田中貴金属工業
(純金積立)

老舗貴金属店の金による資産運用

田中貴金属工業

画像引用元:田中貴金属工業
(http://gold.tanaka.co.jp/)

純金積立

月々3,000円から始められる、純金購入による資産形成方法です。株式や債券などによる投資信託の次の一手として、資産保全に適した実物資産である金を積み立てていきます。また、金の価格が高い日には少なく低い日には多く購入するといった手法で、価格変動リスクを抑制し効率的な購入をおこなっています。購入し積み立てた金は、簡単に現金や地金・コイン・ジュエリーとの交換も可能です。

プラチナ積立

月々3,000円から始められる、プラチナ購入による資産形成方法です。市場の価格が高いときには少なく、やすいときには多く購入することで価格変動リスクを抑制した効率的な積立をすることができます。購入したプラチナは田中貴金属工業が責任を持って保管にあたり、積み立てたものは簡単に現金や地金・コイン・ジュエリーと交換することが可能となっています。

net純金積立

実物資産である「金」と「プラチナ」を積み立てていきながら、インターネット上で購入や売却などの取引、積立状況、取引履歴の照会がおこなえるオンライントレード商品です。年会費は0円で積立購入金額も1,000円以上1,000円単位で参加ができるので、インターネットに抵抗がない方であれば初めて資産運用をお考えの方にとって、とても参加しやすく便利な商品と言えるでしょう。

net純銀積立

実物資産である「銀」を積立ながら、インターネット上で購入や売却もできる、便利なオンライントレード商品です。月々3,000円から始められるため、初めての方にも大きな負担なく始めることのできるプラント言えます。積極的な資産運用をお考えであれば「金」「プラチナ」だけではなく「銀」の積立も組み合わせることで、より良いポートフォリオを組成できます。

田中貴金属工業
100万・200万・300万
資産運用をした際に見込めるリターン

純金やプラチナを積み立てると、どのくらいのリターンが見込めるのか気になる人も多いと思います。100万円の資産運用で利率が7%の場合107万円。200万円の資産運用で利率が11%だった場合224万円。300万円の資産運用で利率が7%の場合321万円。以上のような成功例があります。

成功例1

100万円
↓
107万円

利率
7%

成功例2

200万円
↓
224万円

利率
11%

成功例3

300万円
↓
321万円

利率
7%

田中貴金属工業
資産運用をするメリット・リスク

資産運用をする上でメリットもあればもちろんリスクもあります。メリットとしては、金は市場において安定性の高い資産であるため長期的な財産保全に適しているということ。また田中貴金属工業は、世界的に認められているブランドであるため、品質の高い貴金属を取り扱えます。

リスクとしては、ハイリスクでない分ハイリターンもあまり期待できない点です。金の価格も変動して値動きがあります。これらをしっかり理解した上で資産運用をする事が大切です。

メリット

実物資産としての金は、市場において大変安定性の高い資産の一つです。ですので、長期的な財産保全の手段には、とても適していると言えるわけです。
また、田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドですので、取り扱う貴金属の品質がとても高いというのも、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

リスク

株式などの金融資産と比較して、実物資産である金は信用リスクがなくデメリットの少ない運用商品であると言えます。
しかし、ハイリスクでない分ハイリターンはあまり期待できないという面も持っています。また、金の価格も日々変動していて値動きがある、ということを理解して運用に参加することが必要です。

田中貴金属工業
純金積立手数料、注意点、税金について

年会費や売却手数料、保管料などといった手数料は無料ですが、交換手数料や郵便手数料は1本あたり2,160円かかります。その他にもスポットや購入手数料などはかかるため、あらかじめ手数料がいくらかかるか調べておく必要があります。

また、積立の一時休止ができないため、毎月金かプラチナを最低1,000円分購入しなければなりません。売却する場合、所有期間が5年以内かそれ以上かで税金が変わってきます。ただ資産運用として金を所有するだけでなく、以上の点をよく知る必要があります。

田中貴金属の純金積立の手数料

  • 年会費:無料
  • 保管料:無料
  • 売却手数料:無料
  • 積立購入金額:1,000円以上1,000円単位
  • 購入手数料:積立1.5%~5%
  • ※1,000~2,000円の場合5%、金額が上がるごとに手数料は下がります。

  • スポット:0%~5%
  • ※購入金額に応じて変動し、1取引あたり1万円以上で手数料が無料となります。

  • 売却にかかる手数料:無料
  • 引き出しにかかる手数料として、交換手数料と郵送手数料がかかります。

  • 交換手数料:1本あたり2,160円(税込)100~300gの場合、500g以上で無料となります。
  • 郵便手数料:1回あたり2,160円(税込)
  • ※金の重さ、本数、種類に関わらず同一料金です。

  • 解約手数料:なし

【参照】TANAKAのG&Pプランナー net純金積立 | お取引総合ガイド - 手数料一覧http://gp.tanaka.jp/guide/charge.html

金の受け取り方法

現金化、地金の引き出し、ジュエリーの等価交換の3種類があります。

地金・コインの購入方法

来店で購入する方法と、電話で購入する方法の2種類が用意されています。

来店での購入

店舗によって手順が異なる場合がありますが、基本は次の通りです。

まずは当日の金やプラチナの小売価格を確認してから足を運びましょう。店頭では「ご購入申込書」というものを渡されるので、これに必要事項を記入します。500g未満の地金を購入する場合は手数料、200万円以上の地金・コインを購入する場合は本人確認が必要なので注意しておいてくださいね。

あとは購入代金を支払い、その場で地金・コインの引き渡しを受けます。

電話での購入

こちらもまずは地金とコインの小売価格を確認し、受付フリーダイヤルに電話をして注文しましょう。続いて指定口座に購入代金を振り込みすると、本人限定受取という形で郵送にて現物の地金・コインが贈られてきます。

純金積立の注意点

積み立ての一時休止はできず、毎月「金」または「プラチナ」のどちらかを最低1,000円分購入する必要があります。※購入額の変更は可能です。

【参照】TANAKAのG&Pプランナー net純金積立 | FAQ - G&Pプランナーについてhttps://gp.tanaka.jp/faq/index.html

金地金を売ったときの税金について

国税庁のホームページで以下のように説明させています。

給与所得者などが持っている金地金を売却した場合の所得は、原則、譲渡所得として課税されます。給料など他の所得と合わせて総合課税の対象になります。譲渡所得の金額は、次のように計算します。

(1) 所有期間 5年以内の場合
売上価格-(取得価格+売却費用)=譲渡益の計算式 (金地金の譲渡益+その年の金地金以外の総合課税の譲渡益)-譲渡所得の特別控除50万円=課税される譲渡所得の金額の計算式

(2) 所有期間 5年超の場合
売上価格-(取得価格+売却費用)=譲渡益の計算式 (金地金の譲渡益+その年の金地金以外の総合課税の譲渡益)-譲渡所得の特別控除50万円=譲渡所得の金額の計算式 譲渡所得の金額÷2=課税される譲渡所得の金額の計算式

(注) 譲渡所得の特別控除の額は、その年の金地金の譲渡益とそれ以外の総合課税の譲渡益の合計額に対して50万円です。これらの譲渡益の合計額が50万円以下のときはその金額までしか控除できません。また、(1)と(2)の両方の譲渡益がある場合には、特別控除額は両方合せて50万円が限度で、(1)の譲渡益から先に控除します。

No.3161 金地金を売ったときの税金|譲渡所得|国税庁https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3161.htm

資産セミナーで理解を深める

初めての純金積立でわからないことや不安なことがあるのならば、セミナーに参加してみるのもおすすめです。セミナーは東京や岡山、広島、大阪、仙台など様々な地域で開催されていて、毎回多くの参加者で溢れます。

「親子で考える資産セミナー」として金の魅力や資産形成などについてわかりやすく説明してくれるので、まずは基礎的な知識を高めたいと思っている方にもおすすめです。

ゴールド・キーパーについて

純金積立に挑戦してみたいとは思っているものの、自宅に金を置いておくのは不安…と感じている方も多いのではないでしょうか。そういった方のために、田中貴金属工業ではゴールド・キーパーと呼ばれるものを用意しています。

これは、より安全に金地金・プラチナ地金を厳重な設備で保管してくれる便利なものとなっているのです。利用するためには口座開設が必要ではありますが、一つの口座で金100kg、プラチナ50kgまで預けることができます。

購入預り手数料、別途手数料といったものはかかりませんが、口座開設手数料として1口座1,080円かかるのでこの点については押さえておきましょう。

へそくりのような感覚で純金積立をしたいと思っている方も、このサービスを利用すれば自宅に純金を置かなくて良いので安心できるのではないでしょうか。

田中貴金属工業J-REITは
どう違うの?

J-REITは不動産に投資するのが特徴で、オフィスビルや商業施設、マンションといった不動産を買い取って、賃貸収入や売買で出た利益を投資家に還元するものです。また通常の不動産投資となると多額の資金が必要となりますが、J-REITは銘柄によっては10万円未満で購入ができ、少額で始められます。

一方で田中貴金属工業は、純金・プラチナの積み立てが月々3,000円からできます。J-REITよりもハイリスクでないぶんハイリターンは期待できませんが、金は実物資産であるため信用リスクがありません。基本的に管理を人に任せるということもなく積み立てていくだけで、初心者でも始めやすい資産運用です。市場の価格が高いときには少なく、安いときには多く購入することで価格変動リスクを抑制した効率的な積立ができます。

J-REITと異なり、現金のみならず地金やコイン・ジュエリーと交換することも可能。月々5,000の積立を5年間行った人は、気がついたら貯まっていたと言い、20万円ほどの18金のネックレスを金で手に入れています。中には結婚記念日にジュエリーと交換した人もいるとか。田中貴金属工業では、月々の積立金が無理のない金額で設定にできるため、コツコツ貯めることができるのです。金やプラチナも日々価格変動をしていて値動きがありますが、そこまでハイリスクではありません。

それに対して、J-REITは投資信託の一種のため、元本が保証されていません。また自然災害によって建物が被害を受けたり、テナントの退去者が相次ぐと、分配金が減少するというリスクも。J-REITに比べると金は長期的な財産保全の手段としてはよいですが、実物資産であるため税金がかかります。保持している量によって変わりますがその点を踏まえた上で保持する必要があります。

ですが先ほど述べたように信用リスクがないため、デメリットの少ない運用商品と言えます。デメリットという点においては、J-REITは不動産を管理する手間がかからずに割りの良い分配金が得られますが、その分リスクも多くあります。先ほど出てきた価格変動リスク、収益変動リスクの他にも、運用体制に関するリスクや流動性リスク、投資法人の倒産、上場廃止リスクなどがあります。

田中貴金属工業に対してこれだけのリスクがあるということです。ですがハイリターンが望めますし、リスクを抑えたい場合は分散投資しているJ-REITを選ぶこともできます。コツコツ積立をしていくか、資金は金よりかかるが、割りの良い分配金を得るか、どのくらいのリスクで抑えたいか、など収入や自分に合ったやり方のできる方法を選ぶことが大切です。

田中貴金属工業 J-REIT
利回り 7〜11% 3〜6%
投資単位 月々3,000円〜 数万円〜
平均運用期間 5年〜10年 7.9年
現金化 ・店頭もしくは電話
・現金だけでなく地金やジュエリーとも交換可能
・自分で売却
・売却業者に委託

表にすると違いが一目瞭然です。月々の投資単位が低い分ハイリターンは期待できないと述べましたが、その分利率がとても高いです。5年間で月々5,000円の積立をした場合、金価格が5,000円で換算すると31万5,000円分になります。同じ金価格で10年間で月々10,000円の積立をした場合、167万円となり10年間の積立額よりもプラスになっています。ハイリターンが期待できるJ-REITに比べ、どちらかといえば田中貴金属工業は確実に積み立て増やすという資産運用のやり方です。

また5年〜10年と運用期間はJ-REITさほど変わりませんが、投資単位が低い分20代でも始めやすく、就職を機に積立を始める人もいます。20代で積み立てれば5年後、10年後のマイホームの購入などで、1番お金が必要である年代に頭金の一部としても利用することができるのです。月々の積立金額が大きくなく収入に合わせられるため、家計にも負担をかけずに無理なく積み立てることができます。また現金化する際も、店頭に出向くのはもちろん電話1本でもできるためJ-REITに比べてとても簡単で楽です。

不動産投資と実物資産である金は異なる部分も多くありますが、どちらも老後やこれからに備えるという点では人気のある資産運用です。どちらを始めるにしても、メリットやリスクなど知識をきちんとつける必要があります。

田中貴金属工業仕組み

貯まった金を交換する方法は、現金化、地金の引き出し、ジュエリー等価交換の3種類があり、この等価交換は純金積立の魅力の一つでもあります。

現金化

現金化は、店頭はもちろん電話での現金化も可能です。売却重量の目安としては、3,000円の場合330g、4,000円の場合250gとなります。この時にメンバーズカードと暗所番号が必要となります。通常の現金化は1g単位となりますが、全量を売却する場合は1g未満で現金化ができます。電話の場合は会員専用のコールセンターに電話して売却ができます。受付日から5営業日以内に振込がされます。

地価の引き出し

店頭での引き出し可能重量はメンバーズカードの利用限度額との兼ね合いで、地金価格によって異なります。価格が1,000円の場合、引き出し限度量は1000gまでです。5,000円の場合、引き出し限度量は200gまでとなります。引き出しの地金の種類は大きい順の組合せで引き出しされるため注意が必要です。

ジュエリー等価交換:等価交換は、田中貴金属ジュエリー直営の「GINZA TANAKA」のジュエリーと交換する事ができるものです。リングやピアス、ネックレスの他にも貴金属製の伝統工芸品や仏具まで取り揃えているため、自分が欲しいジュエリーが見つかるはずです。またプレゼントとしてもジュエリー等価交換は人気があります。

田中貴金属工業利用流れ

実際にどのような所で金やプラチナを手に入れられるのでしょうか。田中貴金属工業の店舗へ直接行って購入することもできます。また、忙しい人や子どもがいてなかなか出向けないという人は電話での購入も可能です。

店舗で購入する場合、まずは当日の金やプラチナの小売価格を確認します。確認した上で店頭へ行き受付機で購入申込書を発行し、必要事項を記入。窓口で書類の確認をしてもらい、購入代金を支払います。

500g未満の地金を購入する場合は、別途で手数料がかかります。200万円を超える地金・コインを購入する場合は本人確認が必要であるため、確認できるものを忘れないようにします。

代金を支払うと、窓口で地金・コインが渡されます。地金を受け取る際は、刻印や重量を必ず確かめます。以上が店頭での流れになります。

次に電話での購入です。まず店頭で購入する時と同様に、当日の金やプラチナの小売価格を確認します。確認したら電話購入受付フリーダイヤルに電話をします。この時に地金の種類・重量別の本数・コインの種類・サイズ・枚数などを決めておきます。

電話で注文内容の確認と振込先口座の案内がされます。購入代金を電信扱いで指定された口座に振り込みます。入金が確認されてから、現物の地金・コインが郵送で送られてきます。受け取る際に本人確認書類の提示が必要になります。受け取ったら電話での購入が完了になります。

田中貴金属工業での
資産運用・投資に関する口コミ評判

では田中貴金属工業で資産運用や投資をしている人は、積立をどのように感じているのでしょうか。また田中貴金属工業を利用するとどのような点がよいのでしょうか。実際に利用している人の口コミを紹介します。

さすがの対応力が魅力

商品を運用するのにネット対応が整備されているので、取引するのがとても便利なのが良いです。加えて、困ったときのコールセンターの対応力が高くて丁寧であることなど、さすが世界的ブランドの田中貴金属だと思います。

ネットでも店舗でも対応

田中貴金属さんは金を取り扱うお店として老舗だし、信頼性が高いと思って積立を始めました。オンライン取引も便利で良いのですが、銀座に社員の方と直接相談できる対面式の店舗もあって、その点でも安心に繋がりました。

純金は一番安定した資産運用

低金利が続いていて預金の利息はのぞめないなか、純金ほど安定した資産運用はないと思います。2005年から始めて今は倍以上に増えました。今まで貯金が苦手だった私ですが、自動引き落としを活用しているので毎月少しずつ積み上げる事ができてます。

インフレリスクに強い金価格

戦争やテロなどの有事の際、為替や株価などは急落する傾向にありますが、純銀は安全資産と捉えられているため、むしろ価格は上昇傾向になります。ですので私は、インフレリスクを極力抑える対策に分散投資の1つとして、毎月純金積立に投資しています。

世界的に信用されている資産

純金は価格の透明性が高く換金性に優れているので、いざ売却しようと思ったとき世界各国どこでも公正な価格で換金することが可能な点が魅力です。国際通貨とも言われるくらい世界的に信用されている資産なので、積み立てていても安心です。

初心者にもわかりやすい
純金積立

田中貴金属工業の純金積立は、低額から始められて初心者にもわかりやすく、ホームページから預かり残高・平均買付金額・マイポイントサービス数を確認できて便利です。平日の12時に電話したのですが、1コールでオペレーターにつながってビックリ!丁寧に説明も聞くことができました。

初心者も始めやすい

純金やプラチナ積立に関するCMを見たことはありましたが、実際にどのようなものか理解していませんでした。就職を機に始めてみようと考え、ある程度の仕組みを理解しました。投資と違い始めやすく月々の積立金も大きくないため、初心者の私でも始めやすかったです。将来のためにこれからも積み立てていきます。

マイホームの頭金

毎月コツコツ積み立ててマイホーム購入の際に頭金として利用しました。1万円と積立金は少額でしたが、まさに塵も積もれば山となる。10年後のマイホーム購入の際には利率も合わせて150万円ほどになっていました。積み立てていなければこのお金は無かったので、積み立てて本当によかったです。

ジュエリー交換

就職してから親の勧めもあり毎月5,000円ずつ積み立てました。使い道は人それぞれで、頭金や将来のために積み立てる人がいると聞いて始めました。ジュエリーにも交換できると知り、5年間積み立てて自分へのご褒美としてジュエリーにしました。18金の20万円ほどするネックレスが手に入りとても良かったです。

老後の蓄えとして

リスクに強い金を将来に備えて積み立てています。月々1,000円から積み立てられるため、初めは少額から始めました。年を重ねるごとに金銭的にも余裕が出てきたため、額を増やしました。老後の蓄えとして何もないより、金を積み立てていることによって気持ち的にも余裕が持てます。これからも積み立てていきます。

全体的に良い口コミばかりでした。初心者の方でも始めやすい資産運用となりますので、「今まで資産運用に興味はあったが、具体的にどうすれば良いかわからない」という方でも安心して始めることができるでしょう。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑