faminect(民泊投資)

イメージ

faminect
(民泊投資)

民泊施設やホテルなどの宿泊施設運営をトータルサポート

引用元HP:faminect公式サイト
https://www.faminect.jp/

faminectの主な金融商品

民泊投資

民泊投資とは、民泊許可物件を購入して旅館業などの資格を取得した上で、観光客などへ民泊施設を提供して、その宿泊料でコストを回収していく不動産投資の一形態です。

faminectは民泊運営の代行サービスを提供しており、エリアごとの競合物件数や市場動向を多角的にマーケティングしながら、自社開発したシステムを活用して民泊経営をトータルでサポートしています。そのため、物件オーナーは事前に民泊経営の経験が全くなくとも、専門性を重視した民泊事業を追求することが可能です。

faminectで
資産運用をするメリット・リスク

メリット

民泊運営代行サービスに特化した会社だからこそ、faminectでは民泊事業の安定と収益性の最大化を目指して様々な取り組みを行っています。

airbnbの市場調査に関連した独自システムを自社開発しており、エリア内にある競合物件や平均宿泊単価などを比較した上で、目的の民泊施設の経営シミュレーションを計算します。また、運用データ一元管理システムPMSによって、複数の物件を所有しているオーナーがそれぞれの物件や事業状況についてリアルタイムで確認しやすくなっていることも重要です。

民泊事業で想定されるトラブルについても事前にリスク管理することで、問題を回避し、顧客満足度や周辺住民との信頼関係を同時に重視していけることもポイントでしょう。

リスク

民泊投資は観光業に特化した不動産事業ともいえます。そのため、どうしても宿泊客や観光客の数によって収益性が変動してしまうことは避けられません。

また、faminectへ民泊運営をアウトソーシングする場合、現地対応を含めた完全代行可能なエリアが東京、大阪、京都、福岡(博多周辺の一部)、北海道(札幌・函館周辺の一部)、そして沖縄(一部)に限定されていることも懸念点だといえるでしょう。

加えて代行内容によって総売上に対して10~20%の委託料が発生するため、宿泊料金の全額を収入として考えることはできません。

faminectの特徴

運用代行プランをニーズに合わせて選択できる

faminectでは一切の民泊運営をアウトソーシングする「完全代行」と、宿泊施設の現地対応を除いて民泊運営をサポートしてくれる「メッセージ運用代行」という、2つのプランから目的の利用法を選択できます。また、どちらのプランであっても無料相談で内容を検討できるため、まずは気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

24時間365日体制で予約やトラブルにも対応

faminectでは24時間365日体制で、予約受付や宿泊客からの問い合わせなどに対応しています。加えて、完全代行プランでは滞在中に発生したトラブルにも専門スタッフが応対してくれる上、緊急時には実際に現地へ駆け付けて速やかな問題解決に尽力してくれることも特徴です。

各国のゲストのニーズへ対応する多言語コンシェルジュ

利用者の満足度を追求するため、英語や中国語、フランス語など8言語に対応したコンシェルジュサービスを提供しています。

コンシェルジュはレストラン予約やチケット予約、観光地でのタクシー手配やプランニングなど旅行を快適に楽しむためのサポートをトータルで行ってくれるため、利用者の満足度を高めて専門サイトでの高評価獲得を促していることも見逃せません。

faminectでの資産運用・投資に関する口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る