エコの輪(太陽光発電投資)

イメージ

エコの輪(太陽光投資)

太陽光発電投資と発電事業のどちらも提供

エコの輪

太陽光発電投資を提供するエコの輪。太陽光発電パネルと土地をセットで購入するという投資方法で、土地付きの物件を購入するような感覚で投資できます。またエコの輪は投資専門会社ではなく新電力会社としてもサービスを提供している、太陽光発電のプロともいえる会社です。発電事業では法人と個人両方の契約を取り扱っています。

エコの輪で
資産運用をするメリット・リスク

メリット

太陽光発電パネルを設置する目的で購入する土地の投資は、住宅のように管理する手間がかかりません。また設置をしている間は固定買取価格にて電力買取をしてもらえるので、入居者がいなくなってから次の入居者を待つまでの間に収入がなくなる心配も不要です。設置する場所の過去の天候データを基にして収益の予測が立てられるというのは、他の投資方法よりも魅力があります。

リスク

変更データをもとに予測を立てられるものの、必ずしもその通りにいくとは限りません。天候がよければ収益が多くなりますが、雨の日が続いてしまうと発電ができず収益が減少します。電力会社の出力制御があった場合の補償や事故の破損による保険が用意されていますが、寿命でパネルが利用できなくなった場合の修理費や日々のメンテナンスでかかる費用は発生するという認識も必要です。

エコの輪の基本情報

2004年に設立されたエコの輪の運営会社である株式会社エコスタイルは、電気の小売及び太陽光発電事業、そしてそれを利用した太陽光発電の投資をおこなう会社です。大手企業の子会社といった形態ではなく、株式会社環境エネルギー投資の組合と従業員の持ち株で構成されています。

代表者とは別に技術最高顧問が設置されており、三洋電気株式会社と一緒に太陽光発電の研究を重ねてきた経験をもつ、大阪大学工学博士の桑野幸徳氏です。

エコの輪での資産運用・投資に関する口コミ評判

融資を受けられるのがよい

子どもの入学をきっかけに投資に興味をもちはじめ、さまざまな投資方法を調べているときに太陽光にたどり着きました。株やFXではできない融資を受けられるというのも選んだポイントです。以前と比べると電気の単価は低くなっているものの、パネルのコストなども合わせて下がっているので利回りに変動はありません。表面の利回りが11%ほどであればやる価値はあると感じますね。

無駄な費用をかけていない

大家をしているときに太陽光発電に投資している知人がいて興味をもち、はじめたのがきっかけです。実はエコの輪以外でもう一社話を進めていたんですが、頭金を入れている状態で倒産されてしまい回収に苦労しました。後から考えるとその会社はCM広告や事務所の場所など、費用をかけすぎていた気がしています。エコの輪ではそのような出費をしているとは感じられなかったので依頼することに決めました。

20年は固定価格なのがよい

20年間、固定価格買取制度があることが太陽光発電投資を始めることにしたきっかけです。現在、一般的な不動産物件を所有していますが、投資で発生する所得税や不動産の税金、管理費などの支払いに充てるほどには太陽光パネルで収入があります。

地方の役に立つと実感

原子力発電に対して不安をもつようになり早い段階で太陽光発電を屋根に設置してはじめていました。現在では10軒ほどの物件で運用中です。太陽光発電パネルの設置にて新たな仕事も生まれるし、何もない荒れ地が活用されることから、地方の役に立っていると感じています。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る