戸建て投資

イメージ

戸建て投資とは

戸建て投資とは、一戸建ての住宅を他人に貸し出す目的で購入し、家賃収入を得る不動産投資のことです。土地ごと一戸建て住宅を購入し、賃貸住宅を探している人に貸し出します。

戸建て投資のリターン・参考利回りは?

新築物件の利回りは6%前後

新築物件には、新築プレミアムという付加価値が付いています。新築物件はしばらくの間は修繕の必要がなく、修繕費用がかかりにくいです。また、築浅物件を希望する入居者も多いため、空室リスクが避けられます。このようなメリットがある新築物件ですが、誰かが一度住んでしまうと物件価値は購入価格よりも2割程度も下がってしまいます。そのため、新築物件は利回りが低くなってしまいます。

中古戸建て投資の利回りは20%前後

中古戸建て投資の利回りは20%前後であることが多いです。購入価格が新築物件に比べ安く済むからです。

戸建て投資のメリット

戸建賃貸の供給量が少ない

賃貸市場では、戸建賃貸の供給量は圧倒的に少ないです。また、戸建賃貸があっても適切に修繕されている物件はごく僅かです。そのため、きちんと修繕して戸建賃貸を経営していけば、希少性で空室対策が出来ます。

賃貸だと子どもやペットが騒ぐ音がクレームになることがありますが、戸建てであれば騒音を気にする必要もありません。

ペット可などの条件面で家賃アップの可能性

2LDKや3LDKなどの間取りの賃貸マンションや賃貸アパートは、世の中に多く存在します。しかし、マンション・アパートでペット可の住宅は多くはありません。理由は明確で、共同住宅では、ペットの騒音などがあるとクレームにつながるからです。しかし、近頃は、子どもが1人の家庭も増えてきており、子どものためにペットを飼ってあげたいと考える両親も増えてきています。戸建てでペット可の物件として貸し出せば、他の物件と差別化を図ることができ、結果的に家賃アップが狙えると考えられます。

毎月の固定費が発生しない

戸建て投資であれば、マンションの場合にかかる管理組合費や修繕積立金などが発生しません。区分マンション投資の利回りが低くなるのは、このような固定費の負担が大きいからです。この固定費は空室期間中も払わなければいけません。しかし、戸建であればこのような固定費は発生しません。

出口戦略を立てやすい

戸建ては売りやすいです。築古物件でも、更地にして土地売却をする方法もあります。

戸建て投資のリスク

修繕コストがかかる

中古住宅は床面積が広いため、修繕コストがマンションの一室単位の比ではありません。中古住宅の戸建投資の場合、入居者が長く借りることが多いので退去後の汚れや建物の老朽化や設備の不具合も覚悟しておく必要があります。入居期間が長くなるほど、入居者負担の割合は低くなるので、修繕のほとんどをオーナーの負担で行うことになるでしょう。

収入が0になる可能性もある

複数世帯が入居するアパートやマンションと違い、入居者が現れない期間は利益となる家賃収入が0です。入居世帯が現れてもその世帯が退去してしまったら、家賃収入は0になります。

戸建て投資が成功するためのポイント

致命的な欠陥がある物件は選ばない

築古物件で戸建て投資をする場合は、物件選びを慎重に行いましょう。柱の腐食・躯体の欠陥・シロアリ・雨漏れなど基本構造に関わる不具合があった場合、修復不能だったり、高額なリフォーム費用がかかってしまうこともあります。

新築物件は瑕疵担保責任保険が付いていますが、築古物件は免責されていることが多いです。そのため、物件に瑕疵が発覚したら自己負担で修繕しなければなりません。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る