公認会計士

イメージ

公認会計士

20代~60代までの平均年収:1,018万円
20代~60代までで想定される出費の目安
  • 結婚費用:450万円
  • 住居費(住宅ローン含む):3500万円
  • 車の購入:300万円
  • 教育費(子供2人):3000万円
  • 老後のための貯金:2000万円
1カ月当たりの支出内訳
公認会計士
※上記は当サイト独自に調査した平均的な情報を掲載しています。参考程度にご覧ください。

60歳までに得られると予想される生涯収入額は?

公認会計士の場合、資格を取得する年齢や昇格する状況にも大きく左右されますが、22歳で公認会計士の資格を取得した場合男性で4億〜6億円の生涯収入を得ることも可能であると考えられます。ただし現状は男女間でも差があり、女性の場合は3億円ほどの生涯収入となると考えられます。

公認会計士におすすめの
利回りに期待できる投資商品とは…

”楽しく”、”手間をかけずに”、”利回りが期待できる”トレンド投資商品として、公認会計士におすすめしたい事業性の高い投資商品をピックアップして紹介します。

60歳までに必要となる想定出費額は?

公認会計士の場合、60歳までに必要と想定される出費額は、家族構成などにも左右されますが、結婚費用やマイホームの購入費用、子どもの教育資金、老後の蓄え、さらに日々の生活費や家賃などを考えると、約3億円が想定されます。このほか、家族の介護などが必要になるとその分の費用も必要になります。

公認会計士が
お金を増やす・守るための
ポイント

ポイント1
不動産投資
価値が下がりにくい都心の物件が狙い目
公認会計士は収入が高いことからローン審査も通りやすいため、不動産投資はトライしやすいものと言えます。
複数の物件を持っていると手間がかかる
不動産投資を行う場合、管理や帳簿付けに思ったよりも手間がかかることがデメリットになる可能性があります。
ポイント2
「ほったらかし」でできる投資を選ぶ
インデックス投資などで資産形成を
忙しい会計士はあまり投資に割いている時間がありません。そのため、毎月一定の金額を積み立てる形で資産形成ができる方法を選ぶのがおすすめ。
即利益は望めない
長期で資産運用をしていくことが必要。そのため、即利益を得たいと考えている人にはあまりおすすめではありません。
ポイント3
積立預金で確実に資産増ぶ
毎月の給料の一定額を預金に
公認会計士は安定した収入が見込める職業であるため、毎月の収入の一定額を積み立てることで確実に資産を増やすことができるでしょう。
目的意識がないと預金額が増えない
貯金ができない、という性格の人は難しいかもしれません。大切なのはきちんと目的意識を持ってしっかりと毎月預金額を増やしていくことです。

公認会計士が資産運用をする際に注意すべき点

公認会計士が資産運用を行う場合、注意をしないと処罰の対象となる場合があります。

株式投資はインサイダー取引となり処罰される場合もある

公認会計士という職業について、「企業の情報について詳しいから、株取引にも強いのでは…」と考えている人もいるのではないでしょうか。確かに、業務上で得た決算発表の内容を使うことができれば株式投資で利益をあげることができる可能性は高いでしょう。

ただし、この情報を使って株取引を行うと「インサイダー取引」となるため、処罰の対象となってしまいます。これは、公認会計士法及び同施工例においてもはっきりと禁止されており、実際に処罰された例もあります。

そのため、資産運用をしたいと思っていてもインサイダー取引に引っかかることを恐れて、株式投資以外の投資を選ぶ公認会計士の方も多いと言われています。

実際に、株取引の扱いに関しては「原則個別株の取引は禁止」と言ったケースや「売買のたびに会社へ申請・社内のシステムに要登録」としているケースが一般的です。

忙しい会計士の業務に影響のない範囲で行う

公認会計士は、普段の業務が非常に忙しいのも特徴です。そのため、例えばFX取引のようにいつも場が空いており頻繁にパソコンで相場を確認しなければいけない投資方法はあまりおすすめとは言えません。

資産運用に夢中になったばかりに本来の業務がおろそかになってしまっては元も子もありません。値動きが気になりすぎて気もそぞろになり、仕事でミスをする可能性も否定できません。

自分の仕事に影響のない範囲で行うのが資産運用で大切なポイントと言えます。

投資は「投資をしていることを忘れる」くらいのモチベーションで

資産運用で投資をする場合、「投資をしていることを忘れる」くらい自然に、そして気長に続けていくことが非常に大切。すぐに利益を出そうとしてもうまくいきません。理想を言えば、「ほったらかし」の状態で徐々に資産が増えていくようなものを見つけることが理想的です。

また、投資とはリスクも常につきまとうものです。投資商品の中には元本保証がされていないものももちろんありますが、その結果に一喜一憂していては普段の生活にも支障が起きてしまいます。自分の性格にあった投資方法を選ぶようにしましょう。

定期預金を行う場合にはきちんと目的意識を持つ

公認会計士は、毎月一定の収入が見込めますし、さらにボーナスも多額なものになる可能性も。

そのため、きちんと計画を立てて定期預金を行っていくという方法も考えられます。毎月の収入のうち、このくらいは預金に回す、ボーナスは半分は預金に…など、自分でルールを作っておくと良いでしょう。

ただし、目的意識がない場合やもともとお金を貯められない人にとっては難しい資産形成の方法とも言えます。そのため、自分は何のために預金をするのかをまずしっかりと認識しておくことが大切でしょう。

情報を集めようとしてタイミングを失わないように

一般的に、資産運用を始めようとする際には雑誌やインターネットなどで情報を集めてから始めることが一般的です。ただし、あまりにも慎重になりすぎてなかなか資産運用をスタートできない人もいるでしょう。そのうちに仕事に追われることで

運用が面倒になってしまい、先延ばしにしてしまうケースも。

そのため、あまりリスクが大きくない方法で「ひとまず始めてみる」というのも一つの手であると言えます。特に投資を行う場合には少額ずつ始めて、徐々に慣れていくのも良いでしょう。

会社の規定や独立性の規定を必ず確認する

インサイダー取引のところでも説明しましたが、公認会計士は投資などを行う場合にはさまざまな点に注意をする必要があります。そのため、まず確認したいのが会社の規定。

自分が選んだ資産運用方法が、会社の規定や法律に引っかからないかしっかりと確認してから行うことが非常に重要です。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る