BCM(民泊投資)

イメージ

BCM
(民泊投資)

顧客満足度を追求する民泊代行会社

BCM
引用元HP:BCM公式サイト
https://bc-m.jp/

BCMの主な金融商品

民泊投資

BCMは様々な物件の種類に応じて内容が変わる不動産投資の中でも、特に民泊代行に特化したサービスを提供している専門会社です。民泊代行では、民泊用の物件をオーナーが取得して旅行客などに宿泊施設として提供しながら、その運営や管理をBCMへ委託することで、宿泊料からコストを差し引いた金額を収入として得ていきます。

物件のある地域ごとに平均相場や平均稼働率を分析し、民泊事業を行った場合の収益力についてもシミュレーションしてくれるため、不動産投資や民泊代行を行ったことのない人でも始めやすくなっていることがポイントです。

BCMで
資産運用をするメリット・リスク

メリット

BCMは日本全国の物件を対象として、民泊事業の運営代行や予約管理、メール代行といったサービスを提供しています。メール代行で対応可能な言語は、日本語や英語に加えて中国語・韓国語などが設定されており、アジア圏からのインバウンド需要に対しても柔軟な対応が可能です。

清掃代行や家具の設営代行も依頼できる他、無人で民泊を運営できるチェックインタブレットが導入されており、労力をかけずに収益性を高めていけることもメリットです。

リスク

清掃代行やトラブル発生時の駆け付け対応など、有人サービスに関しては東京23区と大阪市内のみが対象エリアとなっており、その他のエリアの物件に関してはオーナーがきちんと管理体制を構築しなければなりません。

また、民泊の許可申請や宿泊施設としての消防設備の設置などに数十万~100万円程度の初期コストが発生するため、物件の取得費だけで事業を始められません。

その他、社会情勢によって観光業界がダメージを受けると、キャッシュフローが破綻するリスクも高まります。

BCMの特徴

民泊代行の専門会社

BCMは民泊代行サービスに特化した専門会社です。

これから民泊代行を始めたい人や、すでに不動産投資を行っていて物件の利回りを高めたい人などを対象として、顧客満足度を追求できるサービスの提供を行っています。

無料相談で誠実にアドバイス

BCMでは無料相談を実施しており、メールやLINEアプリで気軽に予約して専門的な話を聞くことが可能です。また、相談では民泊代行のメリットだけでなくデメリットやリスクについても説明してもらえる上、収益性が見込めないプランに対してきっちりと問題点を告げてくれる点も重要です。

累計1,700件以上の民泊代行実績によるノウハウ

これまでBCMが民泊代行を請け負ってきた物件数は、2021年9月時点の公式ホームページ情報で累計1,700件以上となっており、さらにこれまでの情報を活かしながら日本全国の地域特性についても分析やシミュレーションを行っています。

さらに専任のWEBマーケティング担当者が高稼働率を目指す方法を検討してくれるので、初めて民泊事業を運営しようと考えている人でも詳細なイメージ戦略を最初に固められるでしょう。

BCMでの資産運用・投資に関する口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る