HOME » 老後資金・貯金の資産運用・投資を成功させるために… » 資産運用を成功に導く3つのポイント

資産運用を成功に導く
3つのポイント

リスクを理解した上で上手に資産運用が行えれば、豊かな老後の生活を支えるのに、十分な収益を得ることも可能です。しかしリスクがある以上、失敗しないとは必ずしも言えません。資産運用を成功させるためには、どのようなことに気をつければ良いでしょうか。

リスクもある資産運用を成功に導くためには、どのようにしたら良いのでしょうか。ここでは、押さえておきたい3つのポイントをご紹介していきます。

ポイント1
「いつまでにどれだけ貯めるか目標を立てる」

豊かな老後生活のための貯蓄は、基本的に長い期間をかけて準備していくものです。
そのため、ただ漠然と資産運用を行っていては、本当に必要な時に必要なものが手元にないという事になりかねません。

そんな危険性を避けるためには、現時点の貯蓄額から必要な老後資金を算出し、いつまでにどれだけ貯めるか目標をきちんと定めましょう。
目標が定めれば、自ずと目的意識をしっかりと持った、賢い資産運用もしていけると思います。

ポイント2
「リスクがあることを念頭に置く」

資産運用を行う目的は、現在の資金を増やしていく事にあります。
確かに上手に運用することで、収益としてリターンを得ることができますが、資産運用には多かれ少なかれ、必ずリスクがあるということを忘れてはいけません。

大きな収益を得ることばかりに集中して、ギャンブル性の高い運用ばかりをしていては、手元に資産が残らないばかりか、負債を抱えることにもなりかねません。
ですので、運用にはリスクがあることを、必ず念頭に置きましょう。

ポイント3
「リスクから逃げずに運用をする」

資産運用には、資金を増やしていくというメリットと合わせて、損をするかもしれないリスクもあります。
運用する商品によって大小こそありますが、運用していく以上リスクはどうしても避けられないのです。

ですので、それも含めて現在の自分に合った、無理なく運用できる商品を選択していくことが大切になってきます。攻める資産運用と守る資産運用、このバランスを上手にとりながら、豊かな老後のための貯蓄をしていきましょう。

「初心者にありがちな資産運用の失敗例」

資産運用を始めたばかりの方は、思わぬ落とし穴にはまってしまうことも多いものです。初心者が陥りがちな失敗例を知っておけば、運用の成功へのカギとなるかもしれません。

資産運用の目標がない

資産運用は、明確な目標額や具体的な人生設計を持って初めて意義を持ってくるものです。はっきりとした目標を持たずに、ただ漠然とお金を増やしたいという感覚で資産運用を始めると、目先の数千円・数万円単位の損益に一喜一憂する羽目になり、判断の目が鈍る原因となってしまいます。これは多くの運用初心者が最初に通る失敗です。

売却ルールを決めていない

投資を始めたばかりの初心者の方は、相場が想定外の変動を見せたとき、ついつい焦ったり欲が出たりして冷静な判断を失ってしまいます。ご存知の通り、「これ以上下がるはずがない」という動揺や、「また値上がりするはず」といった間違った希望的観測が命取りとなり、巨額の損失をもたらすことも珍しくないのが投資の世界の常です。非常事態にも冷静さを失わないためには、転ばぬ先の杖として「この銘柄は上限○○円、下限△△円になったら売る」といった明確な売却ルールを必ず設定しましょう。

単一銘柄での資産運用

分散投資は資産運用の基本中の基本といえるテクニックです。まったくの初心者から少し経験を積んだ人にありがちな失敗として、初めにいくつかの銘柄で運用していたところ、そのうちのひとつの銘柄で利益を出し、「資産全額をこの銘柄に投資していれば○○万円利益が出ていたはずなのに…」と欲をかいて単一銘柄運用に手を染めてしまい、結果的に大損失を出すというケースがあります。どんなに安泰に見える銘柄でも絶対値下がりしないということはあり得ません。投資額を増やせば増やすほど値が下がった際には当然大きな損失につながり、リカバリーできない場合は市場取引から手を引くはめになります。

分散投資の方法が悪い

分散投資が資産運用の基本テクニックだとは言っても、ただやみくもに複数の銘柄を買っておけば良いというわけではありません。分散投資の失敗例としては、同一業界内で複数社の銘柄を買うといったケースが代表的です。成長産業と見込んでその業界の株ばかり運用していた場合、業界全体を揺るがす不祥事などで大暴落が起こったとき、資産総額は大幅に減少してしまうでしょう。

分散投資を行うなら、複数業界で運用する、国内株式・外国株式の双方を運用する、金融資産・現物資産の双方を運用するといった基本ルールを守り、効果的なリスクヘッジを行います。

リスク管理ができていない

初心者投資家の場合、株の動向が好調だと思わず自分の資産状況や市況を客観視する冷静さを失ってしまうことがあります。この傾向は、少し利益が出始めたぐらいのころにとくに顕著で、投資に慣れてきたという自負により「景気が良いから値下がりなんてするはずはない」といった間違った希望的観測を信じ込んでしまい、売買のタイミングを誤ってしまうのです。このような失敗を防ぐためには、常に希望的観測と悲観的観測の双方を念頭に置いて取引を行うことが大切といえるでしょう。最悪の場合を想定しながら運用を行えばおのずと慎重になり、凡ミスで損失を出すことも少なくなってきます。

専門家の意見を鵜呑みにしてしまう

熱心な初心者の方は、インターネットやセミナーなどでプロの投資家が行う投資のアドバイスを聞いて勉強していることでしょう。しかし、こういった専門家によるアドバイスに落とし穴が潜んでいることも少なくありません。そもそも、どれほど優秀なプロの投資家であっても判断ミスをまったく犯さないということはあり得ません。資金に巨額の余裕を持ったプロ投資家は、少しくらいの判断ミスがあっても十分にリスクヘッジができますが、限られた範囲内で運用している初心者投資家にとってはそれが命取りとなります。専門家が推奨している銘柄だから安心といって盲目的に信用してしまうのは考えものです。専門家の意見は、あくまで参考程度に留めておくようにしましょう。

資産運用の勉強をしていない

上記で述べた例とは逆に、まったく投資の勉強をしない初心者の方がいますが、これは丸腰で戦場に参戦しているようなもの。このタイプの方は証券会社の担当営業と頻繁に電話でやりとりし、おすすめの銘柄を聞き、すすめられるがままに取引するというスタイルを取っていることが多いです。確かに証券会社は資産運用のプロなので有益な情報をくれることも多いのですが、彼らは取引手数料で利益を得るために個人投資家にアドバイスをしているということを忘れないでください。ご自身の資産を守り、かつ着実に増やしていくためには、自分自身の手と目でしっかりと情報収集することが大切です。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑