HOME » 安心して資産運用を相談できる投資会社をまとめました! » みんなで大家さん(投資信託)

みんなで大家さん
(投資信託)

少額で参加できる初心者向きの不動産投資

みんなで大家さん

画像引用元:みんなで大家さん
(http://www.minnadeooyasan.com/)

みんなで大家さんシリーズ

すでに賃貸契約のなされている物件に対し出資をおこない、その賃貸収益によって分配金を得ていく運用商品です。
出資額は100万円単位からと、不動産投資商品としては少額から参加することができ、約3年間の短期運用や、譲渡による換金が可能となっています。証券市場に上場していないため日々の価格変動がないため、比較的安定している投資商品であるとも言えるでしょう。とは言え、元本が保証されている商品ではありませんので、元本割れのリスクの可能性を排除することはできません。
お客様の元本の安全性を高めるため、優先劣後システムを採用。優先分配の仕組みを整える事によって、お客様の分配金を優先的に確保する工夫をおこなっています。

みんなで大家さん
1年間・10年間・30年間
資産運用をした際に見込めるリターン

実際に一口出資するとリターンはいくらになるのか気になるのではないでしょうか。仮に出資額が100万円で利率が7.5%であった場合、1年間で107.5万円、10年間で206万円、30年間で875万円となり、利率は5〜7.5%です。

1年間
運用した場合

100万円
↓
107.5万円

※利率5~7.5%。ここでは7.5%計算。

利率
7.5%

10年間
運用した場合

100万円
↓
206万円

※利率5~7.5%。ここでは7.5%計算。

利率
7.5%

30年間
運用した場合

100万円
↓
875万円

※利率5~7.5%。ここでは7.5%計算。

利率
7.5%

みんなで大家さん
資産運用をするメリット・リスク

家賃は固定費であるため支払いの優先順位が高く、収益源が安定するため資産運用も比較的安定する点がメリットです。リスクは収益が給料と同じカテゴリーになるため、税金面で不利になる可能性があります。また安定した投資商品だとしても、元本保証がされていません。

メリット

収益源となる家賃は固定費ですので、支払いの優先順位が高いため、比較的安定した資産運用が可能であることがメリットと言えます。
また、現物の不動産投資にみられる物件管理の手間がなく、株式投資のように日々の変動チェックをおこなう必要もないため、資産運用が初心者の方にも参加しやすいという特徴があります。

リスク

みんなで大家さんで得た収益は、雑所得扱いとなります。
給与と同じカテゴリーとなるため、場合によっては税金面で不利になる可能性があります。また、比較的安定した投資商品として評判を得ていますが、元本保証はされていないという点はリスクの一つとして念頭において検討すべきかと思います。

みんなで大家さん
J-REITはどう違うの?

資産運用を考えている方は一度は「J-REIT」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?「REIT」は「Real Estate Investment Trust」つまり、不動産投資信託を意味し、頭文字のJはJapan:日本を意味するので、J-REITとは、日本の不動産投資信託を意味するのです。J-REITとは、投資家から集めたお金で不動産(オフィスビス・商業施設・マンション)を購入し、その賃貸収入や売却による利益を投資家に分配するもので、最近、高利回りな資産運用の一つとして認知されてきています。[1]

[1]参照:そもそもJ-REITとは? - 投資信託協会

この説明を聞くと、同じく投資家の資金を集めて不動産に投資する「みんなで大家さん」とどのような違いがあるのかと疑問に思っている方も多いでしょう。「J-REIT」と「みんなで大家さん」の最も大きな違いは、「J-REIT」が証券として取引所に上場されている点です。そのため、株式のように取引所が開いている時間では、売買がいつでもできると同時にその価格は常に変動しています。また、「J-REIT」は一つの銘柄で複数の不動産に分散投資しているのに対し、「みんなの不動産」では基本的に特定の不動産への投資となります。

さらに、想定利回りにも違いがあります。「J-REIT」には多くの銘柄がありますが、人気の銘柄で3-6%台のものが多いのに対して[2]、「みんなで大家さん」は想定利回りが7.0%程度であり、しかも、以下で説明する「優先劣後システム」によって元本が守られているので、これまでに元本割れをおこしたことがありません。

最後に、両者の一口当たりの購入額の違いもあります。「J-REIT」の価格は常に変動しており、また、銘柄によっても価格は異なりますが、安いものでは10万円以下から購入できます。一方で、「みんなで大家さん」は一口100万円からです。不動産に詳しく、これまでにも資産運用経験がある方は、「J-REIT」、はじめての資産運用で、難しいことは分からないけど、安定した資産運用を探している人には、「みんなで大家さん」がおすすめです。

[2]参照:J-REIT銘柄ランキング - JAPAN-REIT.COM※2018/1/18日調べ

みんなで大家さん J-REIT
利回り 7.0% 3〜6%
投資単位 一口100万円〜 数万円〜
平均運用期間 3年 7.9年
現金化 解約手続き 自分で売却
売却業者に委託

まとめ:「J-REIT」と「みんなで大家さん」の違い

  • 「J-REIT」は証券取引所に上場している
  • 「J-REIT」は複数の不動産に分散投資、みんなで大家さんは基本的に特定の不動産
  • 利回りが異なる、みんなで大家さんは元本割れを起こしたことがない。
  • 購入金額が異なる。「J-REIT」は数万円から、「みんなで大家さん」は1口100万円から

みんなで大家さん
元本割れを防ぐ「優先劣後システム」とは?

不動産投資としてのみんなで大家さんはこれまで一度の元本割れがありません。それは、不動産取引の価格が常に変動し、不安定であるのに対して、みんなで大家さんは、安定している「家賃収入」から「賃貸費用」を差し引いた利益から評価額が算定されることで出資元本の安全性を高めているからです。

また、賃料が下落した際などのリスク対策として、「優先劣後システム」を採用しています。「優先劣後システム」とは、「優先劣後構造」とも呼ばれ、不動産商品を優先部分と劣後部分に分け、優先部分劣後部分より優先的に配当等を受け取る権利を持つ仕組みのことです。みんなの大家さんでは、出資総額の内、80%をお客さんの優先出資分、残り20%を営業者(都市綜研インベストファンド株式会社)の劣後出資として、仮に家賃の下落が20%以内なら、お客さんの出資元本に影響がでないようになっています。

優先劣後構造|不動産ジャパン用語集

セミナーが開催されている

初めて資産運用を行おうと思った場合に、いろいろと不安なこともありますよね。そういった不安を払拭するため、みんなで大家さんでは商品説明会としてセミナーが行われているのです。
資産運用に興味がある方は商品説明会・個別相談会という形で相談ができるので、ぜひ役立ててみてくださいね。

実際に、セミナーに参加して不安な点を相談し、安心した上で資産運用に取り組んでいる方もたくさんいます。資産運用のプロが細かく相談に乗ってくれるので、わからないことをまとめて聞きに行きましょう。

セミナーではリスクをゼロにするためにどのような取り組みを行っているのかについてや、どのような方に向いている商品なのかなどについても教えてくれます。

参加を希望する場合はホームページ上から申込ができるので、そちらから問い合わせてみてくださいね。開催されている地域は、東京または大阪となります。

月に数回行われていて、開催時間は11時、15時、18時と複数回にわたって行われているのも魅力です。

会員特典の魅力

みんなで大家さんは、投資商品としての魅力も大きいのですが、もう一つ見逃せないのが会員特典に関することです。出資をすると様々なサービスが受けられます。
みんなで大家さんは、5つの会員ランクがあり、詳細は次の通りです。

  • ホワイト会員…口数1口以上の方
  • ブロンズ会員…口数5口以上の方
  • シルバー会員…口数10口以上の方
  • ゴールド会員…口数20口以上の方
  • プラチナ会員…口数50口以上の方

それぞれ、会員ランクによって異なる特典が受け取れます。

ホワイト会員の場合、初回特典がギフトカード2,000円分、追加ボーナスとして特典1口について付与されるものがギフトカード1,000円分です。プラチナ会員になると、紹介特典がギフトカード2,000円分、追加ボーナスについては2,000円分になるほか、プレミアム特典としてプラチナ会員向けの特別の特典が用意されているとのことでした。

ランクアップを目指すのもみんなで大家さんで資産運用をする1つの楽しみになるのではないでしょうか。

現在募集中の
みんなで大家さんシリーズ

不動産投資・みんなで大家さんと聞くと、マンションなど住宅のイメージを持つ人が多いと思いますが、実際に現在募集しているものでは、三重県にあるテーマパーク「伊勢・安土桃山文化村」や、大分別府地熱発電所用地、青果熟成加工物流センターなど、様々な商品があります。

みんなで大家さん伊勢Ⅱ

三重県伊勢市内にある戦国時代を再現したテーマパーク「伊勢・安土桃山文化村」の一部を対象不動産とし、そこから得られる賃貸利益を分配します。

  • 物件名:伊勢・安土桃山文化村施設(第二期)
  • 所在地:三重県伊勢市二見町三津字新開1202番地19 他
  • 敷地面積:57,388.44m2
  • 想定賃貸利益:175,000千円(税別)

募集要項

  • 出資金:1口100万円
  • 想定分配率:年7.0%※年6回、奇数月末日に分配
  • 申込み手数料:無料
  • 申込み口数:2,000口
  • 当初満了期:平成32年7月31日※期間満了後、出資金は2ヶ月以内に返却
  • 運用期間:約3年
  • 解約手数料(1)営業者へ譲渡する場合:出資の価額の3.0%相当額(税別)※出資額100万円の場合3万円(税別)
    (2)第三者へ譲渡する場合:出資の価額の1.0%相当額(税別)※出資額100万円の場合1万円(税別)

みんなで大家さん仕組み

みんなで大家さんと言ってもどのような仕組みで行われているのか疑問に感じる人もいると思います。まず小口化された不動産を一口100万円から購入し、入金確認日から日割りで分配金を受け取る権利が発生します。そして満期まで2ヶ月単位で分配金の入金があり、運用終了日の翌々月末に最終分配金と出資金の返還が行われるという仕組みになっています。

みんなで大家さんは、営業者が賃借人と賃貸借契約を結び、出資者と匿名組合契約というものを結びます。その後、出資者へ出資口数に応じて賃料を分配します。出資者は、出資口数に応じて利益分配金を受け取ることができます。

不動産の管理は営業者が行うため、管理をする負担もなく初期投資を小額で抑えることができます。不動産の価格変動が起こることに対して、みんなで大家さんは賃貸利益での出資金の評価にすることで、市場の変化を受けにくく変動しにくいのです。それに比べて一般的な不動産は、初期投資が高額であるため借金を抱えるリスクもあります。また優良物件の目利きも必要。

管理の負担や集金・トラブルなど手間がかかってしまいます。そして建物が古いほど下落するという価格変動が起こるため、購入した価格で売却ができないのです。こうした負担が大きくならないように、個人で不動産オーナーにならず安定した賃料を得るという仕組みがみんなで大家さんなのです。

みんなで大家さん利用の流れ

実際にみんなで大家さんの主な利用の流れは、投資商品の決定→書類準備→出資の申込み→契約→出資金の入金→運用の開始となります。

まず初めに、投資商品を決めます。商品説明会やセミナーなどが東京と大阪で行われていますから、実際に足を運んで投資する商品を決めると良いと思います。足を運べないという人でも資料請求ができます。

商品を決めたら必要な書類を準備します。個人と法人で書類が異なるため注意が必要です。

書類を揃えたら出資の申込みをします。申込書は郵送も可能です。その後契約書類が郵送もしくはスタッフから手渡しで届けられます。

次に説明を受けて納得した場合は契約をします。この時に印鑑と分配金を受け取る銀行口座が必要になります。またみんなで大家さんはクーリングオフ制度が適用されるため、契約から8日間が経過するまで契約解除も可能です。

次に指定された銀行口座に出資金を入金します。入金確認日が運用開始日となります。契約成立後の翌月までに出資証書が手元に届いて組合に加入したことになります。この出資証書を受け取ったら契約は完了となります。

不動産投資の契約となると一見難しそう、大変そうというイメージを持つ人もいると思いますが、難しいことは無く契約しやすいです。またわからないことや不安なことがあっても、スタッフがきちんと説明してくれるため安心です。

みんなで大家さんでの
資産運用・投資に関する口コミ評判

始めたいけれど不安でなかなか始める勇気が出ない。そんな人も多いかと思います。またどのような人がみんなで大家さんを利用しているのか気になると思います。そこで実際にみんなで大家さんで資産投資を行なっている人の口コミを紹介します。

安定して利益分配があります

今の時代、銀行に預けておいてもそれほど金利は付かないし、少額でも始められると言うことだったのでお試しのつもりで参加してみました。今現在、安定して利益配分があるので嬉しいです。このまま安定して配当が受けられるなら、追加での購入も検討しようかと思います。

サポート体制などが
しっかりある

以前から資産運用に興味があり、こちらの商品はインターネットで知りました。利回りが大きいので最初は怪しいと感じましたが、担当者の方の丁寧な姿勢やリスクマネジメント、サポート体制などがしっかりしていたことが決め手となり、出資を決心しました。

少額から始められる商品

大金での投資はまだまだできないのですが、お小遣い稼ぎができればと色々調べた結果、みんなで大家さんにたどり着きました。実績もありますし、なにより自分の予算に見合った少額から始められる商品だったので、ファンド投資することを決めました。

リスクの
少ない不動産ファンド

リスクの少ない不動産ファンドを探していたところ、みんなで大家さんを見つけました。利回りも高いし最初は半信半疑だったのですが、きちんと分配金が入ってきますし安心しました。これならと、増資することも考えております。

元本の
保全にも取り組んでいる

元本保証がないことは、不動産投資をおこなうに際しての大きなリスクであることは間違いありません。その中でもこちらは、元本の保全という面にしっかり取り組み、体制を整えるなどしているので、信頼できるのではと思いました。

初心者でもわかりやすい投資

初心者でもわかりやすく始めやすい資産運用を探していて、みんなで大家さんと出会いました。駅近くのテナントビルを一括借り上げしているのを知り、安定して運用できそうだと思い参加。2~3ヶ月ごとに分配金が入ってくるので、定期的にお小遣いをもらえるような感覚です。

納得してから始められる

怪しいという噂も耳にした事があったため初めは不安でしたが、セミナーでしっかりと説明を聞いて納得した上で始めました。通常の不動産投資と違って、不動産をまるごと購入する必要がないため好条件の不動産に投資できてよかったです。

初心者でも安心

投資に興味があったものの初めてだったため、ある程度投資について調べてからみんなで大家さんを始めました。一口100万円は投資の中では安い方ですが、決して安い額ではないため少々迷う点もありました。ですが今では始めて良かったと思えるほど、利益も出ていますし成功しています。勇気を出して良かったです。

リスクが少ない

将来を考えて、少しでもリスクが少なく確実に資産を増やせる運用商品を探していました。利回りが良すぎるように感じ、最初は怪しい商品かと思いましたが、セミナーで担当者の方が丁寧に説明して下さって安心しました。出資後の運用レポートなどもしっかりしていて出資を決意しました。今後も資金を追加したいです。

高配当

超低金利時代における利回りが6%ということが決め手となり出資を始めました。家賃収入が確定していて安全性の高い商品だと思います。無理な勧誘をしてくることもなく、トラブルが生じても丁寧かつ迅速に対応してもらえるという安心感あります。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑