ウッドストック(民泊投資)

イメージ

ウッドストック
(民泊投資)

不動産会社が運営する民泊代行サービス

ウッドストック
引用元HP:ウッドストック(Minpaku Supporters)公式サイト
https://textlr.org/

ウッドストックの主な金融商品

民泊投資

ウッドストックは不動産取引の仲介を専門とする会社であり、不動産業界でつちかった経験やノウハウを活かして民泊代行サービス「Minpaku Supporters」を運営しています。

ウッドストックが取り扱っている様々な物件の中から、民泊事業に適した不動産を提案してくれる上、それぞれの物件について管理やメンテナンス、宿泊客へのケアまで一貫したサポートを代行してくれます。

民泊投資は物件の取得費や維持管理費、ローン返済といったコストに対して、宿泊客から得る宿泊料によって利益を得ていく投資であり、エリア特性や観光ニーズにマッチした民泊運営を続けることで、利回りの維持が望める方法です。

ウッドストックで
資産運用をするメリット・リスク

メリット

ウッドストックは平成15年の創業以来、数多くの不動産取引を仲介してきた実績を持つ不動産会社です。物件の特性や管理の仕方、エリアごとの注意点などを総合的に判断した上で、民泊に適した物件を紹介するため、物件選びの段階でリスク管理を考えたプランニングがメリットでしょう。

また、清掃や予約管理、ゲストへのメール対応なども一括して任せられるので、オーナーが手間を感じることもありません。法律上のトラブルについても提携しているASUNA行政書士法務事務所が対応してくれるので、多角的なリスク管理を行えます。

リスク

ウッドストックが現地対応できるエリアは、2021年9月時点で東京や関東が中心となっています。今後は関西や沖縄エリアなどへのサービスを展開も予定されていますが、現段階では本当に十分なサービスを受けられる範囲が限定的ということはデメリットと言えるでしょう。

また、代行コストが宿泊料の20%となっており、競合他社と比較して手数料の面で特別にコストダウンを図りにくい点も要チェックです。

ウッドストックの特徴

民泊事業をトータルでサポート

ウッドストックでは物件選びから内装のデザインや改装、ハウスマニュアルの構築といった準備作業を全て委託することができます。また、対象エリアであれば清掃やトラブル発生時の駆け付け対応も専門スタッフが行ってくれるので、顧客満足度を追求しながら民泊事業の成功率を高められます。

ネイティブスタッフによるチェックインサービス

予約やメールの多言語対応だけでなく、宿泊客への受付対応についてもネイティブスタッフが対応してくれるため、リピーターや高評価レビューの獲得を目指しやすい点が強みです。

ウッドストックでの資産運用・投資に関する口コミ評判

親身になって物件相談に乗ってくれた

私が物件を探している時、ウッドストックの担当者さんはとても誠実に対応してくれました。こちらの疑問点や要望についても親身になって協力してくれて、お客様の立場になってくれる不動産会社だと思いました。無理な勧誘をされなかったことも決め手ですね。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る