KOYO証券(投資信託・純金積立など)

イメージ

KOYO証券
(投資信託・純金積立など)

投資信託・純金積立で資産運用

投資信託

投資信託は、主に証券会社、銀行、郵便局などの販売会社を通じて販売される金融商品です。その集めたお金を運用する会社はどのように投資するのか考え、信託銀行に株や証券の売買の指示を出します。こうして出た利益を投資家に分配する仕組みが投資信託です。

投資信託は、少ない金額から購入できる金融商品であり手軽に始めることができます。また、投資にはリスクがつきものですが、投資信託では株式や債券などさまざまな金融商品に投資しリスクを軽減することも可能です。投資信託は株式や債券など、専門的な知識を持つ専門家が運用してくれるので、初心者でも手を出しやすい資産運用のひとつといえます。

純金積立

純金積立とは、投資する人が設定した金額分の金を毎月購入して積み立てる仕組みです。純金積み立てのメリットとしては、小額から始められる点があります。KOYO証券では月々の積立額は3,000円から申し込み可能で、「大きな資金はないけど純金を積み立てておきたい」という人や「長期的に運用したい」という人にはおすすめの投資方法です。

ちなみに、月々同じ金額分の純金を積み立てるので、金の価格が高い時には少なく購入し、価格が安いときには多く購入可能。そのため、金の価格変動のリスクを回避できます。

KOYO証券で資産運用をするメリット・リスク

メリット

投資信託の運用では、専門家が運用してくれるので知識があまりない投資家でも安心して任せることができます。初めて投資を行う人は何かと不安なことがあると思います。しかし、専門家に運用してもらうことで比較的安心して投資を行うことができます。

純金積立での運用では、月々3000円からと小額から始めることができ、手数料が安く、月々の金額が少額でも投資できるので、長期的な投資も可能です。また、手数料も長期投資を行ううえではかなり重要になりますが、購入手数料が無料なので安心して利用することができます。

リスク

投資信託や純金積立をする中でどうしても損失リスクは存在します。KOYO証券での運用も例外ではなく、株式や債券などの金融商品を扱う投資信託では、価格が元本を割る(損失を被る)可能性はあります。損失のリスクがあることは理解したうえで、計画的な投資を行うことが大切です。

KOYO証券の基本情報

KOYO証券では、投資信託や純金積立など小額からでも投資を始められる金融商品から、株式や債券など自由に投資を行いたいという人向けの金融商品も扱われています。

また、投資信託では金融や経済の知識を持つ専門家が運用しているため、安心して任せることができます。

さらに、投資信託や純金積立では、月々3000円から始められるので初心者の人でも簡単に始められます。他にも初めて投資を行う人向けの解説もホームページでされています。

また、具体的な金融商品としては、ハイリスクハイリターンと言われる日本の株式や海外の株式、ローリスクローリターンと言われる海外債券も扱っています。自分の投資プランに合わせて投資を行うことが可能な証券会社です。

KOYO証券の分配金情報

KOYO証券では、分配情報については公表されていません。投資信託では、各銘柄の月ごとのレポートや販売用の資料が公開されているので、確認することができます。

ちなみに、分配金についてですが、分配金は「普通分配金」と「元本分配金(特別分配金)」があります。普通分配金は、運用の収益からの支払いになるので配当所得として課税されます。一方、元本分配金(特別分配金)の場合は個別元本を割り込んで分配したとみなされるので非課税になります。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る