武蔵コーポレーション(不動産投資)

イメージ

武蔵コーポレーション
(不動産投資信託)

富裕層向けの収益用不動産を活用した資産形成

武蔵コーポレーション
引用元HP:武蔵コーポレーション公式サイト
https://www.musashi-corporation.com/

武蔵コーポレーションとは

埼玉県さいたま市に本社を置く武蔵コーポレーションは、平成17年に設立された個人向けの資産運用会社(プライベートアセットマネジメント)であり、主として富裕層向けの収益用不動産を活用した不動産投資信託を提供しています。代表を務める大谷義武氏は東京大学経済学部を卒業後、三井不動産株式会社で不動産分野の経験を積んできた不動産投資のプロであり、最初は大谷氏が1人で立ち上げた状態から令和2年7月時点では社員200名を抱える会社へと成長を遂げました。

単に利益性の見込める不動産を取得・運用・売却することで利益を追求するだけでなく、投資家やその家族の将来的な経済的不安や生活の安定までを考えた、長期的なプランニングを行っていることがポイントです。

※参考元:武蔵コーポレーション公式サイト(https://www.musashi-corporation.com/aboutus/)

武蔵コーポレーションの特徴

資産保全も見据えた個人向けの不動産投資信託

武蔵コーポレーションはプライベートアセットマネジメントとして、特に収益用不動産による資産運用をサポートしている会社です。また、物件オーナーである投資家の利益を追求するだけでなく、物件の入居者にとっても安心感のある不動産管理を行うことで、入居者の満足度も向上させて結果的に家賃収入を長期に安定させたり、物件の評判を向上させたりといった総合的なメリットの追求を理念としています。

加えて、対象顧客を年収2千万円以上、もしくは金融資産3千万円以上の富裕層を顧客対象としていることも特徴です。

武蔵コーポレーションでは資産形成はもちろん、資産保全についてもしっかりと意識した運用プランを提案しています。

一級建築士など各分野の専門家が複数所属

代表の大谷氏を筆頭に、社員には東大や京大、旧帝国大学といった名門大学の出身者が所属しており、さらに人材育成によって顧客へ満足度を提供できるサービスを追求しています。また、それぞれの社員に対して販売ノルマを課しておらず、あくまでも顧客のことを第一に考えたサービスの提供によって、信頼関係を構築して末永く良好なお付き合いを目指している点も見逃せません。

不動産の販売や管理・運用といった実務的な面だけでなく、税金面や資金調達面などに関しても専門知識や資格を備えた社員を複数そろえているため、様々なケースに応じたアドバイスをスムーズに行ってくれることも魅力です。

首都圏エリアの収益物件に特化

武蔵コーポレーションでは首都圏エリアの収益物件に特化した不動産投資を提供しています。また、物件を販売仲介するだけでなく、その後の管理や出口戦略についても最初にプランニングした上でサポートしてくれるため、投資家にとっては安心感があるといえるでしょう。

取り扱っている物件は中古だけでなく新築物件「MQuarto」もあり、さらに「新築×中古」のハイブリッド物件など、ニーズに合わせて選択できることも魅力です。

武蔵コーポレーションの主な金融商品・資産運用

不動産投資信託

首都圏の高利回り物件(7%以上)をメインとした不動産投資信託を提供しています。物件販売後、入居者の募集や家賃集金、メンテナンスといった賃貸管理はグループ会社の「武蔵コミュニティー株式会社」が責任を持って担当し、さらに売却に向けた出口戦略も利益の最大化を目指してサポートしてくれます。

年間平均入居率は97%(令和3年8月時点)という数値を達成しており、建築部門を内製化することで補修やメンテナンスにかかるコストを削減していることも重要です。

※参考元:武蔵コーポレーション公式サイト(https://www.musashi-corporation.com/aboutus/)

武蔵コーポレーションで資産運用するメリット・リスク

メリット

収益性が高いと見込まれる不動産にこだわり、さらに武蔵コーポレーションの本社や営業所から1時間以内の物件のみを厳選することで、管理体制を厳格にして万一のリスクに備えています。これにより入居者の満足度を向上させ、高い入居率をキープし、利回りの安定を目指せることはメリットです。

また、投資信託や物件管理に関する無料相談も分野別に実施されており、国家資格を有する専門家から未公開物件情報も含めて具体的なアイデアを教示してもらえることも魅力的です。

リスク

富裕層向けの不動産投資信託会社であり、顧客になれる人の資産状況などに制限があります。また、提供されている物件も基本的に高額物件が多く、誰もが自由に武蔵コーポレーションで収益用不動産を購入できるとは限らない点は残念ながらデメリットやリスクといえそうです。

武蔵コーポレーションでの資産運用・投資に関する口コミ評判

知識0から利回り9.01%の不動産投資に成功

50歳を超えて老後の資産形成を考えなければならないと感じていた時、兄からの紹介で武蔵コーポレーションと出会いました。不動産に関する知識は全くなく、高額な買い物ということで不安もありましたが、全てを安心して任せられそうだと信頼できる担当者のおかげで挑戦することができました。結果的に八王子市にある1億6千万円の一棟マンション(利回り9.01%)を購入し、現在はとてもハッピーです。

※口コミ参考元:武蔵コーポレーション公式サイト(https://www.musashi-corporation.com/voice)

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る