アセットマネジメントOne(投資信託)

イメージ

アセットマネジメントOne
(投資信託)

前身はDIAMアセットマネジメント

たわらノーロード

現在の経済的な不安を和らげ、若い人たちに将来への希望を持ってもらうことを目指して、たわらノーロードは始まりました。低コストで長期にわたる積立投資が可能な投資信託として、若い人たちの資産形成をサポートしています。たわらノーロードは購入時の申込手数料や売却時の換金手数料が無料であること、そして信託報酬率も他のファンドと比べ低水準であるため、長期的に資産形成を可能にしています。インデックスファンドはもちろんのこと、バランスファンドやアクティブファンドまで購入手数料が無料なのはアセットマネジメントOneが運用する投信ならではの魅力です。

One ETF(上場投資信託)

TOPIXや日経平均株価などのインデックス指数との連動を目指した投資信託のことをインデックスファンドと言いますが、ETFは「取引所に上場された」インデックスファンドのことを示します。ETFは米国や欧州の個人投資家の間では投資信託と同様、投資方法の一つとして広く普及しています。またETFは信託報酬が非上場の投資信託に比べて低く、低コストでの投資が可能となります。上場されているため、非上場の投資家にとっては多様なメリットがあり、日本でも将来的には個人の資産形成の選択肢の一つとして広く普及していくことになるでしょう。

アセットマネジメントOneで資産運用をするメリット・リスク

メリット

アセットマネジメントOneは「個人投資家向け事業」だけでなく、「機関投資家向け事業」も行なっており、機関投資向けの事業の運用資産残高は国内でも屈指の規模を誇っています。機関投資家のニーズに応えるハイクオリティの運用サービスを、個人投資家もご利用いただけるなど、個人投資家向け事業と機関投資家向け事業の両立をしているアセットマネジメントOneだからこそなし得る、両事業の商品の効率的な連携は魅力の一つです。また、個人投資家の方々に対しても一人一人の資産形成をサポートするために、多種多様な商品およびソリューションを取り揃えており、迅速な対応が可能なこともアセットマネジメントOneにて資産運用をする強みの一つです。

リスク

投資信託は、値動きのある有価証券に投資をするため、市場の変動により基準価格も変動します。そのため、元本を割り込む場合にも保証はありませんし、利回りの保証もありません。また、購入時や換金時に係る費用についての負担もしなければなりません。

アセットマネジメントOneの基本情報

アセットマネジメントOneはDIAMアセットマネジメント、みずほ信託銀行の資産運用部門、みずほ投信投資顧問、及び新光投信が統合し、2016年10月に設立された資産運用会社です。

「資産運用を通じて、お客さまのしあわせに貢献し、国内外の経済・社会の発展に寄与すること」をミッションとし、様々なお客様のニーズに対して、高度な専門性に裏付けられた商品のご提供や、課題に対する解決策を迅速に提供することを目指しています。また、先進的であり柔軟な視点を持ち、常に変化する世界の動きを正確に捉えることで、お客様の需要と市場・経済・社会等の変化を早く予見し、お客様の資産運用をサポートしています。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る