事件から学ぶ投資のトラブル

イメージ

事件から学ぶ投資のトラブル

ポンジスキームとは?

ポンジスキームとは、高利益・高配当を謳って出資を募り、集まったお金を利益のように配当する詐欺です。実際は何も運用していないので、最終的に資金が無くなり破綻してしまいます。支払ったお金が戻ることはなく、損をしてしまうのです。

ポンジスキームを避けるためには、年率10%以上の高配当と謳う投資信託があれば、一度その仕組みを調べてみると良いでしょう。「なんとなく期待できそうな投資」というアバウトな感覚で投資してしまうと、いずれ投資する金額すべてを失うことになりかねません。長期的な資産運用をしたいなら、配当金が低くとも信頼できる業者で投資するべきです。

高利益・高配当の仕組みについて詳しく知ることで、ポンジスキーム以外の詐欺リスクを減らすことにもつながります。

ポンジスキームとは?について詳しく見る

投資詐欺の代表的な手口と対策

一攫千金を夢見る人に、言葉巧みに近づいて実体のない投資話を持ちかけ、大金をだまし取ろうとする「投資詐欺」。ただ、投資詐欺の方法には、いくつかのパターンがあります。それらを知っておくことで、うまい話に騙されないように自己防衛を図っていきましょう。

特に注意すべき点としては投資詐欺でありがちな手口を知っておくこと、そして詐欺にひっかからないための対策をすること。

投資は必ずしも儲かるわけではありません。セミナーや専門書で幅広い知識を仕入れ、儲け話だけではなくリスクについても把握しておきましょう。

投資詐欺の代表的な手口と対策について詳しく見る

こんなトラブルにも要注意

改ざん

不動産業者によって融資資料が改ざんされる事件がありました。特に物件価格や自己資金額などが改ざんされやすく、投資家に確認せずに行われるため気づかないこともあるそうです。

改ざんに遭った別の投資家は、担当者から「絶対儲かる」とだけ言われ、数字やロジックに基づく説明は受けませんでした。契約書を隈なく読むだけでなく、金額やどうして儲かるのかの仕組みをしっかりと理解することで改ざんに巻き込まれるのを防げます。

二重契約

不動産投資において自己資金が足りない場合に行われたのが二重契約です。

不動産投資で融資を受ける際に、物件価格+税金や書類の経費を含めた金額を借りることを「オーバーローン」と言います。一般的に不動産投資の実績がある人だけがオーバーローンの融資を受けられるのですが、ここ最近はこれから不動産投資をはじめる人もオーバーローン融資を受けているのです。オーバーローン融資を可能にしているのが、2つの売買契約書を提携する二重契約なのです。

例えば、1億の物件を購入する場合は、不動産業者と1億円の売買契約書と1億5,000万円の売買契約書を結びます。銀行に実際より高額な値段で契約されている1億5,000万円の契約書を提出します。融資価格は物件価格の90%の1億3,500万円になり、物件で1億円支払っても手元に3,500万円が残るのです。残った融資額で税金や諸費用を払えるようになります。

融資を受ける側からすると嬉しい手法ですが、銀行に偽造した書類を提出しているため、偽造が発覚した場合はローンの一括返金が求められることも。二重契約を勧めるのは不動産業者なので、物件価格の違う契約書を2枚書かされたら「どうして必要なのか」「二重契約に当たらないか」など聞いて自衛しましょう。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る