新‧お金の増やし方。資産運用で勝つための必勝法

お金を「増やす」ためには何をするのがよいのでしょうか?
コロナの影響でお金の常識が変わりつつある現代。私たちに求められているのは、そう、時代に合った資産運用術です。
このサイトでは、お金を「増やす」方法に注目し、さまざまな投資のトレンド情報をお届けします。

イメージ
事業性の高い投資商品を扱う
おすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る

Unearned
income life

【⽬指せ不労所得⽣活】不動産投資家になるには?
基礎知識学

投資初心者の方もまずは知っておくべき”不動産投資”。不動産投資を知ることは、さまざまな投資に関する知識の習得にもつながります。

「利回り」とは?

「利回り」という言葉の意味を正しく理解していますでしょうか? 「利率」と混同してしまうこともあるため、「利回り」と「利率」の違いを把握しておきましょう。

「利率」は、定期預金や国債の金利等、預金や額面に対して発生する金利のことを指しています。 例えば、利率が1%の定期預金に100万円を預けた場合、1万円の利息を受け取ることになります。額面や元本に対して何%受け取ることが可能かを表すものが利率です。
一方で「利回り」とは、投資金額に対する収益の割合のことを指しています。 利息だけでなく、例えば投資商品を売却した場合に得られる売却損益なども含み、通常は1年間の「年利回り」のことを指していることが多いです。

事業としても面白い
投資商品とは?

日常生活でふと、”こんなものがあったらいいな…。”と思う部屋や施設を実現し、事業として運営していくことも投資の魅力のひとつと言えます。事業性の高い投資と言われる「不動産投資」は初期費用にかなりの資金が必要となりますが、少額から始められる投資もあるのです。

By occupation

【職業別】かしこい資産運⽤術

職業・立場から考える賢い資産運用
職業や立場を考えそれに合う資産運用術を紹介します。定期的に収入が入ってくる仕事は、お金を守る意味でも増やす意味でもとても重要です。「守る」面でも、定期的な収入=定期的な貯蓄の土台になります。そしてその「守る」貯蓄が、後の「増やす」につながるのです。

By annual
income

【年収‧貯蓄別】おすすめの資産運⽤術

つかえる資産・貯金額から考える老後を見据えたオススメ資産運用
資産運用をおこなうには、当然ですが投資するためのお金が必要となります。しかし、利用できる資金・貯金額というものは人それぞれです。そこでここでは、運用のためにつかえる資金・貯金額別に、老後を見据えたおすすめの資産運用方法などをピックアップしてみました。

100万円からの資産運用

少ない資産を有効に運⽤していくのに適している商品は?

例えば年代の若い方や主婦の方に多いのが、資産運用につかえる資産・貯金額が100万円までという方。少額から始めたい・運用が初心者という方にもつかえる老後を見据えたおすすめの資産運用について、資金の貯め方や運用の方法についてご紹介していきます。

300万円からの資産運⽤

元金を生かしつつ有効に資産を増やしていくためには。

資産運用につかえる資産・貯金額が300万円までという方に合った、運用の方法や資金の貯め方などについて解説していきます。その上で、予算の範囲内でできる資産運用商品をいくつかピックアップし、老後を見据えたおすすめの資産運用としてご紹介していきます。

500万円からの資産運⽤

少しずつ貯蓄もできてきた頃。攻めの資産運用にもチャレンジを。

資産運用につかえる資産・貯金額が500万円までという方に合った、運用の方法や資金の貯め方などについて解説していきます。年齢的に中高年層である場合も多く、そんな現在の生活にも沿いながら、おすすめの資産運用方法をピックアップしてご紹介していきます。

800万円からの資産運⽤

運用していく資金と、堅実に守っていく資金で将来に備える。

資産運用につかえる資産・貯金額が800~1,000万円までという方に、資産の貯め方や運用の方法などについて解説。高額な資金の運用も可能であることも加味しながら、豊かな老後のためにオススメ出来る資産運用商品をピックアップし、プランとしてご紹介していきます。

1,000万円からの資産運⽤

あまり冒険はせず、安定を重視した資産運用を目指しましょう。

資産運用につかえる資産・貯金額が1,000万円以上という方は、かなりの高額な資金を運用できる方です。しかし、投資額が大きくなればリスクも比例して大きくなることを理解しなければいけません。その点も踏まえながら、おすすめの資産運用方法をご紹介します。

高額運用をするなら
いくつかに分けることも
視野に

1,000万円もの額を資産運用する場合、ひとつの金融商品に頼ってしまうとリスクも伴います。そのため、複数の異なる投資を行いリスクを分散させる方法もあります。投資をするのであれば、このサイトで知識を深めるとともに、まずは専門家にご相談を。
このページではさまざまな投資商品を紹介すると共に、資産運用の相談が可能な会社も紹介しています。

By age

【年代別】未来にお⾦を残す
資産運⽤とは

始める年代で適した資産運用とは
年金支給額の減額や低金利など、定年後の生活を支えるものが退職金だけでは、悠々自適、豊かな老後は難しいかもしれません。そこで注目されているのが資産運用です。実は運用を始める年齢、年代によって適した資産運用方法は違うものです。

By risk & return

【リスク&リターン別】資産運⽤の種類を
紹介

金融商品のリスクとリターンを見極めよ。
資産運用の商品には、利益となってかえってくる「リターン」と、損益となってかえってくる「リスク」が存在します。リターンとリスクは比例しており、大きな利益が期待できる資産運用方法は、その分大きな損益が出る危険性が高い運用方法でもあるのです。

ミドルリスク
ミドルリターンの例
不動産投資の歴史

例えば、不動産投資の歴史は古く、起源は江戸時代から。江戸に出稼ぎにきた地方の農民に対し、お金持ちの商人が家を建てて貸し出したのが始まりと言われています。
しかし今の時代、この方法で収益を上げようにも江戸時代のようにうまくはいきません。時代と共に考え方を変えていく必要があります。
こうした意味合いにおいても、投資の”今”を知ることが大切だと言えるでしょう。

Original
research

利回りが期待できる投資商品を
独⾃リサーチ

今ある自分の資産を守る強い味方
利用ユーザーが多い定期預金や保険・個人年金も資産運用のひとつ。誰もが手軽に始められる金融商品から、株式投資や仮想通貨までピックアップ。景気の動きはプロの投資家さえ困惑するもの。金融市場の収益機会を逃さないよう、まずは知識をしっかりと身につけましょう。

For old age fund

⽼後資⾦‧貯⾦の資産運⽤‧投資を
成功させるために…

増やして守る。老後のための資産運用
物価の上昇や年金など、将来の生活に不安が高まりつつある昨今、豊かな老後を送るために資産運用をお考えになる方が多くなってきました。しかし資産運用には、メリットだけではなくデメリットも存在します。ここでは、老後を健やかに過ごすための資産運用に必要な知識として、いくつかのポイントを挙げさせていただいています。

Investment
company
summary

安心して資産運用を相談できる
投資会社をまとめました!

今注目すべき投資商品を知る
老後の豊かな生活のためおこなう資産運用ですが、投資するお金も大切な資金に他なりません。そこで、投資が初めての方でも安心して資産運用の相談ができる、何社かの投資会社をピックアップしています。それぞれの取り扱っている商品や会社の特徴をご紹介していますので、資産運用を始めるための一つの資料としてお役立てください。

Basic review

初⼼者でも知っている
資産運用の基本おさらい

資産運用にはさまざまな手法がありますが、どの手法にも共通する基礎知識というものがあります。ここでは、資産運用全般に必要となる今注目の話題から基礎知識について紹介します。

事件から学ぶ
投資のトラブル

投資関連の様々な事件について調査してみました。大きなお金が動く投資。自分だけではどうにも立ち行かなくなる前に、トラブルに巻き込まれない方法をしっかり学んでおきましょう。

PR

今⾏くべきおすすめのトレンディ投資セミナーを知る

さまざまな投資商品の中でも、一般的に不動産投資に分類される投資はお金の動きを見守る株やFXに比べて事業性の高い投資商品と言えます。
当サイトではこれからの不動産投資に着目し、今注目のトレンディ投資のセミナーについて調査しました。