大和証券投資信託委託(リート)

イメージ

大和証券投資信託委託
(リート)

投資信託(リート)で資産運用

リートとは

リートとは、投資家から集めた資金を元手に不動産投資を行い、そこで生まれた利益を投資家に配当する仕組みで不動産投資信託と言われています。

リートはもともとアメリカで生まれたのですが、日本のリートとは異なる点があるため、日本版リートはJ-REITと言われています。

リートでは、オフィスビル・賃貸住宅・商業施設・ホテル・インフラ施設などさまざまな不動産が対象になります。

また、リートは直接物件に投資するのではなく、間接的に投資するだけなので物件を選定したり管理をしたりする必要がありません。また、少額から投資が可能なので資金が少ない投資家でも始めることができます。

さらに、分散投資も可能で、自分が投資したい投資先が複数あるのであれば複数に分散して投資できるのでリスクを分散することもできます。

大和証券投資信託委託で資産運用をするメリット・リスク

メリット

リートは、自分で物件を選定したり管理したりする手間をかけることなく不動産投資を行うことができます。自分で直接不動産投資をしようと思うと、物件を下見したり周辺の状況を確認したりしなければならず、かなり手間がかかります。

また、物件を管理して価値が下がらないようにしなければならず、投資家の負担は意外に大きいです。しかし、リートではこれらの手間を省き、簡単に不動産投資を行うことができます。

ちなみに、大和証券投資信託委託では、リートで分散投資を行うことができるためリスクの軽減と利益を得る機会を増やすことができます。

リスク

リートでも株式や債券などの金融商品と同じで、価格が下落してしまうと利益がマイナスになる可能性もあります。また、特にリートなどの不動産投資の場合、物件の周辺の状況や経済・景気に大きく左右されます。

例えば、自分が投資していたリートの周辺で災害や紛争などが起こってしまえば価格が下落する可能性もあります。また、景気が下降していけば不動産の価格も低くなる傾向にあります。

リートも他の金融商品と同じく、価格が下落する危険性があることを認識したうえで投資を行う必要があります。

大和証券投資信託委託の基本情報

不動産投資を行ってみたいが、物件を探す時間や知識がなく資金も少ないという人におすすめなのがリートです。リートでは、物件の選定や管理は専門家に任せることができるので、手間をかけずに不動産投資を開始することができます。

また、直接不動産投資を行うと分散して投資をすることが難しいですが、リートなら複数の投資先に分散投資を行うことができます。

大和証券投資信託委託では、リートの商品を多く取り扱っています。国内リートの商品はもちろん、海外のリートの商品も扱っています。国内だけでなく海外のリートに投資することでリスクを分散しておきたいという人にもぴったりです。

扱われているリート商品の数も多いので、自分が求めている内容の商品を探して投資することができるため、納得して投資を行うことが可能です。

大和証券投資信託委託の分配金情報

大和証券投資信託委託では、リートのファンドの分配金がホームページで公表されています。以下が2019年の分配金の例です。

  • 2019/4/15 ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジあり:10円
  • 2019/4/15 ダイワJ-REITオープン(毎月分配型):80円

毎月分配型なので金額は少額ですが、分配金がしっかりあることは分かります。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る