【年収・貯蓄別】おすすめの資産運用術

イメージ

【年収・貯蓄別】おすすめの資産運用術

年収や貯蓄は、お金を守って増やすための大事なファクターです。

なぜなら、投資や金融の世界では、その人の自信の信用が「年収」「貯蓄」となります。投資を始めるための資金調達における融資においても、信用問題はとても重要と言えるでしょう。

借入することは、リスクばかりが耳に入ってきてしまいますが、資産を増やすために投資をするなら検討するのも手。日本の銀行は世界的に見ても金利が安いことで知られています。もちろん、資産形成と共に返済計画を立てることも忘れてはいけません。

年収・貯蓄額でできるオススメ資産運用は?

低金利や年金支給額の減額など、現在は老後の生活への不安材料が多くあります。そうした将来を見据えて、現在貯蓄をされている方も少なくないと思いますが、これからその資金を上手に資産運用していくことで、さらに豊かな老後資金を蓄えることも可能です。

これから資産運用を始めようという方に向けて、資金額・年収別におすすめの資産運用法をご紹介していきしょう。

100万円までの資産運用

運用につかえる資産・貯金額がまだ多くない方の資産運用法

おすすめの資産運用

  1. フードデリバリー投資
  2. レンタルスペース投資
  3. 定期預金
  4. 保険・個人年金
  5. 純金積立

共通のメリット

  • 資産運用のリスクが少なく初心者向き
  • 少ない資金で始められる商品である
  • 個人ではなく管理はプロに任せられる

共通のデメリット

  • 運用リスクが低い分、リターンも低め
  • 長期間での運用が求められる
  • 途中解約などで元本割れが起こることも

なるべくリスクを避けた資産運用を

運用資金が100万円までの方は、まだ年齢の若い方が中心だと思います。老後に向けての資金作りの第一歩ですから、元本である今の資金はしっかり確保しておけるような、運用リスクの低い商品から始めてみましょう。

100万円までの資産運用について詳しく見る

300万円までの資産運用

運用につかえる資金に少しゆとりができてきた方の資産運用

おすすめの資産運用

  1. レンタルスペース投資
  2. 投資信託
  3. 民泊投資
  4. 債権

共通のメリット

  • 運用リスクが低い資産運用方法である
  • 老後に向けての長期運用に適している
  • 少額の資金から始められる運用商品

共通のデメリット

  • 運用リスクが低い分リターンも少なめ
  • 短期での運用には適していない
  • 元本割れや売却損の危険性も

ここから大事に増やしていきましょう

少し貯金額が増えてきたとはいえ、老後資金としてはまだまだな金額です。リスクを冒してまでリターンを求めるのではなく、堅実に将来に向けて利益の伴う資産運用商品を選択していくことがおすすめになります。

300万円までの資産運用について詳しく見る

500万円までの資産運用

資金がまとまってきたら分散して運用

おすすめの資産運用

  1. 債券
  2. キャンピングカー投資
  3. 株式投資

共通のメリット

  • 運用を専門家に任せられる
  • 年金にプラスした収入が見込める
  • 分散投資に適した商品である

共通のデメリット

  • 運用によっては元本割れの危険性がある
  • 世界情勢や経済に左右されやすい
  • 大きなリターンは期待できない

分散することでリスクを回避

ある程度資金が貯まってきたら、一つの商品で資産運用するのではなく、いくつかに分散していきましょう。万が一不測の事態が起こっても、大きな損益が出るといったリスクを最小限に抑えることが可能になります。

500万円までの資産運用について詳しく見る

800万円からの資産運用

運用と貯蓄を分けながらリターンの高い商品にチャレンジ

おすすめの資産運用

  1. 株式投資
  2. 不動産投資
  3. 外貨預金

共通のメリット

  • 運用によっては高いリターンが期待できる
  • 国内預金よりも高い利率が見込める
  • 老後の年金にプラスした収入を得やすい

共通のデメリット

  • 元本保証がないため損益のリスクがある
  • 世界経済や情勢に左右されやすい面がある
  • 個人による運用が求められる商品である

脱初心者の資産運用にチャレンジ

しっかりと貯蓄ができてきたら、その資金を貯蓄用と運用用に資金を分け、安全を担保しながら脱初心者の資産運用にチャレンジしてみましょう。運用リスクは高まりますが、その分高い利益を得る可能性も高まります。

800万円からの資産運用について詳しく見る

1000万円からの資産運用

さらに資産運用していくことで豊かな老後を目指していく

おすすめの資産運用

  1. 太陽光発電
  2. 不動産投資
  3. 株式投資

共通のメリット

  • 運用次第でハイリターンが期待できる
  • 老後に安定した収入を得る期待ができる
  • 税金の優遇や株主優待などのメリットも

共通のデメリット

  • ハイリターンな分リスクも高い商品である
  • 天候や世界情勢に左右されやすい
  • 投資先が破綻した場合の保証はほぼない

より安心な老後を迎えるために

現段階でもかなりの資産が貯蓄できていると言えますが、資産運用でさらに増やせればより安心な老後を迎えられます。分散投資でリスクを少しでも抑えながら、豊かな資金だからできる運用にも挑戦してみましょう。

1000万円からの資産運用について詳しく見る

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る