キャンピングカー投資

イメージ

キャンピングカー投資

キャンピングカー投資とは、キャンピングカーを購入し、レンタルをして収入を得る資産運用方法です。

キャンピングカー投資の利回りについて

キャンピングカー投資は初期費用とランニングコストが抑えられるので、利回りは高くなっています。また、キャンピングカーの購入価格によっては1年間で償却が出来る為、他の投資方法に比べリスクも少なくなっています。

キャンピングカー投資で成功するためのポイント

内装を変更してオリジナリティを高める

おしゃれな内装に変更することで、オリジナリティが高いキャンピングカーになります。インスタ映えを狙えば、知名度が急激に上がる可能性もあるでしょう。

ラグジュアリー、ナチュラル、ヴィンテージ、ネイティブ、ノルディックなど、テーマを決めて内装を変更することがポイントです。

万人受けする外観のキャンピングカーを選ぶ

投資用に購入するキャンピングカーは、人気の車種やシンプルなデザインの車種を選ぶことをおすすめします。変わったデザインや外装のキャンピングカーは、借りる人を選んでしまう懸念があります。カラーによってもレンタル率が変わってくる可能背がありますので、無難な色を選ぶなら、ホワイトやブラックを選ぶとよいでしょう。

サービス面を充実させる

独自性を高めるために、サービス面を充実させましょう。ユーザーにとって魅力的なサービスを提供できれば、また利用したいと思ってもらえます。

たとえば、

  • キャンピングカーを年に3回以上レンタルするとお得になる
  • ガソリン代を20リットルまで無料にする
  • 無償でキャンプセットを貸し出す

といったサービスです。

保険周りを整備する

キャンピングカーをレンタルするユーザーは、自動車保険についても調べる方が多いでしょう。貸し出し日数分の保険をすぐに契約できるよう、仕組みを整えておきましょう。また、利用者がキャンプ中の病気やケガをした場合に備えて、車だけではなく利用者の病気やケガに対しても補償が付いた保険を導入するのもおすすめです。

キャンピングカー投資のメリット

ハードルが低く、始めやすい

キャンピングカー投資はハードルが低く、始めやすいことが最大のメリットです。キャンピングカー投資は、キャンピングカーの購入資金と駐車場さえあれば手軽に始められます。複雑な手続きも必要ありません。

キャンピングカーの場合、新車の相場は500万円~(編集チーム調べ)。500万円のキャンピングカーを利率4%の10年ローンで返済する場合、月々の返済額は5万円ほどです。この場合で考えると、もし月々10万円の売り上げを得られれば、ひと月で5万円、1年で60万円、10年で600万円の利益を得られる計算となります。

普段は自分で使用できる

キャンピングカーのレンタル予約が入っていないときは、自分で使用できる点もメリットのひとつです。そのため、自身の趣味がキャンプという方にとってはキャンピングカー投資は魅力的と言えます。

利回りが大きい

キャンピングカー投資は、利回りが期待できる投資方法です。たとえば、500万円でキャンピングカーを購入、1年間で60万円の利益を得られた場合、1年間の表面利回りは12%となります。一般的に不動産投資でも10%を超えることは難しいと言われているため、それから比べると利回りが期待できると言えるのではないでしょうか。

費用を経費に計上できる

事業に使用することを目的にキャンピングカーを購入する場合は、さまざまな費用を経費に計上できます。

具体的には、本体価格、登録代行手数料、自動車リサイクル料、自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自動車保険料

などを経費に計上すれば、所得税の還付を受けられる可能性も出てくるでしょう。

キャンピングカー投資のデメリット・リスク

清掃に時間を取られる

キャンピングカーを貸し出す際は、必ず車内・外観ともに清掃をしておきましょう。少しでも清掃が行き届かないキャンピングカーは清潔感に欠けてしまい、結果的に顧客離れにもつながります。ただ、キャンピングカーは自家用車よりも大きく複雑な造りのため、清掃には時間が多くかかります。
また、急にレンタルの予約が入るケースも想定すると、自己運営する場合は時間の融通が利く方がおすすめと言えます。自己運営が難しい方は、管理を担ってくれる会社も存在しますので下調べをすることをおすすめします。

知名度が低い

投資を経験している方でも「キャンピングカー投資」をやられている方は少ないのではないでしょうか?キャンピングカー投資はまだまだ知名度が低いため、集客に時間がかかる可能性も。キャンピングカーをレンタルする場合、一般的にはレンタカー会社からレンタルするケースが多いと考えられます。よって、個人からレンタルするという認知が低く、あまり一般化されているとはいえません。そのため、中長期的なマーケティングプランを立てたり、投資スキルが高くないと、思い通りに利益を出すことは難しいと考えられます。個人で所有するキャンピングカーをレンタルとしてユーザーに利用してもらうためには、近隣住民の方にさまざまな方法で告知する必要があります。そのためにも、すべてを個人でまかなうのではなく、専門の管理会社などを利用することをおすすめします。

キャンピングカー投資のセミナー情報

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る