HOME » 目指せ中級者!次の一手の資産運用 » 仮想通貨投資による投資・資産運用の方法

仮想通貨
高リスク・ミドル~ハイリターン

価格上昇率の高さが魅力的

テレビや新聞、雑誌で取り上げられることも多く、「仮想通貨」という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。電子的な通貨を使って行う資産運用のことを言います。

インターネットシステムを活用した最新の投資方法とも言えますが、大きなリターンが期待できる一方でハッキングや取引所の倒産など注意しておかなければならないことも。少額からでも始められる方法ではありますが、高いレバレッジをかけて運用し、失敗した場合にはマイナスのリスクもあります。

短期間のうちに急成長、上昇率の高さが魅力

近年テレビなどで取り上げられることも増え、注目が集まっているのが仮想通貨による投資です。その名の通り、仮想通貨と呼ばれる電子的な通貨による資産運用のこと。取引はインターネット上にある取引所という仮想通貨の売買サイトを通して行うことになります。

短期間の間に大きく価値を伸ばした一方で大暴落したニュースが取り上げられているので、本当に仮想通貨の投資が自分に向いているのか悩んでいる方も多いかもしれません。ただ、その一方でかなりの短期間で大きなリターンを得た方が多数いるのも事実。

ここからもわかる通り、高リスク・ミドル~ハイリターンの運用方法だといえるでしょう。価格上昇率の高さは非常に魅力的ではありますが、リスクがある分、リターンも期待できます。

他の投資法とは少し仕組みが異なるので、十分に理解した上で開始することが重要です。最低1,000円以下から購入もできるので、まとまったお金がなくても開始することは可能となっています。

そもそも仮想通貨とは?

「仮想通貨の投資が熱いらしい」とは何となく聞いたことがあるかもしれません。ただ、そもそも仮想通貨とはどのような資産運用方法なのかわからない方も多いでしょう。そこで、仮想通貨とはどのような資産運用方法なのかについてご紹介します。

仮想通貨は他にも暗号通貨やデジタル通貨と呼ばれており、インターネットに接続できる環境があれば世界中どこでも使える通貨です。仮想通貨を使った取引の中では基本的な利益を得るための方法は安い時に購入して高くなった時に売るといった非常にシンプルなものとなります。

仮想通貨の種類

一口に仮想通貨といっても、種類は1つだけではありません。ただ、その中でも特に有名で代表的なものと言えばビットコインが挙げられるでしょう。こちらはテレビなどで取り上げられることもあるのでご存知の方も多いはず。

この他にもリップルやイーサリアムなど様々な種類があります。

流通率が最も高いのはビットコインとなっているので、これから仮想通貨を検討している方はこちらからチェックしてみてはどうでしょうか。

最も流通率が高く、重要もあるわけなので、仮想通貨の中でもビットコインは軸とも言える存在です。もしも仮想通貨の価値が上がればビットコインの価値も上がりますし、反対に下がればビットコインの価値も下がります。すべての仮想通貨の基準として押さえておきたい種類だと言えるでしょう。

仮想通貨投資の始め方

実際に仮想通貨投資を始めようと思った場合、大きなポイントになってくるのは取引所の口座開設、日本への入金、取引開始といった3つです。それぞれについてご紹介しましょう。

取引所に口座を開設する

仮想通貨の取引は、インターネット上で仮想通貨の売買を行っている取引所と呼ばれるところを介して行うことになります。取引所の開設自体は無料で行えるので、気になるところを複数開設し、リスクを回避しましょう。

取引所の開設のためにはメールアドレスや免許証・パスポートなど本人確認ができる書類が必要です。アカウント登録した後に本人確認書類をアップロードなどの方法によって提出します。

すると、数日後に会員書類で本人確認完了のハガキが届くため、この段階になれば売買が可能になるのです。

日本への入金

仮想通貨を購入するための資金を入金します。取引所のログイン後のメニューから入金を選択し、銀行振り込みやコンビニ入金など対応している方法で入金を済ませましょう。

ちなみに、ビットコインの場合、最低購入単価は数百円から数千円となっています。テレビなどで1ビットコインが数百万円と報道されているため、手が出ない…と思っている方もいるかもしれませんが、ビットコインの最小単位は0.00000001BTCとなっており、少額でも購入が可能なのです。

取引開始

仮想通貨を購入します。こちらもログインこの場面から欲しい通貨を選び、買いたい枚数を選択したら購入をするだけ。

仮想通貨というと何となく難しいものを想像する方が多いかもしれませんが、取引の流れは非常にシンプルです。そのため、他の投資の経験がない方も始めやすいといえるでしょう。

仮想通貨投資の特徴について

仮想通貨は、他の投資方法と違う特徴がいくつかあります。特に大きなポイントについてご紹介しましょう。

土日の取引が可能

仮想通貨の魅力として24時間365日取引が可能な点は見逃せません。

例えば、株や投信の場合、土日祝日は休みですし、平日も午前9時~午後15時までしか取引ができません。

FX の場合は平日であれば24時間取引ができますが、基本的に土日や祝日は休みですよね。

そのため、土日や祝日しか投資に使える時間がないサラリーマンの方などにも向いているでしょう。

ボラティリティが高い

ボラティリティとは、価格が変動する幅のことを言います。

仮想通貨の大きな特徴としてこの点も押さえておかなければなりません。例えば、朝に30円だったものが夕方にはすでに70円になることも珍しくないのです。

だからこそ短期間での大きなリターンも期待できる資産を運用方法なのですが、相場の値動きが激しいということはそれだけ注意が必要だということ。例えば、初心者の方は特に気になって一日中動きをチェックしてしまうでしょう。

値動きはスマートフォンからでも簡単に見られるので、外出先や仕事中でも相場が気になってなにも手につかない…といったことにもなりかねません。

今から始めても大丈夫?

今現在仮想通貨に興味を持っている方の多くは、テレビやSNSで「仮想通貨に1,000,000円投資して50,000,000円を突破した!」といったようなかなり魅力的な情報を聞いたこともあるかもしれません。ただ、確かにそういった方は少ない投資額で現在高い価値を持っている仮想通貨を所持できているのかもしれませんが、これから仮想通貨の投資に参入しようと思った場合、価値が伸びた段階から手をつけることになるわけです。

例えば、もともと1だったものが100になったような状況で仮想通貨が騒がれており、100からスタートしたとしてもそれが1,000になるとは限らないですよね。もしかしたらもう伸び悩みの時期に来ているかもしれません。

ここで問題になってくるのが、損をするリスクに関することです。まだ仮想通貨が安い時代に購入した人は、現在の大きな値上がりでかなり得をしているでしょう。もしも落ちてしまったとしてももともとの投資金額が安く済んでいるため被害は少ないでしょう。

一方でこれから仮想通貨を始めようと思った場合、かなり値上がりした段階から購入しなければなりません。

当然ながら価値が落ちた場合に受ける打撃も大きくなるので十分に注意しておきたいですね。

取引所のリスク

仮想通貨による歳はまだまだ始まったばかりだといえます。そのため、リスクについて想像できない方も多いかもしれませんが、取引中のリスクについてはしっかりと押さえておきましょう。

例えば、次のようなものが挙げられます。

ハッキングの危険性

仮想通貨はインターネット上の取引所を介して行う取引です。仮想通貨最大のリスクと言われることもあるのがハッキングの問題。

「マウント・ゴックス事件」と呼ばれるものを聞いたことはないでしょうか。これは、2014年に起こった事件で、東京にある取引所のマウント・ゴックスと呼ばれるところで115億円相当が消失してしまったというものです。

この事件を聞いた方の中には、ビットコインが危険だと思った方もいるかもしれませんが、重要なポイントはビットコイン自体の危険性ではなく、ハッカーによって取引所が攻撃され、ビットコインが盗まれてしまったことにあります。

かなり強固なセキュリティだったとしても100%安全とは言い切れません。もちろん、他と同じパスワードを使う、2段階認証を利用してアカウントの不正ログインを防ぐなどの対策も重要になってきますが、なによりも信頼できる取引所を介した取引を行いましょう。

倒産リスクについて

倒産のリスクについても考えておかなければなりません。もしも取引所がハッキングされたなどの理由から顧客の資産が奪われてしまい、引き続き経営していくのが不可能な状態まで落ちてしまったら倒産のリスクも出てきます。

もしも取引所が倒産してしまった場合、投資家に投資した資金が戻ってくる可能性は非常に低くなるのです。先述したマウント・ゴックス事件でも投資家が預けていた資金は返ってこなかったと言われているので、こういったリスクについても十分に理解しておきましょう。

おさえておきたい詐欺コインの可能性

偽札があるように偽コインがあります。仮想通貨は新しいものが次々と誕生していますが、その中にはなんの価値も持たないものもあるのです。

FacebookグループやLINEグループなどで魅力的な仮想通貨の情報を受け取ったとしても100%信じてはいけません。ほとんど価値がない仮想通貨をうまく偽装して価値あるものに見せている方もあるので、本当にその仮想通貨の価値のあるものなのか、信用できるものなのか調べてから手を出す必要があります。

仮想通貨投資のメリット・デメリット

仮想通貨投資のメリット

1.少額からでも投資可能

ビットコインは一時期1BTC250万円前後まで上昇したこともありましたが、さすがにそこまでまとまった資金はすぐに用意できない…ということもいるでしょう。ですが、取引所によっては0.001BTCまたは0.0001BTCから購入可能なところもあるため、数千円~でも購入は可能となっています。

あまりにも少額の取引だと取引手数料の点で損をしてしまう可能性もあるので注意しておかなければなりませんが、たくさん資金がある人でなければ手を出せないものではないのです。

2.将来性が高い

ビットコインは新たな時代の投資方法だと言えます。投資としての手段だけでなく、仮想通貨を使って買い物ができる施設も徐々に増えてきており、今後は資金調達も仮想通貨で行う企業が増えていくのではないかと言われているのです。

実際に仮想通貨の価値が高まってきているのも将来性が高いと見込まれているからだといえるでしょう。将来性が期待できる通貨への投資ということもあり、注目を集めています。

3.銀行に預けるよりも高い利率で運用ができる

日本の銀行に預けておいたとしても年間の利率は微々たるものであるため、ほとんど増えません。ですが、現金を仮想通貨に変えるだけで大きな利益を上げることに成功している方もいます。

仮想通貨投資のデメリット

1.高いボラティリティにはリスクがある

ボラティリティの高さは非常に大きな魅力ではありますが、株やFXに比べると非常に激しく、10%以上を動くことを珍しくありません。もしも高騰しているタイミングで購入をしてしまった場合、暴落時のリスクは非常に大きくなります。

安定した当初方法であれば高騰や暴落はそれほど多いものではありませんが、仮想通貨の場合は頻繁に起きる危険性もあるのです。

2.新しく始まったばかりのシステム

仮想通貨による投資はまだまだ始まったばかりなので、今後の見通しがたてにくいのはデメリットだといえるでしょう。

注意しておかなければならないこととして、今仮想通貨の値上がりがテレビなどでも取り上げられていますが、これは仮想通貨の中でもバブル期にあたると言われているのです。ただ、仮想通貨自体がまだまだ新しい投資方法ということもあり、100%バブルとも言い切れません。

もしかしたらこのままの状態が保てるかもしれませんし、「やはり一時的なバブルだった…」と後から言われてしまうほど価値が落ちてしまう可能性もあります。

3.メンテナンス時の取引ができない

特徴の項目で仮想通貨は24時間いつでも取引が可能な点が魅力だとご紹介しましたが、取引所のメンテナンスが行われている間は取引ができません。例えば、不具合を改善するための臨時メンテナンス、機能追加・見直しのための定期システムメンテナンスなどがそれに該当します。

定期メンテナンスは長くても3時間程度となっており、事前にしっかりと告知されるのでこの点は問題ないでしょう。ただ、急な不具合などに対応するための臨時メンテナンスの場合、復旧までにかなりの時間がかかってしまう可能性もあります。

特にサーバーが不安定な取引所を選択した場合に臨時メンテナンスが起きやすくなってしまう可能性もあるのでこの点は注意しておきたいですね。

どの程度のリターンが得られるか?

仮想通貨投資による利益の出し方は、仮想通貨が安いタイミングで購入し、高くなった時に売る差益によるものです。日々大きく変動していることもあり、プロでも正確に値動きを予想するのは難しいと言われていますが、うまくいけばレバレッジなども活用してより高い差益を出すこともできるでしょう。

長期にわたって運用をしなければほとんど変動しない方法と違い、短期間でも莫大な利益が得られる可能性もゼロではありません。

仮想通貨投資の口コミ

少額で始められて良かった

仮想通貨が話題になり始めた頃に投資をスタートしました。まとまった資金が用意できなかったので数万円程度からの投資ですが、運良くかなり増えています。伸びしろの大きい市場だと思っているので、今後にも期待したいです。

土日しか時間が取れない自分にぴったり

サラリーマンをしていることもあり、平日にしっかり確認しなければならない当初方法は向いていないと思っていました。仮想通貨による投資であれば土日でも取引ができるので、平日に時間が取れない自分でも利用しやすいと感じています。

話題になる前に投資を開始できました

海外で仮想通貨が主流になる日も近いという情報を聞き、日本で話題になる前に購入できました。短期でも重ねる方法ですが長期投資のつもりで開始し、結果的に思っていた以上に価値が高くなり、しっかり稼げたので良かったです。

友人から勧められて投資を開始

かなり早い段階から仮想通貨に手を出していた友人からこれはすごいと評判を聞いて自分も参加することに。最初は訳がわからない状態でしたが、一つひとつ取引をする中で投資の楽しさも学び、少しずつ儲けに繋がっています。

リスクをしっかり考えた投資

仮想通貨は今大注目の投資方法の一つです。

ただし、とにかく短期間で稼げる、今絶対に手を出しておくべき投資方法!と安易に考えて開始するのはおすすめできません。確かに大きなリターンが期待できる投資方法ではありますが、その一方で大きなレバレッジをかけて損失を出してしまった場合にはマイナスになる可能性もありますし、ハッキングなどのリスクについても考えておかなければならないでしょう。

確かに話題の投資方法ではありますが、メリットだけに目を向けるのではなく、きちんとリスクも考えた上での投資をすることが重要です。

不動産投資の新しい形低リスク・ローリターンの投資について
もっと詳しく見る

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
公式サイトへ
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
公式サイトへ
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。
公式サイトへ

↑