのが魅力だといえます。現金でそのまま相続をした場合、額面をベースに算出することになります。しかし、不動産に組み替え後に相続をすれば路線価・固定資産税評価額ベースで決定されることもあり、相続財産の圧縮が図れるのです。

もうひとつが納税資金対策。金額の大きな不動産は資金化が難しくなりますが、アセットシェアリングであれば小口化されているのが特徴であるため、必要な分だけ売却もできます。注意しなければならないのが、1口100万円となっているものの、販売は5口からとなっています。そのため、アセットシェアリングで不動産を購入しようと思った場合には最低でも500万円が必要です。

それから、必要経費として登記関連費用[登録免許税(取得時・出資時)・司法書士報酬]、印紙税、不動産取得税がかかるのですが、具体的な金額については出資金額によって異なります。ひとつの目安としてご紹介すると、500万円分購入した場合、購入時の諸経費は508万円前後となるでしょう。

セミナー詳細

初めてアセットシェアリングでの資産運用を検討している場合は、直接話を聞きたいことなどもあるのではないでしょうか。そういった場合にはセミナーも利用してみるのがおすすめです。

大規模なセミナーを行っている所もありますが、こちらは完全予約制で定員が10~30名といった規模なのが特徴といえます。少人数制を取り入れていることもあり、しっかりと話を聞けるでしょう。

セミナーではそもそもアセットシェアリングとはどのような商品なのか?リートや不動産投資となにが違うのか、メリットやデメリットは何なのかなど、様々なことがわかります。現在アセットシェアリングで募集されている商品で気になるものがあるけれど、話を聞いた上で決めたいと思っている方にもおすすめです。

アセットシェアリング契約までの流れ

具体的にどのような流れで契約することになるのか不安…という方のために、全体の流れについてまとめます。

金銭出資の場合の流れは、次の通りとなるので押さえておいてください。

まず、資料請求して中身について確認するか、セミナーに足を運んで相談してみましょう。

続いて、商品内容をよく確認した上で出資申込書に記入をします。出資申込書はホームページ上からダウンロードも可能となっており、中身についても見れるので事前に確認しておいたほうが安心です。

出資申込書を提出したあとは契約の手続きです。本人確認のほか、不動産特定共同事業契約成立前交付書面説明及び任意組合契約、分配金や償還金振込口座指定書の作成・提出を行うことになります。

かかる時間は1~2時間程度です。前後する場合もあるので、時間的な余裕があるときに契約をしましょう。

契約時には出資金の振込期日・振込先等の詳細についても説明があるので、わからないことがあったらこの場で確認しておいてくださいね。

これらが問題なく進めば組合加入という形になり、契約が成立します。質問などにはかなり丁寧に回答してくれるそうなので、わからない事があった場合は遠慮なく話しを聞いて不安を解消した上で契約を検討しましょう。

アセットシェアリングで資産運用をするメリット・リスク

メリット

物件の管理はインテリックスが行ってくれます。そのため、不動産投資をしたいと思っているけれど細かい知識がなくて悩んでいる方でも検討しやすいでしょう。所有するのは都心を中心とした地域であり、稼働率も高い物件となっています。そのため、安定した利益が見込めるでしょう。人気の高い地域を中心としていることもあり、空室リスクも抑えられるはずです。

リスク

長く続く賃貸収益をシェアするシステムとなっているため、リスクが小さい分、利益も小さくなりがちです。また、元本は保証されません。不動産価格・賃料等不動産市況が変動した場合には出資元本より低くなる可能性もあるでしょう。この点については理解しておかなければなりません。

現在募集中のアセットシェアリングの商品

アセットシェアリング北千住駅前

北千住に新たに誕生するビジネスホテルです。アセットシェアリングシリーズの中でビジネスホテルの取り扱いは初めてとなります。

  • 物件名称:(仮称)足立区千住4丁目新築ホテル
  • 所在地:住居表示 東京都足立区千住4丁目20番 以下新築につき未定
  • 募集総額:19億円
  • 募集総口数:1,900口
  • 販売期間:1月15日(月)~2月28日(水)
  • 運用期間:30年間
  • お申し込み単位:1口100万円単位(5口以上 475口以下)
  • 必要経費:不動産取得税の預り金として、出資額の0.5%(税額が確定後、残余金を返還)
  • 予定利回り:約5.1%
  • 分配予定利回り:約3.7%
  • 収益分配金:年2回(2月及び8月)

現在運用中のアセットシェアリングの商品

渋谷青山 第二期

東京都渋谷区渋谷二丁目2番2号にある不動産です。運用によって得られる賃貸利益を分配します。

  • 物件名称:青山ルカビルⅠ
  • 所在地:住居表示 東京都渋谷区渋谷二丁目2番2号、地番 東京都渋谷区渋谷二丁目2番9、2番30
  • 分売予定利回り:約2.8%
  • 募集総額:12.5億円
  • 募集総口数:1,250口
  • 収益分配金:年2回(2月及び7月)
  • 運用期間:15年
  • お申し込み単位:1口100万円単位(5口以上)

アセットシェアリングでの
資産運用・投資に関する口コミ評判

運用の手間がかからないのが魅力

長期保有の予定で決めました。これまで投資の経験はありませんでしたが、将来について考えたときに空室リスクが少ないこちらにすることに。物件情報を確認して決めましたが、とても魅力的でした。安全収益を期待しています。

資産の組み換えで活用
しっかりある

生前贈与も活用できるような資産運用方法を探していました。今後、相続のことを考えた際に資産の組み換えを検討していたのですが、所有していた株から組み換えを決意。生前贈与についても自分に合った活用法が検討できそうです。

リスク分散ができそうです

リスク分散のために不動産を検討していたところ、目に留まったのがこちらの商品です。不動産は運用が大変そうだなぁと思っていたのですが、こちらは管理をしてもらえるので安心ですね。資産組替えを計画的に進めることに成功しています。

初めての不動産投資でした

不動産投資自体は初めてだったのですが、セミナーに参加したところわかりやすかったので決心しました。同じものを同じ条件で贈与できると知ったのがこちらにした決め手です。現金とは違って運用益も残せるのはうれしいですね。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑