アパート投資

イメージ

アパート投資を成功させるには?

アパート経営を成功させるためには、適切なリスクヘッジをするとともに、適切なリスクテイクをすることも重要です。

では、アパート経営にはどのようなリスクがあるのでしょうか。知っておきたいアパート経営のリスクについて解説します。

アパート投資のリスク

アパート投資では土地の選定を誤ると失敗につながるというリスクがあります。不動産投資すべてに言えることですが、失敗しないためには空室リスクをできるだけ減らすことが重要です。投資用マンションは、都心部の駅前など立地がよく入居者の需要が見込める場所に建設されていることが多いですが、アパートの場合はもともと自分が所有する土地にアパートを建てることが多いです。しかし、その場所で本当に需要があるのかよく考えるべきです。

アパート投資のリターン・参考利回りは?

アパート経営に限りませんが、不動産投資の利回りは「何%なら必ず儲かる」とは一概に言い切れません。利回りが同じ物件があったとしても、場所、設備、間取りなどの条件が同じ物件は存在しないため、個々の物件の善し悪しを見極めていくしかありません。その前提で、利回りの相場を計算すると次のような平均値になります。

都内・大阪の中心部では5~8%

地方政令都市では7~9%

人口20万人程度の市町村では8~11%

※参考:アパート経営の利回りは何%が目安?計算方法と失敗事例 | 不動産投資ユニバーシティでアパート経営・マンション経営を学ぶ (fudousan-onepercent.com)

アパート投資のメリット

アパート投資では、空室リスクを分散できるというメリットがあります。部屋を一室購入して貸し出す場合、その部屋が空室になれば収入はゼロになります。しかし、アパート投資では複数の部屋を所有しているので、空室が発生し収入が減ることはあっても収入がゼロになることは避けられます。

アパート投資の始め方

投資戦略の決定

どのような目的で、どの程度の資金を使ってアパート投資を始めるのかを整理し、明確にします。新築・中古はもちろん、エリアや利回りなどの大まかな投資戦略を決めます。

情報収集

投資戦略が固まったら、物件の情報収集です。インターネットや不動産会社を利用して、戦略に合った物件を探します。ある程度対象を絞りこんだら、近隣の賃貸相場や入居状況、競合の物件、将来的な都市開発計画の状況などについても確認しておきます。

現地調査

候補となるエリアや物件が見つかったら、実際に現地に足を運び周辺の環境を確認します。建築済物件の場合は、内覧も可能ならばやっておきましょう。

事業計画・資金計画の作成

購入物件が決まったら、事業計画や資金計画を作成します。長期的に見てどのくらい利益が出るのか、資金繰りは問題ないかを事前にシミュレーションしておくことが大切です。

契約

準備が整ったら、物件及び土地の売買契約や建築契約を結びます。

引き渡し・運用開始

代金の受渡が完了し、物件が引き渡しされれば運用開始です。アパート運営は管理対象が1棟まるごとなので、信頼できる管理会社を探し管理を委託するのがおすすめです。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る