フードデリバリ―投資

イメージ

フードデリバリー投資

フードデリバリー投資とは、シェアキッチンと料理人を月額で借り上げて独自の飲食店を出店し利益を上げる資産運用方法です。

フードデリバリー投資の利回りについて

フードデリバリー投資は、初期費用で100万円前後かかりますが、それ以降はメニュー開発やデリバリーなど全て委託できるようになっています。熟練のプロがしっかりとオペレーションして無駄を省きますので、利回りは高くなっています。

フードデリバリー投資の始め方

保健所にデリバリーやテイクアウトの許可が必要か問い合わせる

まずはデリバリーやテイクアウトの許可が必要かどうかを保健所に問い合わせをしましょう。飲食店の種類によっては許可が必要なケースもあります。

配達地域(エリア)を決める

次に配達エリアを決めていきます。配達エリアは最初からエリアを広げると大変なことになります。例えば配達員が1人の場合、配達エリアの真反対から注文が来たらアウトです。まずは小さくまとまった商圏から徐々に広げていきましょう。

デリバリー専用容器を買う

デリバリー容器はネットや業務用店舗で販売しています。料理の種類に合った容器を選びましょう。

デリバリーアプリに登録する

フードデリバリーアプリは

  • 総合型アプリ(出前館など)
  • 店舗の独自型アプリ(マクドナルドなど)

の2種類があります。

配達用のバイクを調達する

配達は自転車でも可能ですがバイクだと効率的に配達ができます。配達用のバイクとして宅配バイクがあります。宅配バイクは配達をするためのバイクのため、雨や風に強いつくりとなっています。新規で購入する際は宅配バイクがおすすめです。

配達員を雇う(又は代行業者を雇う)

必要に応じて配達員を雇用します。ちなみに配達代行などは手数料がかかります。

フードデリバリー投資で成功するためのポイント

Googleマイビジネスに「テイクアウト・デリバリー化」の旨を掲載する

GoogleマイビジネスとはGoogleマップに掲載されている自分の店舗の情報のことです。

ホームページに「テイクアウト・デリバリー」の告知や配達対象地域などを入れる

ホームページでテイクアウトやデリバリーの宣伝ページを作る際には「店舗名 地域名 配達」「地域名 デリバリー ○○○」「地域名 出前 ○○○」などの地域の検索キーワードに合った単語をタイトルに含めておきます。

SNSのプロフィールなどのデリバリー・テイクアウト対応化の旨を書いておく

SNSのプロフィールなどにデリバリー・テイクアウト対応の旨を記載しておきます。

既存の顧客リストに宣伝する

LINEやメルマガなどの顧客リストがある場合は必ず宣伝しましょう。

フードデリバリー投資のメリット

開業が低資金

ゴーストレストランの場合、どこかの飲食店を間借りするか、シェアキッチンと呼ばれる共同スペースで開業することになるので、一般的な飲食店の開業費に比べると、低資金で開業できるといえます。

一般的な飲食店よりも経費削減が可能

一般的な飲食店の場合、売上の主な内訳は、

  • 食材費…30%
  • 人件費…40%
  • 家賃…10%
  • 光熱費…5%
  • 雑用費…5%
  • 利益…10%

といった感じです。これがゴーストレストランの場合、

  • 食材費…30%
  • 人件費…20%
  • 家賃…5%
  • 光熱費…3%
  • 雑用費…2%
  • 利益…10%

です。ホール(接客)が無いので、その分「人件費が削減」できます。夏場や冬場のエアコンによる光熱費も抑えられますし、トイレや家具も無いので消耗品や修繕費なども抑えられます。(編集チーム調べ)

料理を作ることだけに集中できる

ゴーストレストランの場合、接客や配達業務が無いため、営業中は「料理を作ることだけに集中」できます。

悪天候時でも売上が左右されにくい可能性がある

ゴーストレストランは配達員が家まで商品を届けてくれるので、天候にはそこまで影響を受けないといわれています。むしろ、天候が悪い日の方が売上が上がる可能性があります。

多ブランド化が比較的容易にできる

通常の飲食店の場合、「○○料理の店」のように業種(料理ジャンル)を絞り込む必要がありますが、ゴーストレストランの場合はこれに該当せず、1つの厨房で、どんなジャンルの料理でも開業ができます。

フードデリバリー投資のデメリット・リスク

プロモーションが大変

ゴーストレストランの場合、通常の飲食店と違ってお客さんがふらっと来店するということがありません。一般的には、UberEatsや出前館などのスマホアプリから自店を選んでもらい、注文してもらう必要があります。よって、自店を知ってもらうための努力や何らかのプロモーションが大切です。

外部サービスに登録しなければならない

ゴーストレストランを運営する場合、
注文を受ける→料理を作る→料理を配達員に預ける→配達員がお客様に届ける
という一連の流れが発生します。お客様に料理を届ける配達員の確保は自店で行わない以上、UberEatsや出前館などのサービスに登録する必要があります。

提供できる料理の種類が限られる

デリバリーは、料理が完成してからお客様の口に入るまで、時間がかかります。そのため、出来立てを食べないと美味しさが伝わりにくい料理は、フードデリバリー投資には向いていないと言えるでしょう。

どうしても料理にこだわりたい場合は、容器やメニューの工夫で対応できることもあります。

接客や雰囲気で価値を上げることができない

実店舗の場合、食べるためだけに来店するという人以外に、「お気に入りのスタッフに会いたい」「お店の雰囲気に癒されたい」「オーナーとおしゃべりしたい」という食事以外の目的で来店する人も少なくありません。ゴーストレストランには、これらがありません。それなので、同じような店舗や商品が出てきた場合、他店との差別化が難しくなる可能性があります。

フードデリバリ―投資のセミナー情報

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る