HOME » 老後資金・貯金の資産運用・投資を成功させるために…

老後のための資産運用
成功させる知識

資産運用の大きな目的には、老後資金の貯蓄が挙げられると思います。しかしただ漠然と運用をしているだけでは、本当に必要な貯蓄ができづらいようです。老後のための資産運用を成功させるには、「目的」と一緒に「目標」をきちんと持つことも大切です。

成功のために押さえたい知識とは

老後の生活のためにおこなう資産運用。これを成功に導くためには、ぜひ押さえておきたい知識についてご紹介していきます。

老後必要生活費?

仕事を退職した後、夫婦2人で老後の生活を送ると考えると、食費や光熱費など日常的な生活費として必要な額は、1ヶ月間で最低でも22万円と試算されています。

夫婦2人でレジャーや趣味・人とのおつきあいなど、ゆとりある生活を送るためには、1ヶ月に36万円は確保したいところです。

詳しく見る

退職金年金をどう
生かすのか

退職金

退職金だけでは老後費用に不十分

退職金で老後を、とお考えの方もいるかもしれませんが、実は退職金だけでは、ゆとりある老後生活を送るのに不十分です。現役時代の貯蓄はもちろん、退職金の一部で運用をおこなうなどして不足を補いましょう。

年金

年金の空白期間と不足分を考える

夫婦二人の場合、1ヶ月に換算して公的年金の支給額は、約22万円弱程度〜となっています。公的年金の支給開始は65歳からですので、60歳定年の場合5年間の空白期間があり、その点も考えなければいけません。

詳しく見る

退職金を銀行で運用する際の
注意点は?

退職金の運用をどうするか悩む方は多いでしょう。その際の選択肢の一つとして退職金を用いた定期預金です。ただ、適当に退職金で定期預金を始めたからといって必ずしも良い結果になるとは限りません。そこで、退職金を用いた定期預金とは何なのかまた、銀行で運用する際の注意しておきたいことについてご紹介しましょう。

退職金を銀行で運用する
際の注意点を詳しく見る

りそな銀行の
退職金きちんと運用プランを解説!

りそな銀行の「退職金きちんと運用プラン」について解説します。

りそな銀行「退職金きちんと運用プラン」を詳しく見る

三井住友銀行の
退職金運用プランを解説!

三井住友銀行の退職金運用プランについて解説します。

三井住友銀行の「退職金運用プラン」を詳しく見る

みずほ銀行の
退職金運用プランを解説!

みずほ銀行の退職金運用プランについて解説します。

みずほ銀行の「退職金運用プラン」を詳しく見る

三菱東京UFJ銀行の
退職金運用プランを解説!

三菱東京UFJ銀行の退職金運用プランについて解説します。

三菱東京UFJ銀行の「退職金運用プラン」を詳しく見る

資産運用のリスクの考え方

価格変動リスク

市場価格の変動により、購入価格よりもマイナスとなってしまうリスク。

市場価格が変動することにより、購入額を下回ってしまうリスク。値動きの激しい株式投資などは、このリスクが高くなります。

金利変動リスク

金利が変動することによって、利息による収益が影響を受けてしまうリスク。

金利が変動することによって、利息による収益が見込めなくなるリスク。定期預金や固定利付債券などの商品に当てはまります。

為替変動リスク

外貨レート(為替)の変動によって、購入時よりも損失が出てしまうリスク。

為替市場の変動により、元本割れを起こしてしまうリスク。市場が円高に振れると、外貨建ての金融商品でこのリスクが高まります。

詳しく見る

資産運用を成功に導く
3つのポイント

老後資金を貯蓄するために始める資産運用、成功させるためには事前に準備することが大切となります。それでは、資産運用を始める事前準備をするときに、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

詳しく見る

POINT
1
いつまでにどれだけ
貯めるか目標を立てる

現時点の貯蓄額から必要な老後資金を算出し、いつまでにどれだけ貯めるか目標をきちんと定めましょう。

POINT
2
リスクがあることを
念頭に置く

資産運用には多かれ少なかれ、必ずリスクがあるということをしっかりと念頭に置いて準備しましょう。

POINT
3
リスクから逃げずに
運用をする

リスクは避けられないので、それも含めて自分に合った無理なく運用できる商品を選択していきましょう。

手数料を抑えて
資産運用を行うべき理由

資産運用の際、意外と見落としてしまいがちなのが手数料の問題です。資産運用で利益を得るカギは手数料にあります。ここでは手数料にこだわるべき理由と手数料の種類について紹介します。

詳しく見る

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑