TSP(太陽光発電投資)

イメージ

TSP
(太陽光投資)

多くの会社との取引実績をもつ

TSP

平和な未来を目指して事業展開をするTSP。代表者は新聞などでも取り上げられることのある人物で、“ピンク社長”とも呼ばれる名物社長です。

国がメガソーラー事業に力を入れる前から太陽光発電に取り組んできた実績をもっています。新規参入してきた業者たちに比べ、過去の価格変動や太陽光発電の知識を豊富にもっているので、安心感を抱ける会社です。

TSPで
資産運用をするメリット・リスク

メリット

2012年に固定価格買取制度が制定される前の2010年からメガソーラー事業を展開しているTSP。太陽光発電の設置費用が下がっていることもあり、利回り10%が想定される物件のみに絞っています。2011年の時点では50kWの発電機能をもつパネルの設置費用が4,000万円だったのですが、2019年時点では約半額の2,000万円で2倍の100kW分のパネルを設置が可能です。TSPはこのように設備仕様が下がっている状況を実際に長い年月で見てきています。現在では太陽光発電システムの販売や施工を実施する業者は全国で多くありますが、そのなかでTSPと提携している企業は200社です。取扱高は150億円以上という実績もあります。

リスク

TSPだけではなく太陽光発電投資全般にいえるデメリットですが、電力会社の電力抑制が発生する可能性も考慮しなければいけません。これは電力供給のバランスを崩さないようにするものです。また天候の悪い日が続くと発電自体ができないため収益が減ってしまいます。天候については過去の記録などを基に算出しているかをチェックしておきましょう。またパネルの破損なども発電ができなくなる理由ですが、これらは保険でカバーできます。しかし地震などを保険の適用対象外となる事例なども確認をしておかなければいけません。

TSPの基本情報

広島に拠点を置く株式会社ティーエスピーは平和な未来をめざして事業を展開している、1996年創業の資本金が1,000万円という会社です。代表者は、原爆でさまざまなものを失った祖父母が両親もいなくなった自分の母親を育てているという姿をみて育ちました。さらに10歳のときに生死をさまよう事故を経験したのが社会に役立つ事業をはじめたきっかけです。

現在では幸せに似ているという意味をもち色彩療法でも使われているピンクの服装にこだわっていることから、ピンク社長とも呼ばれています。

太陽光発電以外の事業もおこなっています。環境にやさしいスーパーエコ・クリーナーという業務用から家庭まで幅広い範囲で使える洗剤商品もその1つです。他の事業をおこなっているので万が一太陽光発電の収益が悪くなっても他の事業が支えられるとも言えますが、反対に他事業が太陽光発電投資に影響を与える可能性も考えなければいけません。

TSPの商品例

TSPでは具体的な場所や販売価格などの事例は公開されていません。直接問い合わせをして確認する必要があります。一例としてどのような区画で販売されているのかを見てみると下記のような販売です。

商品例

  • 低圧25区画
  • 低圧40区画(2M程)
  • 低圧7区画
  • 低圧2区画
  • 高圧2M

TSPでの
資産運用・投資に関する口コミ評判

想定より高い利回り

株式投資の経験がありますが、トータルで考えるとあまり収益がよいとはいえませんでした。そこで20年間は固定された価格で買い取りしてもらえる太陽光発電投資に興味を持ったのです。株式投資とは異なり毎月20万円ほどの金額が振り込まれるようになり、想定の利回りである10%を超えている状況です。過去に一度配線ケーブルが盗難されるというトラブルもありましたが、保険に加入していたので前年と同じ収入が保証されました。

間に入り進めてくれた

知人からすすめられて太陽光発電投資を始めました。自分がもっている資金だけでは不安があったことから銀行から融資を受けようと考えていたのですが、なかなか銀行に行く時間がないことや行員の方も初めてで上手く進まなかったんです。ですが、TSPの担当者の方が間に入ってくれて手続きを進めてくれて話が進みました。海外出張の多い私でも監視できる遠隔システムが用意されており、発電量が少なくなったときには現地で調査をしてくれます。

年間250万円の収入

銀行などからも投資を勧誘されていたのですが、老後の生活に必要なお金を失いたくないと考えていた所紹介されたのが太陽光発電投資です。会社を退職した際にもらったお金を設備投資購入費用としました。一か月単位で考えると事前に予測してもらったシミュレーションよりも低い月があったものの、年間をとおすと250万円の収入と、下手な投資よりも安定しています。天候さえ良ければ電力を販売できるのがとても気楽で、融資を受けてさらに新しい発電所を購入しようか検討しています。

トラブルも保険で安心

不動産収入で生活をしているのですが、満室ばかりではなくトラブルも発生することから負担を感じていました。また修繕費用も発生することから実際の利益としては少ないというのが現状だったんです。そこで太陽光発電設備を購入した知人のすすめから1区画分購入したのですが、年間で200万円以上の収入があり毎月安定した金額が入ってきます。雷が原因で発電所のブレーカーが落ちるというトラブルもあったのですが保険をかけていたことにより前年実績を元にした売上を補填してくれました。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る