利回りが期待できる投資商品を独自リサーチ

イメージ

投資のトレンドをキャッチアップ!

今注目すべきは「事業性の高い投資商品」

さまざまな投資商品の中でも主に「動産投資」や「不動産投資」に分類される投資商品は、投資信託や株、債券、FXなどの金融商品に比べ、事業性が高い商品と言われています。

節税対策や資産運用の一環として活用されることも多い動産・不動産投資ですが、入居者を募集したり、物件を管理したり、ターゲットに合わせてリフォームしたりと、事業として運用のしがいがある金融商品と捉えることもできます。
マネジメントやマーケティングを駆使した運用をすることで高い利回りが期待できると考えられる一方で、一人ですべてを回すにはかなりの知識と経験、そして労力が必要となります。初心者が物件を購入し、その後の管理・運用までまかなおうとしても、そううまくいかない…。これが動産・不動産投資の実態と言えます。

こうしたときに大切なのは、管理や運用方法まで任せられる投資商品です。物件・商品だけを売買しているケースもありますので、まずはセミナーや相談を経てから物件情報入手に着手することをおすすめします。

そこで、このサイトでは”楽しく”、”手間をかけずに”、”利回りが期待できる”トレンド投資商品として、事業性の高い投資商品をいくつかピックアップして紹介します。

事業性の高い投資商品を扱う
注目の3社を今すぐCheck!

エントリーNo.1民泊投資
個人の所有する自宅や別荘などの不動産をホテル代わりに貸し出す民泊

Airbnbで知名度が大きく上がった民泊。民泊投資は大きく「オーナー運用」「サブリース運用」「転貸運用」の3種類に分けられます。

民泊投資

うまく運用できれば、大きな収入を得ることも可能です。営業日数の制限や、近隣住民とのトラブルなど抱える問題もありますが、高利回りが期待できる投資として今後さらに注目を浴びそうです。

エントリーNo.2シェアハウス投資
単身者向け賃貸住宅の利回りより高くなる傾向がある投資商品

シェアハウス投資は1戸当たりの部屋面積を狭く抑えることで部屋数を多く出来ることや、水回りなどの初期設備を少なく済ませることから利回りが期待できる投資です。

シェアハウス投資

管理のノウハウが少ない事や法整備によってシェアハウスの基準が変わってくるなどの問題もあります。その際にどのように対処するかが重要になってきます。

エントリーNo.3レンタルスペース投資
多目的利用が可能なスペースとして時間単位で貸し出し利益を上げる投資法

サードプレイスという言葉が流行した際に、自宅と会社以外の場所の提供ということで注目を浴びました。

レンタルスペース投資

賃貸住宅や空き家、オフィスビルの一室など、様々な場所が選択でき、初期費用も安く、低コストなので気軽に始めることが出来ます。

エントリーNo.4トランクルーム投資
一般的には単身者向け賃貸住宅の利回りより高くなる傾向がある投資商品

不動産投資の中でも有望と目されている投資法です。年々その数が増えてきており、2018年の時点で250世帯に1世帯の割合でトランクルームを利用していることになります(※)。

参考:トランクルーム・キュラーズ https://www.quraz.com/trunkroom/
トランクルーム投資

初期投資はそれなりにかかりますが、維持費やコストがほとんどかからず、空きスペースや土地を有効的に活用できるので初心者でも始めやすいと注目されています。

エントリーNo.5キャンピングカー投資
キャンピングカーを購入して顧客に貸し出し利益を出す、時代に合った投資法

初期費用はキャンピングカーの購入代のみなので、初めての投資でも気軽に始められます。貸し出しのない時は自分で使用できるので、キャンプやアウトドア好きの人にはおススメです。

キャンピングカー投資

まだまだ知名度が低く競争率は低いので、マーケティングを拡大するチャンスはたくさんあります。

エントリーNo.6フードデリバリー投資
シェアキッチンと料理人を月額で借り上げて、独自の飲食店を出店する投資法

料理を「Uber Eats」などのデリバリー業者に配達してもらい利益を出します。実際の店舗を持たないので、初期費用や設備投資費が抑えられるのも魅力です。

フードデリバリー投資

新型コロナウイルスの流行により、外食する機会が減りデリバリーサービスが活発化していますので、社会情勢次第で大きな利回りを出すことが出来ます。

これらの投資商品に共通するポイントとは?

まずは”転貸物件”から始めるのが吉

転貸とは、不動産会社などが賃貸物件を選んで一括して借り上げたあと、一般の方と賃貸借契約を結ぶシステムのことを指します。このシステムは法律的にも認められており、「又貸し」や「サブリース」がこれに当てはまります。
不動産投資の場合、転貸物件を選ぶことで100万円や200万円などの少額から投資が始められることは大きなメリットと言えます。また、専門の会社が間に入ることにより安定して物件管理が行えることもメリットとして挙げられます。冒頭でも説明した通り、投資商品を管理するにはかなりの時間とコストが必要となります。転貸物件であればこうした手間を限りなく減らして管理を行うことができると言えるでしょう。

一方のデメリットはというと、自分で管理するよりも管理費用が掛かることが想定されます。しかし、こちらのデメリットはすべてを自分で管理・運用できる方のみに影響するものであり、それほど大きな問題とはならなそうです。

実は、転貸物件を取り扱う会社は限られており、それほど多くはありません。そこで、このサイトでは転貸物件を取り扱っている会社をピックアップして、以下で紹介します。

投資のトレンド
「転貸物件」を扱う
注目の3社

”楽しく”、”手間をかけずに”、”利回りが期待できる”トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月Google検索による)。

部屋バル
幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ
部屋バル
引用元HP:部屋バル
https://ta-japan.com/
民泊物件.com
民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
  • たくさんの物件から物件を吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ
民泊物件.com
引用元HP:民泊物件.com
https://minpaku-bukken.com/
リスタートジャパン
都内の物件を見たい方はまずここをチェック
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ
リスタートジャパン
引用元HP:リスタートジャパン
https://rj104.xsrv.jp/

利回りの高い投資が期待できる!
転貸物件を取り扱う
3社を詳しく紹介

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!

部屋バル

部屋バル
引用元HP:部屋バル
https://ta-japan.com/

部屋バルの特徴

特徴 #1
民泊投資での実績と独自のノウハウをもつ大手サイト

民泊の物件掲載数、紹介数など業界を牽引しているサイトです。運営元の株式会社スリーアローズは、不動産の取り扱いだけでなく宿泊業者向けの企画運営や自社で民泊物件の運営も行っている為、企画力やノウハウが多く蓄積されています。どのように始めたらいいか?利益率を上げるにはどうしたらよいか?などの相談にも事例を出して応じてくれます。

特徴 #2
民泊サービス業界マップに掲載されている民泊界の水先案内人

民泊サービス業界マップ(2019年度版)に「民泊物件」業者として紹介されています。民泊の物件を探したり、購入したりするサイトのひとつとして『部屋バル』があげられています。民泊投資の「水先案内人」として、これから投資を始める人のガイドとなっていくことでしょう。

部屋バルの
最新物件を見る

部屋バルはこんな人におすすめ

  • 民泊投資初心者の方
  • 高い利回りを目指したい方
  • セミナーや勉強会で情報交換したい方

部屋バルのセミナー情報

部屋バルで受けられる無料セミナー情報の一例をご紹介します。部屋バルでは時代に沿った情報を提供すべく、定期的にセミナーを開催しています。最新のセミナー情報は公式サイトにて確認できます。

再燃の民泊

落ち込んだ旅行需要のリバウンドを狙うときです。需要が回復するタイミングを伺っている方が多い根強い人気の民泊ビジネスです。現在の民泊事情と、民泊投資おすすめエリアを紹介します。

300万前後の資金で利回り60%を実現(※)

新型コロナウイルスの流行によって生活様式が変わった今、プライベートスペース需要が急増し注目されているレンタルスペース投資。利益の出し方、物件のご紹介まで詳しく説明します。
(※:2021年3月時点公式サイトより)

会社概要

社名 株式会社スリーアローズ
代表取締役 長谷川 翔
所在地 東京都港区芝4‐3‐11 VORT三田駅前3階
設立 平成28年4月27日
資本金 10,000,000円
事業内容 ・不動産賃貸、売買、管理、シェアハウス、マンスリーマンション運営事業
・宿泊業向け物件の企画運営、仲介事業、売買事業
・インテリアコーディネート
・民泊
・旅館業の申請サポート
免許番号 東京都知事(2) 第99320号

部屋バルのセミナー情報を
詳しくチェック

民泊投資を考えるなら
避けては通れない情報多数

民泊物件.com

民泊物件.com
引用元HP:民泊物件.com
https://minpaku-bukken.com/

民泊物件.comの特徴

特徴 #1
国内屈指の累計10,000物件を掲載

運営元の株式会社スペースエージェントは、オフィスの賃貸から内装デザイン工事まで幅広く事業を行っています。その為、紹介できる物件数が非常に多く、また自社で内装工事した物件も多数あるので内装工事やインテリアデザインの相談も可能です。また民泊利用のための転貸許可が出た物件情報のみを掲載しているので、自分で許可などを取る必要もありません。

特徴 #2
スマートフォンアプリでも利用可能

専用のスマートフォン向けのアプリがある為、外出先でも物件の確認が出来ます。希望の条件を登録しておくと、物件が掲載された際にプッシュ通知で知らせてくれます。見やすいレイアウトなので、誰にでも簡単に使って頂けます。

民泊物件.comの
最新物件を見る

民泊物件.comはこんな人におすすめ

  • 出先でも情報を仕入れたい方
  • 多くの物件から選びたい方
  • 空きビルの活用をしたい方

民泊物件.comのセミナー情報

民泊物件.comで受けられる無料セミナー情報の一例をご紹介します。民泊物件.comでは時代に沿った情報を提供すべく、定期的にセミナーを開催しています。最新のセミナー情報は公式サイトにて確認できます。

投資ビギナーでも高収入実現可能

民泊業界の今をお届けし、物件の活用法も伝授します。いかに集客力(稼働率)を上げるか、日々オーナー達は創意工夫されています。SEOを上げる工夫、ゲストのツボを突く効果的な施設造り、立地選びのポイントなど、今すぐ役立つ“運営の秘策”が満載です。

なぜ今が参入のチャンスなのか

新型コロナウイルスの影響で民泊業界も悲鳴を上げています。民泊事業者の多くがこの1年で撤退を余儀なくされました。しかし、そんな時だからこそ新たな投資やビジネスを始める『千載一遇』のチャンスです。今の需要は何か?今後予想されるのはどのようなことか?余すところなくお伝えします。

会社概要

社名 株式会社スペースエージェント(英文商号:SpaceAgent, Inc.)
代表者 紙中 良太
設立 2015年4月
本社 〒105-6924 東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー24F
資本金 3億3600万円(資本準備金含む)

民泊物件.comのセミナー情報を
詳しくチェック

都内の物件を見たい方は
まずここをチェック

リスタートジャパン

リスタートジャパン
引用元HP:リスタートジャパン
https://rj104.xsrv.jp/

リスタートジャパンの特徴

特徴 #1
空き家を活用

現在空き家の数が増え続けており、空き家対策が注目を集めています。昨今、国内でもプライベート空間を重視した旅行が重視されていることから、有効な資源である空き家を民泊旅館に改修することで、今後も増え続ける日本人旅行者や訪日外国人への対策と資源の有効活用を行っています。

特徴 #2
東京23区内の物件を中心に紹介

将来的にホテル運営の収益が下がったとしても、都心の駅近物件であったならば賃貸物件として貸し出すことも可能です。その際には、戸建物件として貸し出すことはもちろん、店舗として貸し出すことも可能です。このように、リスクを分散し東京23区の強みを十分に活かせる方法を紹介しています。

リスタートジャパンの
最新物件を見る

リスタートジャパンはこんな人におすすめ

  • 空き家を上手く活用したい方
  • 一軒家の旅館を運営したい方
  • まずは専門スタッフに相談したい方

リスタートジャパンのセミナー情報

リスタートジャパンではセミナー情報はありませんでした。

一部の地域からは30分3,000円でオンラインセミナーの申し込みが可能です。問い合わせは無料で出来ますので、まずは物件をチェックしお問い合わせをすることをおすすめします。

会社概要

社名 リスタートジャパン合同会社(Restart Japan, LLC)
所在地 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-40-16・3F
電話番号 03-6739-3099
FAX番号 03-6332-9073
定休日 土曜日、日曜日、祝日
営業時間 10:00~17:00
代表者 佐々木 良
宅建免許 東京都知事(2)第96515号
所属 (公社)全国宅地建物取引業協会
(公社)全国宅地建物取引業保証協会
(公財)東日本不動産流通機構
事業内容 収益不動産の売買仲介
不動産管理
不動産買取事業
収益不動産の収支改善コンサルティング

リスタートジャパンの物件を
詳しくチェック

資産運用に役立つ金融商品一覧

将来の不安を少なくし、老後を豊かにするために注目されているのが「資産運用」です。特に近年では年金への不安や低金利状態が続くなどで、興味を持たれる方が増えています。しかし、メリットだけではなくリスクも少なからず発生することですから、興味はあっても躊躇されている方も多いはず。

そこでここでは、複数種類ある資産運用方法から、初心者の方でも参加しやすく「はじめての資産運用」に適していると思われる商品をピックアップしました。

不動産投資

不動産投資とは、ある特定の不動産(マンションなど)に投資をおこなうことで、その売却益や家賃収入で資産を増やしていく運用方法です。売買による大きな収益や、安定した利益を長期的に得る可能性が期待できますが、一方で不動産価格の下落や空室リスクといったデメリットが考えられます。

不動産投資を詳しく見る

民泊投資

民泊投資とは、個人の所有する自宅や別荘などの不動産をホテル代わりに貸し出すこと。Airbnbで知名度が大きくなり、投資としても注目が高まっています。

民泊投資を詳しく見る

シェアハウス投資

シェアハウスはマンションやアパート経営に比べ初期費用を抑えることができ、高い利回りが期待できます。入居者数は多いとされていますが、空率リスクについてもしっかり把握しておくことが大切です。

シェアハウス投資を詳しく見る

レンタルスペース投資

レンタルスペース投資で収益を安定させるためには、できるだけリピーターを獲得することが重要です。リピーターを獲得するために、気軽にいつでも利用できる立地のよさがポイントになります。そのため、駅から近い場所でレンタルスペースを開業することがおすすめです。

レンタルスペース投資を詳しく見る

トランクルーム投資

トランクルーム投資成功のポイントに市場調査を行うことが挙げられます。どの地域でトランクルームの利用者が多くなっているか、利用している世代、性別や職業を知っておかないと利用者に対応したサービスを提供できなくなるため市場調査を行う必要があります。

トランクルーム投資を詳しく見る

キャンピングカー投資

キャンピングカー投資はハードルが低く、始めやすいことが最大のメリットです。キャンピングカー投資はキャンピングカーの購入資金と駐車場さえあれば始められる投資法です。複雑な手続きも必要ありません。

キャンピングカー投資を詳しく見る

フードデリバリー投資

ゴーストレストランの場合、どこかの飲食店を間借りするか、シェアキッチンと呼ばれる共同スペースで開業することになるので、一般的な飲食店の開業費に比べると、比較的低資金で開業できるといえます。

フードデリバリー投資を詳しく見る

定期預金

まとまった資金を金融機関に一定期間預けることで、満期時には利息が付いて戻ってくるという仕組みの資産運用法です。元本割れのリスクがないため、安定しているのが特徴。しかし、現在は低金利状態が続いているため、プラスとなる利息にはほとんど期待できないので、資産を増やすというものではないと考えた方が良いでしょう。

定期預金を詳しく見る

国債

国債は、日本国が発行する債券のことです。元本と利子の支払いは日本国がおこなうため、定期預金と同じく資金を増やす大きな利益はありませんが、安全性の高い商品とされています。ただ、日本国の信用が現状より悪化することがあれば、損失が発生する恐れもリスクの一つとして承知しておくことが必要です。

国債を詳しく見る

保険・個人年金

保険会社が提供している商品で、私的に年金を積み立て満期後に契約時に定めた年齢から年金を受け取ることができる仕組みです。公的年金にプラスしたいと考える方に人気で、税控除の対象であるというメリットも。ただ、将来に受け取る金額は決まっているので、それ以上に増やすことはできないという面もあります。

保険・個人年金を詳しく見る

ロボアドバイザー

これまでファイナンシャルプランナーなどの専門家の方が行っていた作業を代わりにコンピューターが行ってくれるロボアドバイザー。インターネットを通していくつかの質問に答えることによってその人に適した投資信託を診断してくれます。手軽に資産運用が始められる方法として人気が高まっています。

ロボアドバイザーを詳しく見る

投資信託

投資家から集められたお金をまとめて、株式や債券などに投資する金融商品です。少額から始めることが可能で、投資の専門家が運用をおこなうため初めての方にも安心して投資をおこなえます。ただ、元本保証ではない点や、運用をおこなう信託会社へ支払う手数料がある点など、チェックしたいポイントがいくつかあります。

投資信託を詳しく見る

純金積立

毎月低額で純金を購入し積み立てていく商品で、主に貴金属会社が提供しています。世界的な安定資産である金ですので、取引価格に変動があっても価値がなくなるという心配がなく、リスクの少ない安定した商品と言えます。ただ、現金化するときのタイミングによっては、損失が出る可能性も少なからずあります。

純金積立を詳しく見る

NISA

NISAとは、1年につき120万円までの投資枠で得た利益が非課税になる制度です。売却益や配当金に税金がかからないというメリットがある一方、損益通算や損失の繰り越しができないというデメリットもあります。初心者の方にも分かりやすく解説します。

NISAを詳しく見る

J-REIT

J-REITとは不動産に投資する投資信託の一種。投資家から集めたお金を不動産に投資し、得られた利益を投資家に分配する資産運用のことです。どのようなリターンやリスクがあるのか、J-REITの選び方まで解説します。

J-REITを詳しく見る

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、近年注目されている投資方法の1つで、金融機関を介さず、インターネットで出資者と資金調達希望者を結びつけるシステムになります。ここでは、ソーシャルレンディングとはどういったものか、メリットやリスクがあるのかどうかなど解説していきます。

ソーシャルレンディングを詳しく見る

太陽光発電投資

太陽光発電投資は、太陽光発電事業に対し投資をおこなうことで、配当金を得ていく資産運用方法です。自然エネルギー事業に対する投資ですので、税優遇などがあり利率も銀行預金に比べて高いのが特徴です。ただ、太陽光を利用した発電で利益を得ていますので、天候に左右されやすいという面があります。

太陽光発電投資を詳しく見る

外貨預金

外貨預金とは、円ではなくドルやユーロといった外貨で預金をおこなう資産運用方法です。円での定期預金などの商品に比べて利率が良く、為替レートによっては高いリターンが期待できます。ただその反面、為替市場に大きく影響される商品ですので、元本割れを起こす可能性も高い商品だとも言えます。

外貨預金を詳しく見る

株式投資

株式投資は、企業の株式に対して投資をおこなうことで、その売却益や配当金で利益を得ていく資産運用方法です。運用によっては高いリターンが期待できる商品ですが、逆に株価の下落などマイナス要素が働くと、元本も保証されていないため一気に大損をする可能性もある、リスクの高い資産運用法でもあります。

株式投資を詳しく見る

FX

FXとは、正式名を「外国為替証拠金取引」という商品で、ドルやユーロなどの外国通貨を交換または売買することで、その差益を得ていく資産運用方法です。為替市場の変動率は高く、上手に運用することができれば大きなリターンが期待できますが、元本保証はなく大きな損失が発生する可能性も低くはありません。

FXを詳しく見る

仮想通貨

仮想通貨とは、貨幣や紙幣などの実物がなく、インターネット上でやりとりされるデジタルデータのことです。国家や政府、銀行などの公的な管理主体が存在せず、システムを活用した最新の投資方法とも言えます。仮想通貨市場を大きく占めているのがビットコインで、一時は全体の9割を占めていたことも。大きなリターンが期待できる投資方法です。

仮想通貨を詳しく見る

金購入

古代より貴金属として価値を認められてきた金は、それぞれの国が発行している通貨や株式会社の株券といった、国や会社に対する信頼性が価値に変わっている「ペーパー資産」でなく、金そのものに価値のある「実物資産」です。そのため、金は国の破綻や会社の倒産によって価値が失われる信用リスクがないので、金購入による投資は「守りの資産」として、「攻めの資産」であるペーパー資産投資のリスクコントロールとして行われることが少なくありません。

金購入を詳しく見る

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る