TOP » 初心者でも知っている資産運用の基本おさらい » 信用できる?できない?いいFPの見分け方

信用できる?できない?
いいFPの見分け方

FP(ファイナンシャルプランナー)はお金にまつわる豊富な知識を持っているため、保険はもちろん、資産運用についても的確な提案をしてくれます。

ここでは、良いFPの見分け方についてご紹介しましょう。

そもそもFP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FPといえば保険の見直しをしてくれる人や銀行に入る人、住宅ローンの相談に乗ってくれる人などをイメージする人が多いですが、正しくは「相談者の目標達成をサポートする専門家」がFPになります。「相談者の目標」はさまざまですので、FPは家計に関わる金融や税制、保険、年金制度など、幅広い知識を持ち合わせているのです。そのため、保険やローン、資産運用など幅広い相談ができるのですね。

日本のFP資格を認定する団体には「一般社団法人金融財政事情研究会」と「日本FP協会」の2種類があって、どちらも国家資格となる「FP技能士1級~3級」の指定試験期間として共存しています。 さらに、日本FP協会では民間資格として「AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)」を、国際ライセンスとして「CFP(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER)」を認定しており、資格の難易度としては以下となっています。

    <FPの資格と難易度>
  • FP3級(初心者)
        ↓
  • FP2級・AFP(中級)
        ↓
  • FP1級・CFP(上級)

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するメリット

資産運用の相談を金融機関で行う人も多いですが、FPに相談するとさまざまなメリットを得ることができます。

まず、金融機関との根本的な違いは商品ありきでないというところ。特定の金融機関に所属するFPもいますが、独立系FPの場合は幅広い金融商品を提案してくれるので、より自分に合った資産運用方法を見つけることができます。 また、金融機関よりも気軽に電話や相談を申し込むことができるため、とても利用しやすいというのもメリットといえるでしょう。忙しい方の場合は家に呼ぶこともできますので、手間や時間をかなり軽減できます。

ただし、中には自分の利益を優先するFPや、不正確な情報を案内するFPもいるので注意が必要です。一般的に、特定の金融機関に在籍しているFPはそこの金融商品しか勧めない傾向があり、無料相談を行っているFPも契約している金融会社から手数料を受け取っている可能性が高いため、あまりおすすめはできません。

良いFP(ファイナンシャルプランナー)を見分ける3つのポイント

ポイント1:CFPの資格を持っている
良いFPを見分ける方法の一つは、FPが保有している資格を確認することです。FPの資格にもいろいろな種類がありますが、その中でも最高レベルとなるのが「FP1級・CFP」になります。 特に、CFPに関しては年会費や単位取得制度があるため、なんとなくFPをやっている人にとっては取得する必要のない資格になるのです。 つまり、CFPを取得しているFPは本気度が高く、豊富な知識を持ち合わせていると判断することができます。

ポイント2:財務三表分析を用いている
財務三表分析とは、相談者のパーソナルファイナンス分析に必要となる「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー表」のことを指します。個人の資産運用も企業分析と同じで、その人の傾向や実際のお金の流れを把握する必要があります。その際、これらの三表を使ってしっかりと分析してくれるFPであれば、的確なアドバイスをしてくれる可能性が高いといえます。

ポイント3:長く付き合える体制が整っている
資産運用は短期間で行うものではなく、10年、20年と続く長期的なものがほとんどです。そのため「提案したら終わり」ではなく、実際の資産運用を一緒に行ってくれるような、長い付き合いができるFPが理想的です。 そのため、FPとの相性はもちろん、移動や転勤で担当が変わってしまう可能性や、万が一そのFPが会社を辞めてしまった場合のサポート体制なども確認し、長く付き合える体制が整っているところを選ぶのがおすすめです。

プロに聞いた! 目からウロコの運用術 お金を増やす投資の選び方
あなたの職業や立場はどれ?職業・立場にあった
資産運用をお教えします!