医者

イメージ

医者

20代~60代までの平均年収:2,500万円

※開業医における「売上-経費」の平均年収

20代~60代までで想定される出費の目安
  • 開業費:6000万円
  • 住居費(住宅ローン含む):6000万円
  • 交際費:5000万円
  • 趣味:5000万円
  • 教育費(子供2人):3000万円
  • 食費等:5000万円
1カ月当たりの支出内訳
医者
※上記は当サイト独自に調査した平均的な情報を掲載しています。参考程度にご覧ください。

60歳までに得られると予想される生涯収入額は?

開業医の平均年収(売上-経費)は約2500万円と推算されています。ここから所得税・住民税・社会保障費などを約1000万円、設備投資・修繕積立費などを約100万円、借入金返済を約250万円、退職金積立を約100万円差し引くと、手取り年収では約1000万円となるでしょう。勤務医時代の年収を合算し、手取りでの生涯収入額は3億5千万円程度と考えられます。

医者におすすめの
利回りに期待できる投資商品とは…

”楽しく”、”手間をかけずに”、”利回りが期待できる”トレンド投資商品として、医者におすすめしたい事業性の高い投資商品をピックアップして紹介します。

60歳までに必要となる想定出費額は?

開業医と勤務医の収入や支出を単純に比較することは難しく、かつ開業医は自営業者であるため、サラリーマンと単純に比較することも困難です。これを前提に、開業医に特有の設備投資等を除く一般的な支出を想定すると、一般家庭と大きな違いはありません。生活水準によって大きく異なりますが、おおむね2億円~3億円の範囲での支出となるでしょう。

医者が
お金を増やす・守るための
ポイント

ポイント1
何事も手取りベースで考える
手取りを基準に生活水準を計画
収入は多いものの支出も多いのが開業医の宿命。目先の売上ではなく、あくまでも手取り額を見て生活水準の計画を立てることが大事。
金利の高い投資の検討
極端に生活を切り詰めると、金利がほぼゼロの預貯金ばかりが増大する。余剰資金が生まれたら、金利の高い金融資産への投資も検討すべき。
ポイント2
コツコツと長期投資をする
債券や保険などへの投資も有効
比較的、余剰資金を作りやすい職種だからこそ、かならずしもハイリスクを取る必要はない。債券や保険などで運用しても、ある程度の利益が得られる。
急な出費に対応できる準備も必要
元本を膨らませるあまり、急な出費に対応できないこともある。いざという時、すぐに稼働できる預貯金もある程度は確保しておくことが大事。
ポイント3
将来的な事業売却も念頭に
事業売却で莫大な資産が手に入る
将来は、廃業ではなく事業売却を念頭に置くべき。企業価値を高めるため、医療機器を更新やメンテナンス、人材確保は最後まで継続する。
適度なバランス感覚が大事
医療機器の更新・メンテなどに力を入れすぎ、資産を失っては本末転倒。適度なバランス感覚の中で、医療機関としての一定価値を維持すべし。

医者が資産運用をする際に注意すべき点

たとえ投資に回すことができる余剰資金が生まれたとしても、安易にハイリスク商品などに手を出すべきではありません。

他の多くの職種とは異なり、大きな生涯収入を得られる可能性の高い医師です。投資でお金を増やすという意識も大切ですが、投資でお金を守るという意識もしっかりと持ちましょう。

医師としての本業をおろそかにしない

勤務医であれ開業医であれ、他の多くの職種とは異なり、医師には地域の人たちの健康を守るという公的な役割があります。この役割をおろそかにして投資などにのめり込んでしまうと、患者からの信頼を失って閉業に追い込まれる可能性があるでしょう。

健全な投資活動を続けていくためには、逆説的ですが、投資ではなく医師としての本業を第一に考える姿勢が大切です。

ハイリスク商品にのめり込み過ぎない

サラリーマン等に比べて余剰資金を作りやすい職種なので、中には、「少しくらいならいいかな?」という感覚で、ハイリスク商品にのめり込む医師もいるようです。

株式投資の現物取引であれば、最悪でも投資金額がゼロになって終わりです。しかしながら、よりハイリスクな株式の信用取引や商品先物取引などは、場合によっては投資金額以上の損失を生むことがあります。

ハイリスク商品に投資するときには、事前に、投資の上限金額や損切ルールを決めることが大切です。

悪徳業者の勧誘に要注意

医師、特に開業医のもとには、多くの業者が営業に訪れます。昼休憩の時間は待合室には営業マンだらけ、というクリニックも少なくないことでしょう。

それら営業マンの多くはMRや医療機器販売員ですが、中には一部、投資会社の営業マンの姿もあります。投資会社の営業マンの中には、やや怪しげな投資商品を勧誘してくる者もいることは、開業医ならご存知のことでしょう。

すでに認識済みのこととは思いますが、以下を改めて確認してください。

  • 元本保証の投資商品は世の中に存在しない
    銀行預金の上限1000万円を除き、国内に元本保証の投資商品は存在しません。日本国債すらも元本保証を謳うことはできません。
  • ローリスク・ハイリターンの投資商品も世の中に存在しない
    太陽光発電投資などの一時的な制度で守られている投資法を除き、リスクとリターンは同じ比率です。ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンはセットであることを改めて認識してください。

医者の資産運用の失敗例

地方都市にマンション投資をして失敗

首都圏を中心にマンションの建設ラッシュが続いています。その背景には、マンションへの入居希望世帯が増えてきた、という事情もあります。

ただしこの現象は、東京や名古屋など、ごく一部の都市部に見られるもの。地方都市の人口流出は、非常に深刻です。地方都市のマンションは、よほど条件の良いものでない限り、空室リスクが高いでしょう。

「地方分権」や「地域活性」、「これからは地方の時代」など、いろいろなキャッチフレーズがありますが、現状は都市部への人口集中と、地方からの人口流出が依然として続いていることを理解しておきましょう。

「もう利益など要らない。株価が元に戻ったら売る」で失敗

株式投資に失敗し、評価損を抱えたまま株が塩漬けになってしまうことがあります。もはや利益など考えられないほど値下がりした株価を前に、「もう利益など要らない。株価が戻ったら収支トントンで売却する」と考える人もいるようです。

しかしながら、株価が買値に戻る保証はどこにもありません。さらに1/2、1/3と値下がりしていく可能性すらあります。

「戻ったらトントンで売る」という発想は、一見、謙虚にも見えますが、株式投資の世界では非常に危険なスタンス。初めから損切りルールを設けておくか、または、損失を承知のうえで塩漬け株を売却してしまったほうが良いでしょう。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る