資産運用のリスクの考え方

老後資金の貯蓄には、資産運用が有効な方法として注目されています。しかしこの資産運用には、収益というメリットの他に「運用リスク」というデメリットも必ず付いてきます。つまり、資産運用を行う際には、必ずリスクについても考えなければなりません。

どんな「運用リスク」があるの?

資産運用には、商品によって内容が異なりますが、必ずリスクが付いてきます。それでは、「運用リスク」として代表的なものをご紹介していきましょう。

価格変動リスク

為替や株の市場価格の変動で、損失が出てしまうリスク

為替レートや株式の価格は、上がったり下がったりと日々市場で変動を繰り返しています。この変動により購入時の価格を下回ってしまうと、損失が出てしまう危険性のことを「価格変動リスク」といいます。

企業の信用性や世界情勢に影響を受けやすく、特に値動きの激しい株式投資などでは、その変動が大きくプラスに働くこともある分だけ、このリスクにより多大な損失が生じる可能性も高いのです。

金利変動リスク

金利が変動することによって、利息による収益が減るリスク

金融市場の金利が変動することによって、利息による収益が見込めなくなる危険性のことを「金利変動リスク」といいます。

このリスクに当てはまるのが定期預金や固定利付債券などの商品です。利息による収益を目的とした商品には「固定金利」と「変動金利」があるのですが、この「金利変動リスク」を受けやすいと考えられるのが「変動金利」の商品。始めた時の金利よりもマイナスに変動すれば、大きく収益を減らすこととなります。

為替変動リスク

外貨レート(為替)の変動によって、損失が出てしまうリスク

外貨預金など日本円以外での運用商品では、為替市場の変動により元本割れを起こしてしまう危険性があります。このリスクのことを「為替変動リスク」といいます。

市場が円高に振れると、為替損益が発生してしまうため、外貨建ての金融商品でこのリスクが一斉に高まってしまうのです。もちろんその反面、市場が円安に振れれば為替収益が発生し、大きなリターンも期待ができるわけです。

分散投資のテクニック

投資をする際は、分散投資が基本です。今、資金を500万円持っているとして、その500万円をすべて1社の株式購入に充てると、その会社が倒産した時にすべてを失ってしまいます。もし、分散投資で5社に100万円ずつ投資をしていたら、1社が倒産しても4社分の株式は生き残り、破産することはありません。

これは極端な例ですが、実際の投資でも基本的な考えは同じです。分散投資のテクニックをいくつか紹介しましょう。

  • ドルコスト平均法
  • 預貯金、株式、債券への分散投資
  • 違う分野の会社へ分散投資

ドルコスト平均法

投資信託などを、一定の「金額」ずつ積み立てていく手法です。投資信託は値動きがありますが、毎月一定額ずつを積み立てていくと、基準価格が上がっている時は少なめに購入、基準価格が下がっているときには多めに購入でき、結果的により有利に投資できます。

ただ、ドルコスト法も万能ではなく、値動きがどちらかに一方的になると損をしてしまう投資法です。毎月積み立てているからと安心し切らず、値動きに関してはしっかりと関心を持ち続けることが重要です。

ドルコスト法が有利に働くのは、ある一定の値幅で行ったり来たりすることが分かっている場合ですので、そのような相場が続いているなら、ぜひ取り入れてみてほしい分散投資のテクニックです。

預貯金、株式、債券への分散投資

リスクの高い投資とリスクの低い投資への分散投資も、基本的なテクニックです。預貯金はあくまでもキープしながら、債券、さらには株式というリスクの高い投資にも挑戦していくことで資産は増えていきます。この時覚えておきたいことが、債券と株式は一般的に動きが反対になることが多いので、両方に分散投資しておくと安心ということです。

この考え方は、たとえば為替取引でも同じで、ある通貨を売りと買いで両方持っておき、どちらかに大きく動いた方を活かしてもう一方は損切りすることで利益を確定する、という形でも行われます。

預貯金は、今も低金利のままなのでそこに置いておいても資産は増えませんが、元金がなくなることもないので最も安全です。性質の違う市場でリスク分散をしながら投資をして、より多くの利益を上げる工夫をしていきましょう。

違う分野の会社へ分散投資

同じ株式投資の中でも、さまざまな分野への投資が考えられます。株式投資をする際、違う分野の会社へ投資しておくと、リスクが分散されます。冒頭に説明した倒産リスクの話だけではなく、分野が違うと値動きも違うので、分散投資しておくと安心なのです。

例えば円高に傾くと、一般的に輸出で利益を得ている企業は苦しくなり、輸入で利益を得ている企業は利益を得やすくなります。その他、不動産関係や食品会社など、それぞれトレンドが異なる分野は多々あるので、分野が偏らないように投資しておきましょう。

最初は低リスクの商品で感覚を掴んでおくのもポイント

いきなりハイリスクハイリターンの商品に挑戦して投資資金を失ってしまうと、投資の感覚を学ぶ前に終わってしまいます。まずは、低リスクの商品で投資とはどういうものかを学ぶ機会を作ってください。

リスクを回避するために必要な心構え3か条

資産運用の3つのリスクを理解したら、さらに心構えとして3点ほど説明します。これらの内容を理解していかにして資産を大きくしていくかの基本的なスタンスを身に付けてください。

大儲けより大損しない運用を心がける

人間の心理は、油断をしていると知らず知らずのうちにより大損をする方へと考えが向く傾向があります。そのことを示す有名な心理学の質問があります。以下の2つの質問に答えてみてください。

《設問1》ラッキーな宝くじが2種類ありますが、あなたはどちらを引きますか?

  1. 10%の確率で100万円当たる
  2. 必ず10万円当たる

《設問2》今投資で10万円の含み損を抱えています。明日になれば50%の確率でさらに90万円分下がり、含み損が100万円になるかもしれません。しかし、その一方で、明日になると元の値段になり、今の含み損が消える可能性もあります。この状態で、あなたはどちらの行動をとりますか?

  1. 明日の朝まで様子を見る。50%の確率で100万円損するが50%は損しない
  2. 今すぐ損益を確定する。必ず10万円損する

この問い、1問目なら2を選び、2問目なら1を選ぶ人が多いと言われています。人は、リスクを取ることを嫌がるので、リスクがない可能性にかけてしまいがちです。しかし、冷静に考えれば、2分の1の確率でこの理論を「プロスペクト理論」と呼びます。

下がり続けている株を売って損失を確定するのを怖がっているうちに、もっと損失額が大きくなる…。このような現象は誰にでも身に覚えがあるでしょう。「損して得とれ」ということわざではありませんが、時には損失を受け入れてさっさと確定させることこそ、自分の資産を守り、次の儲けるチャンスに備えることが重要です。

資産を運用する具体的なテクニックについては次で説明します。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑