TOP » 初心者でも知っている資産運用の基本おさらい » 住宅ローン中でも追加融資は受けられる?

住宅ローン中でも
追加融資は受けられる?

資産運用の成功には融資が欠かせませんが、住宅ローンを組んでいる場合、追加融資は受けられるものなのでしょうか。

ここでは、資産運用をする観点から、住宅ローン中の追加融資についてわかりやすくご紹介します。

住宅ローンの追加融資は
ハードルが高め

一般的に、住宅ローンというのは「建物の購入」を目的とする融資ですので、物件購入後の追加融資は断れれる場合がほとんどです。また、追加融資の場合は住宅ローンとルールが異なり、金融機関との交渉が必要になります。そのため、住宅ローン審査に通ったからといって追加融資が受けられるとは限らないのです。

そもそも、金融機関では「追加融資」というサービスは存在しておらず、追加融資を希望するのであれば窓口で詳細を説明し納得してもらわなければなりません。また、金融機関が納得してくれたとしても再度ローン審査を受ける必要がありますので、必ずしも融資が受けられるわけではないのです。

「それなら、住宅ローンを組んだ金融機関と別のところにすれば大丈夫なのでは?」と考える方も多いですが、住宅ローンには抵当権があり、その金融機関に第一位の抵当権が登録されているのため、他の金融機関であっても融資を受けるのは難しいといえます。

住宅ローンの借り換えなら
追加融資同様の効果が見込める

金融機関での追加融資は非常にハードルが高くなりますが、その代わりに「借り換え」という方法があります。借り換えというのは、今契約している住宅ローンよりも金利の低いプランに変更し、総返済額を減らすことで返済の負担を抑えるというものです。

たとえば、住宅ローンの融資を受けたA銀行よりも低金利を提示しているB銀行があったとしましょう。この場合、住宅ローンをB銀行に借り換えることで、結果的に融資を受けるのと同じような効果を得ることができます。
また、追加融資の場合は再度ローン審査を受けることとなり、通過難易度が非常に高いというデメリットがありますが、借り換えの場合は通常サービスとして提供されているため、通貨難易度が高くなることはありません。
そのため、追加融資よりも手軽且つ確実に申し込みすることができるのです。

ただし、借り換えは「新規「契約」の扱いになりますので、契約時には事務手数料や印紙代といった諸費用がかかることになります。さらに、抵当権を移動させるための登記費用などもかかってきますので、それなりのコストが発生することを覚悟しましょう。

追加融資はリスクが高くなるため
慎重な検討が必要

仮に金融機関が納得し、通貨難易度の高い審査を無事に通過できたとしても油断は禁物です。追加融資が認められたということは、それだけ返済総額が増えるということですので、住宅ローンが破綻してしまう危険性も高まります。

そのため、後々住宅の修理や子供の進学、受験などでまとまったお金が必要になった場合も考慮し、本当に返済できるかどうかを慎重に検討したうえで、追加融資を申請するようにしましょう。

また、追加融資の審査には時間がかかりますので、申請はなるべく早く行うのがおすすめです。もし審査を待っている時間がないようであれば、金融機関ではなく事業者カードローンの利用も検討してみると良いでしょう。ただし、事業者カードローンは金利が高く長期の資産運用には向きませんので、近日中にまとまった資金を回収できる宛がある場合のみ有効です。

プロに聞いた! 目からウロコの運用術 お金を増やす投資の選び方
あなたの職業や立場はどれ?職業・立場にあった
資産運用をお教えします!