資産運用のプロが伝授するお金の増やし方ガイド » 【職業別】かしこい資産運用術

職業別かしこい資産運用術

自分に合った上手な資産運用方法は?

資産運用を職業別で考える場合、定期的に収入が入ってくる職業に就くことは、お金を守る意味でも増やす意味でもとても重要です。安定した収入は定期的な貯蓄の土台になりますし、その土台こそが後の「増やす」に大きく関わってきます。

ステータスの高い職業や役職になると、銀行や証券会社から資産運用について提案されることもしばしば。ある程度収入がある方はとくに、お金に関する知識をしっかりと持っておくことが大切です。なんとなくで購入し資産をマイナスにしないためにも、自分が納得できる知識を持つことが、資産運用においてはとても重要になります。

サラリーマン

会社で働くサラリーマンに適している賢い資産運用方法とは?

平均年収
414万円
毎月目指すべき貯金額
8.5万円

想定される
大きな出費

  • 引っ越し
  • 転職
  • 結婚
  • マイホーム購入

1カ月当たりの
支出内訳
(例:月収30万円)

1カ月当たりの支出内訳

運用のポイント

サラリーマンの方が資産運用をおこなう場合、当然ですが本業である会社での仕事が最優先と考えなければいけません。資産運用はあくまでも副業的なものと考え、仕事をしながらでもできる商品を選択しましょう。

詳しく見る

共働き夫婦

共働きで頑張る夫婦に適している賢い資産運用方法とは?

平均年収
550万円
毎月目指すべき貯金額
12万円

想定される
大きな出費

  • 出産費
  • 養育費
  • 学費
  • マイホーム購入費

1カ月当たりの
支出内訳
(例:月収40万円)

1カ月当たりの支出内訳

運用のポイント

共働きでご夫婦それぞれにお仕事をされているご家庭の特徴といえば、収入源が2つあるという点でしょう。こうした共働き夫婦が資産運用をおこなう場合、将来の生活設計が立てやすい商品などが適していると言えます。

詳しく見る

個人事業主・自営業

経営者として頑張る個人事業主・自営業の方に適した賢い資産運用方法とは?

平均年収
200〜550万円
毎月目指すべき貯金額
5〜13万円

想定される
大きな出費

  • 経営費
  • 事務所移転費
  • 自動車関連
  • 生命保険料

1カ月当たりの
支出内訳
(例:月収30万円)

1カ月当たりの支出内訳

運用のポイント

経営者である個人事業主や自営業の方は、老後のための貯蓄の他に、事業の資金繰りや事業承継での出費を想定した方がいいでしょう。そのため、リターン率の良い商品などがオススメです。

詳しく見る

公務員

学校や役所など公的機関で働く公務員に適している賢い資産運用方法とは?

平均年収
600万円
毎月目指すべき貯金額
15万円

想定される
大きな出費

  • 自動車関連費
  • 生命保険料
  • マイホーム購入費

1カ月当たりの
支出内訳
(例:月収40万円)

1カ月当たりの支出内訳

運用のポイント

公務員は副業が禁止されていますが、資産運用は認められています。とは言え、本業が最優先である原則はサラリーマンと変わりませんので、運用方法としては仕事に支障をきたさないでできる商品が適しています。

詳しく見る

独身女性

将来を考える独身女性にオススメの賢い資産運用方法とは?

平均年収
300万円
毎月目指すべき貯金額
7万円

想定される
大きな出費

  • 引っ越し
  • 結婚
  • 生命保険料

1カ月当たりの
支出内訳
(例:月収25万円)

1カ月当たりの支出内訳

運用のポイント

独身女性が老後に向けて資産運用をおこなう場合、大きな利益を考えるよりも堅実な運用を目指すことがオススメです。元本保証に近い、元本割れのしにくい商品を始め、将来のまさかに備えた保険が付いているものや私的年金も良いでしょう。

詳しく見る

主婦

家事や育児に頑張る主婦にオススメの賢い資産運用方法とは?

平均年収
24万円
毎月目指すべき貯金額
1万円

想定される
大きな出費

  • 生命保険料
  • 旅行費
  • 子どものための費用

1カ月当たりの
支出内訳
(例:月収2万円)

1カ月当たりの支出内訳

運用のポイント

専業主婦の方は、仕事で収入を得ているわけではありませんので、自由になるお金というのは限られています。その中で資産運用をおこなう場合は、少額でおこなうことのできる貯蓄型の商品などがオススメとなります。

詳しく見る

プロに聞いた! 目からウロコの運用術 お金を増やす投資の選び方
あなたの職業や立場はどれ?職業・立場にあった
資産運用をお教えします!