トランクルーム投資

イメージ

トランクルーム投資

トランクルーム投資の利回りについて

トランクルーム投資は利回りが非常に高いことで有名です。初期費用を抑えることが出来、急な支出も少ないので利回りは高くなっています。

トランクルーム経営の利回りは平均15~35%となっています。およそ3年から5年も見ておけば初期費用の回収ができる計算です。

(参考:【必読】トランクルーム経営の利回り、失敗例、初期費用 - 住まいる博士 (sumai-hakase.com)

トランクルーム投資の始め方

現地調査をする

現地調査をする際、土地広さと形状からどの程度の大きさのコンテナを置くことができるのか、また、交通量や近隣状況からコンテナの需要予測を行い、この土地でどのぐらいの利益が見込めるかを調査しておきましょう。屋外にコンテナを設置するタイプのトランクルームは、建築基準法や都市計画法を守って建設する必要があります。

事業計画を立てる

フランチャイズや一括借り上げでコンテナハウスの運営を行う場合は、事業計画はオーナーではなく企業側が立ててくれます。土地とコンテナ数でどれだけの利益が見込めるのか、企業が作成した事業計画をしっかり確認しておきましょう。

契約を結ぶ

このステップは、フランチャイズおよび一括借り上げで運営する場合のみに発生します。事業計画ができたら企業と加盟契約を結びます。自分に不利がない内容かどうか、契約書にはきちんと目を通しておきましょう。この加盟契約をするとコンテナの発注が行われます。

コンテナを準備する

フランチャイズおよび一括借り上げで運用する場合には、コンテナの準備は企業側が行います。オーナー側にはコンテナ購入の初期費用が掛からないこともあります。運用をお任せできる際はオーナー側がオープンまでにしなければいけないことは特に発生しないでしょう。

コンテナ搬入や工事の開始

トランクルームのコンテナは地面にそのまま設置することができません。コンテナが搬入される前にコンテナ設置のための基礎工事を行う必要があります。合わせて路面の舗装や土地の整備工事も必要となります。工事完了までは約1か月~数カ月ほどかかります。自身で運営する場合には工事の手配も自分で行わなければいけません。企業に依頼する場合は企業側が手配してくれる工程となります。

オープン

基礎工事が終了し、コンテナの設置が完了したらオープンとなります。オープン後は、トランクルーム利用者を呼び込むために広告を出す必要があります。

トランクルーム投資で成功するためのポイント

市場調査を行う

トランクルーム投資成功のポイントに市場調査を行うことが挙げられます。どの地域でトランクルームの利用者が多くなっているか、利用している世代、性別や職業を知っておかないと利用者に対応したサービスを提供できなくなるため市場調査を行う必要があります。

賃料の交渉

トランクルーム投資は利用者を増やしていかないと大きな利益に変えていくことができなくなるため、利用手段に合わせた賃料を設定したり、賃料を交渉しやすい環境を作っておく必要があります。

料金の値決め

トランクルームを成功させるには顧客目線に立った料金を設定しながらも、利益を上げていけるように賃料を決めていかなければ利用者を増やしていくことが難しくなります。

経営方式の選定

トランクルーム投資には自己運営のほかに、フランチャイズの加盟、一括借り上げといった経営方式があります。どういった運営をしていくか、またどのくらい予算をかけるかなどで経営方針を決めていく必要があります。

セキュリティをしっかりする

トランクルームとして使う箱や建物はコンテナなどの簡素な物体となります。屋外に建てる場合、住居として使わないような場所を活用することも多く、人気がない場所になることもあるでしょう。そのため、セキュリティを高めておく必要があります。トランクルーム投資をする際には、周辺地域の治安について調査し、セキュリティ対策をしっかり行いましょう。

トランクルーム投資のメリット

利回りが高い

トランクルーム投資は利回りが高いのが特徴です。トランクルーム投資の利回りが高いと期待される理由は初期費用が安いためです。利回りは1年間の収入÷初期費用で計算します。例えば、1年間のトランクルームの収入が50万円と仮説し、初期費用が500万円かかったと想定すると、利回りは10%(50万円÷500万円)となります。

また、トランクルーム投資は、賃貸マンション投資などほかの不動産投資等に比べると初期費用が少ないため、利回りも高くなると予測されます。初期費用が低資金で利回りが高いということは、初めに投資した資金を回収するまでの期間も短くなるでしょう。

修繕費等のランニングコストが少ない

トランクルーム投資は人が住んでいるわけではないため、新規の設備を導入したり、退去した際にキッチンの油汚れやタバコの煙によって汚れた壁紙を張り替えたりするなど、入念なハウスクリーニングを行うような必要はありません。

トラブルが少ない

トランクルーム投資は、ほかの不動産投資に比べてトラブルもおこりにくいと想定されます。住居用物件においては住人同士のトラブルや設備のトラブルなど、手間や費用がかかるトラブルが発生しますが、トランクルームにおいては人が住むわけではないため、こういったトラブルは被比較的少ないでしょう。

建物が建てられない土地も有効活用できる

トランクルームの立地場所は、多少地型が悪い土地やアクセスがしにくい場所でもあっても有効活用することが可能です。使い道があまりない土地はその分安く手に入れることが可能ですので、安く土地を購入してトランクルームとして活用することができれば、利益も得やすくなります。

トランクルーム投資のデメリット・リスク

用途地域に制限がある

トランクルーム投資は、狭小な土地や地形の悪い土地でも活用して投資ができます。しかし、用途地域の制限を受けるため、どんな場所でも建てることができるというわけではありません。トランクルームは、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層、住居専用地域、市街化調整区域には建築することができません。空き地を利用してトランクルーム投資を行う際には、そもそもトランクルームを設置できるかどうかを確認する必要があります。

集客が難しい

初期費用が安く高い利回りが期待できるため、稼働率を担保できれば儲けやすい投資です。しかし、トランクルームは賃貸マンションのように誰もが利用するものではありません。利用者を選ぶために集客が難しいと考えられるので、収入を得るまでには時間がかかる場合もあります。

大きな収入は得にくい

トランクルーム投資は必ずしもたくさんの収入が得られるわけではありません。トランクルーム投資の利回りが高いとされる理由は初期費用が低い点があげられます。

トランクルーム投資でたくさんの収入を得る場合は、複数のトランクルームを運用すること、またはほかの投資と並行して運用することを視野に入れましょう。

トランクルーム投資のセミナー情報

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る