シェアハウス投資

イメージ

シェアハウス投資

シェアハウス投資の利回りについて

シェアハウスは、マンションやアパート経営に比べ初期費用を抑えることができ、さらに入居者数も多いので、他よりも高い利回りが期待できます。

シェアハウス投資の始め方

コンセプト・ターゲットを考える

シェアハウスのターゲット(性別や年齢、趣味、志向など)を決めて、どんな雰囲気の物件にして、どのような設備を導入するかを考えましょう。

コンセプトに合った物件選定

シェアハウスのコンセプトを満たすことができる物件を選定しましょう。物件の広さ以外に立地の良さも重要です。

初期費用計算・家賃設定

事前に選んだ物件の購入費用を含めた初期費用を計算し、入居者の人数と家賃の設定を行いましょう。どのくらいの家賃ならシェアハウスとして利益が出るか、周辺にあるシェアハウスの家賃と比較して大きな差がないかなども確認しておくとよいでしょう。

物件購入

選んだ物件を購入しましょう。

必要に応じてリフォーム

購入した物件のレイアウトや設備環境を変えたい場合、リフォームも検討しましょう。

管理会社選定

シェアハウスの管理を自分で行わない場合、管理会社を選定して依頼しましょう。

入居者の募集開始

運営を管理会社に委託した場合は、管理会社が運営する公式サイトやシェアハウスの専門サイトに入居者募集と掲載されます。

シェアハウス投資で成功するためのポイント

コンセプトの明確化

どういうコンセプトのシェアハウスを提供するのかが、シェアハウスを運営する上で重要となります。例えば「温泉付きシェアハウス」「音楽スタジオ付きのシェアハウス」「家庭菜園付きのシェアハウス」等、設備を充実させたコンセプトのシェアハウスを作ることも可能です。そのほか、募集によってクリアとされる「外国人と暮らせるシェアハウス」や「女性専用」などは比較的実現しやすいでしょう。

近年のシェアハウスは、入居後にどのいった生活体験が得られるかを具体的に提示し、入居募集をしています。「このシェアハウスに住んだら、こういう楽しい経験ができます」というコンセプトが必要となります。選ばれるシェアハウスになるためにも、マーケット調査をしつつコンセプトを決めて、独自性を明確に提示する必要があると考えられます。

入居者とのコミュニケーション

シェアハウスでは、管理会社または建物オーナーが第三者的立場となり、入居者と定期的にコミュニケーションを取ることが必要になることがあります。

単身やファミリー物件とは違い、シェアハウスの入居者間でのトラブルが生じるケースも考えられます。トラブルに対応できるよう、入居者とのコミュニケーションをはかることも念頭に入れて運営をしていくとよいでしょう。

会話を通じた入居審査

シェアハウスは共同生活です。生活スタイルの違いなどで共同生活に馴染めない入居者がいるとトラブルに発展するケースも。よって入居審査についてはワンルームの賃貸に比べると重要となります。書類審査だけでなく、入居者と事前にコミュニケーションを取ることをおすすめします。

シェアハウス投資のメリット

戸建1軒として貸し出すより収入が上がる

戸建1軒をファミリー向けの賃貸として貸し出すのではなく、シェアハウスとして貸し出すことで複数の入居者からの賃貸収入を得ることができるため、収入が上がると考えられます。

シェアハウスは一人当たりの賃料はワンルームの賃貸物件よりも安い傾向にあります。しかし、1軒を1家族に貸すのではなく、複数人に貸し出すことを考えると、収益性は高くなります。

空室になるリスクを減らせる

戸建を賃貸で貸した場合、入居者は1家族に限られるため賃貸人が退去したら次の賃貸人が入居するまで家賃収入が途切れることもあります。しかし、シェアハウスなら常に数人が入居している状態になるため、誰かが退去しても他の入居者からの家賃収入が得られます。

幅広いニーズに合わせることができる

シェアハウスには、賃貸とは異なり数十万円以上かかる初期費用がないため、リーズナブルに利用することができ、更に長期出張や旅行などの理由で一時的にシェアハウスに住むこともできるため、多くの方に気軽に入居する機会を提供できます。

シェアハウス投資のデメリット・リスク

難易度が高い

中古物件であれば、リフォームやリノベーションの知識が必要となってきます。また新築で建てるにしても、どのように部屋を区切るかなど設計が難しく、客付けなども考慮しなければなりません。

客付けが大変

今は、殆どの人がネットで物件を探しています。ところが、シェアハウスは一般の大手ポータルサイト(スーモやyahoo不動産など)に掲載できないことがあります。

出口戦略が少ない

シェアハウスは、銀行では「寄宿舎」扱いになるため融資がつきにくいというデメリットがあります。現金買いで対処すれば、融資がつかなくても購入はできます。しかし一方で、売ろうと思っても売りづらいということもあります。

シェアハウス投資のセミナー情報

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る