エアコンシェル(民泊投資)

イメージ

エアコンシェル
(民泊投資)

明確な料金設定の民泊代行サービス

エアコンシェル
引用元HP:エアコンシェル公式サイト
https://www.airconcier.com/

エアコンシェルの主な金融商品

民泊投資

エアコンシェルは京都や大阪など関西を対象エリアとして、民泊物件の運営代行サービスや清掃代行サービスなどを提供している民泊代行サービス会社です。民泊事業に適した物件を提案してくれる上、内装コンサルティングやハウスマニュアルの作成など、民泊経営のスタートに必要な準備をまとめて行ってくれます。そのため、初めて民泊を経営しようとするオーナーにとっても安心感を持って事業へチャレンジできるでしょう。

初期費用やサービスコストについても、完全代行プランの費用や運営代行費用の上限額などが公式ホームページで明示されているため、事前にキャッシュフローを考えながら利回りを計算することができます。

エアコンシェルで
資産運用をするメリット・リスク

メリット

京都や大阪といった地域特化型の民泊代行会社だからこそ、ニーズに特化したサービスや物件づくりを進めてくれる点は重要です。また、簡易宿所や特区民泊など民泊スタイルも選択できるため、どのような事業プランが最適と思われるのか、民泊運営の経験を積んだ専門家に相談できることもメリットといえます。

収益シミュレーションなどを含んだ初期費用が0円であり、契約後の諸経費も税込33,000円と明確に提示されるため、費用面で不安を抱く必要がありません。また、完全代行プランについても宿泊費(清掃費除く)の10~18%という金額設定となっており、表面利回りでなく実質利回りの計算を考えられることもポイントです。

リスク

京都や大阪、奈良といった関西圏に特化した民泊代行会社であり、その他のエリアについては事業が難しい点はデメリットです。

また、民泊事業の一般化によって競合他社が増えており、宿泊客の獲得競争に巻き込まれてしまうと、宿泊料の設定を下げざるを得ない状況も起こり得るでしょう。

公式ホームページでも2019年夏頃から民泊事業を撤退するオーナーが増えているとされており、状況に合わせて臨機応変なリスク管理を進めていくことが必須です。

エアコンシェルの特徴

民泊事業に悩む人の相談に無料で対応

エアコンシェルでは民泊事業からの撤退を検討していたり、運営代行を任せていた民泊代行会社が倒産してしまったりした人のために、出口戦略や事業の改善に関する相談にも応じています。

エアコンシェルの民泊相談は全て無料で行われているため、初期コストを抑えながら具体的な投資プランを検討が可能です。

障がい者の地位向上にも積極的

エアコンシェルでは障がい者の工賃向上や社会参加へ積極的に取り組んでおり、多様性を尊重した環境づくりや社会づくりへの意識を有していることも見逃せません。

障がい者のニーズや気持ちをきちんと把握しているからこそ、宿泊施設の内装コンサルティングにもダイバーシティの意識を取り込みながら、将来的に価値のある民泊事業を進めていくことができます。

エアコンシェルでの資産運用・投資に関する口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る