松井証券(信用取引・株式・個人年金など)

イメージ

松井証券
(信用取引・株式・個人年金など)

創業から100年以上の歴史を持つ老舗証券会社

松井証券
引用元HP:松井証券公式サイト
https://www.matsui.co.jp/

松井証券とは

松井証券は大正7年(1918年)に創業された老舗の証券会社であり、日本国内の大手証券会社の中で初めて本格的な個人投資家向けのインターネット取引を始めたパイオニアともいわれています。様々な金融商品を提供しており、自分で積極的に投資を行いたい人や、専門家へ任せたい人、老後の資産形成を考えて個人年金で備えたい人など、オーナーごとのニーズやライフスタイルに合わせた資産運用を選びやすいこともポイントです。

松井証券の特徴

様々な手数料が無料

松井証券ではネット上でスムーズな現物株式取引を行える上、1日の約定代金の合計50万円までであれば、全年齢で営業時間中の取引手数料が無料。また、さらに26歳未満の人であれば約定代金の合計金額にかかわらず取引手数料が無料となっており、仮に1億円の約定代金が発生したとしても手数料は0円のままという点も重要でしょう。

これまで株式投資を行ったことのない初心者や、比較的若年層の投資家にとってリスクやロスを抑えた投資をスタートしやすくなっており、投資や資産運用の経験を積むチャンスとしても魅力的です。

加えて、デイトレード専用の「一日信用取引」においても、手数料が無料な上、金利・貸株料も0~0.18%となっており、積極的に売買を繰り返すアクティブトレーダーにとって収益性を高められる環境は無視できません。

多方面からのサポート体制とツールの提供

松井証券では公式ホームページにある専用フォーム(24時間受付)やフリーコールといった窓口によって、投資家からの相談に対応しています。また、パソコン操作に不安がある人のために、専任オペレーターが顧客とパソコン画面を共有しながらリモート操作を行うリモートサポートも提供しており、初心者からベテランまで安心して資産運用へ集中することが可能です。

さらに投資家が自分の資産状況をリアルタイム把握したり、投資チャンスをチェックしたりできるように、高機能トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」の他にもスマホ向けアプリとして「株touch」や「松井証券FXアプリ」、「投信アプリ」など様々なツールが提供されていることも特徴です。

自己資本規制比率674.1%(2021年6月末時点)

金融商品取引法により、金融商品取引業者は常に自己資本規制比率が120%を下回ってはいけないと定められていますが、松井証券では自己資本規制比率674.1%(2021年6月末時点)を達成しています。また、格付投資情報センター(R&I)から2020年10月6日時点で「BBB+」の格付けを取得するなど、財務状況の安定性は重要な特徴です。

※参照元:松井証券公式ホームページ(https://www.matsui.co.jp/first/merit/system/)

松井証券の主な金融商品・資産運用

現物株式取引

目的の企業(銘柄)の株式を購入して、配当金を得たり、購入額よりも高値の状態で売却することで差益を得たりする取引です。1日の約定代金が50万円以下であれば手数料が無料になる上、関連サービスとして新規公開株などの抽選購入や貸株サービス、立会外分売、私設の取引システム(PTS市場)を利用した取引など様々なプランも用意されています。

信用取引(制度・無期限)・一日信用取引

松井証券では信用取引として、証券取引所の対象銘柄を取引する制度信用取引と、無期限信用取引(一般信用取引)の2種類が用意されています。また、特にデイトレードを行いたい人のために、返済期限を当日としたデイトレード専用信用取引「一日信用取引」も用意されており、ニーズやプランに応じて選択することが可能です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

老後の資産形成を目指した個人年金として、運用先(低コスト商品40種類)や毎月の積立額を自由に設定できる「iDeCo(個人型確定拠出年金)」も利用できます。

運営管理手数料が0円という点も重要です。

FX(外国為替証拠金取引)

日本円と外貨の為替レート(取引レート)を利用して利益を目指す、FX(外国為替証拠金取引)も利用できます。

取引手数料や口座開設費用、口座維持費用などはまとめて無料となっています。

松井証券で資産運用するメリット・リスク

メリット

様々な金融商品を選べる上、口座開設費用が無料で、またそれぞれの取引においても手数料0円や低金利といった好条件が用意されていることはメリットです。

初心者のためのサポート体制も整っているため、投資経験を積む場所としても活用しやすいでしょう。

リスク

松井証券では原則としてオンラインでの決済を中心としています。例えば現物株式取引では、約定代金の合計が50万円以下なら手数料無料となっていますが、これは電話取引では適用されません。そのため、インターネットやパソコン、スマホといったツール操作に不安がある人とは相性が良くないかもしれません。

また、手数料無料が適用されない取引や金融商品もあり、複数のメニューが提供されているからこそ、自分にとって最適と思われるプランをしっかりと考えることが不可欠です。

松井証券での資産運用・投資に関する口コミ評判

手数料が安くて初心者におすすめ

松井証券は手数料の安さが最大の魅力だと思っています。使いやすいし分からないことはすぐに質問できるため、これからも取引を続けるつもりです。

※参考元:MINKABU(https://minkabu.jp/hikaku/company_info/matsui.html)

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る