主婦

イメージ

主婦

20代~60代までの平均年収:24万円
20代~60代までで想定される出費の目安
  • 家族旅行費:60万円
  • 美容・健康:180万円
  • 交遊費:100万円
  • 子どものための費用:180万円
  • 保険料:70万円
1カ月当たりの支出内訳(例:月2万円)
主婦
※上記は当サイト独自に調査した平均的な情報を掲載しています。参考程度にご覧ください。

60歳までに得られると予想される生涯収入額は?

主婦の方がおこなう家事や子育てなどは、会社員とは違い賃金は発生しません。月々の平均的なお小遣いが1~2万円といわれています。また、パート従業員として扶養枠の範囲内で働く方が多く、その生涯年収額はおよそ6,000万円ほどと言われています。正社員として働き続けている方と比較して、大きな差があるのが実情です。

主婦でも始めやすい
利回りに期待できる投資商品とは…

”楽しく”、”手間をかけずに”、”利回りが期待できる”トレンド投資商品として、主婦におすすめしたい事業性の高い投資商品をピックアップして紹介します。

60歳までに必要となる想定出費額は?

主婦の場合60歳までに必要となるお金は、サラリーマンなどと同じく夫婦と子ども1人で、およそ3億円近いとされています。基本的には、旦那さんのお給料だけでやりくりをしていくわけですが、余裕を持って貯蓄に回せるというご家庭は、そんなに多くはないようです。

主婦が
お金を増やす・守るための
ポイント

ポイント1
やりくり・節約でコツコツと
家計の見直しで貯金額を捻出
水道光熱費や食費など、節約など上手にやりくりしていくことで、生活費から貯金に回せるお金を捻出する。
面倒になってやめてしまう方も
やりくりや節約は細かい日々の積み重ねになるので、途中で面倒になってしまってやめてしまう方も。
ポイント2
積立預金で長期の資産運用
積立型で無理なく貯蓄する
元本保証のある貯蓄型の金融商品や保険付の商品など、無理なく積立てられる長期の資産運用方法を利用する。
急な出費に対応できないことも
積立預金などは、満期前に解約すると損になることがあり、急な出費に対応できないといった場合もあります。
ポイント3
貯金額を決めて先取りする
天引き方式で先に貯金する
財形貯蓄のように、お給料が入ったらまず決めた金額を貯金し、残ったお金を生活費としてやりくりしていく。
預金額が大きすぎると続かない
決めた貯金額が大きすぎると、長続きせず結局貯まりません。無理なくできる範囲の金額を設定しましょう。

主婦の方が資産運用をする際に失敗する例で多いものはなんでしょうか?

主婦が資産運用をする際に注意すべき点

最近ではネットやスマホなどの普及などにより、だれでも手軽に投資を始められるようになりました。

中でも注目すべきなのが、主婦の方の参入です。

主婦の方は、日頃からお得なものを探す眼力がきたえられており、毎月の収支に関してもうまくやりくりするために工夫されていますので、資産運用に関しても才能を活かしやすいといえます。

しかし、主婦であるからこそ注意すべき点もあります。

運用資産の限度をしっかり決める

主婦の場合、外で働かずに家で家事や育児をすることが多いので、ご自分で自由になる金額はそれほど多くないでしょう。

パートや内職で稼いだお金やお小遣い、以前からの貯金、またはふだんのやりくりで浮いたお金などが運用資金になってきます。

そういった少額の資産運用でもいろいろな方法がありますし、ローリスク・ローリターンでも着実に増やすことができます。

ただ、家計を預かってやりくりしている場合、ある程度お金を自由にできるという誘惑があるため、生活費や貯蓄するためのお金にも手を出したくなってくるかもしれません。

一度損をすると、次は利益を出そうと思って、ついつい資金を増やしてしまいがちです。

しかし、一度でも許してしまうとギャンブル感覚でどんどん使い込んでしまう可能性もありますので、月いくらまで使うか、いくらマイナスになったらやめるかという線引きを、具体的な数値で決めておく必要があります。

家事をおろそかにしない

投資にのめりこむと、面白さを感じてついつい1日に何度も情報収集したり、時間を忘れて集中してしまったりします。

しかし、あくまで本業は主婦ですし、家事がおろそかになったりいつもスマホを見ているようでは、ご主人やお子さんも不満がつのってしまいます。

楽しみながら投資をするのはいいことですが、お金の上限と同じように、投資にかける時間や時間帯を決めるなど、主婦業とメリハリをつけるようにしましょう。

タイミングが重要なデイトレードや株式は不向き

手軽に行えて楽しみもあるデイトレードや少額の株式は主婦に人気の投資方法ですが、こういった投資は売買のタイミングが何よりも大事です。

主婦の方が、家事の合間にちょいちょいとスマホで行うのに向いているのかと思いきや、実は損失になりやすいやり方をしている人が多いのです。

それは、ちょうどスマホで市場を見ている時に1円上がったらすかさず売却するというようなやり方。

これだと、確かに確実に利益を上げられますが、株数がそれほど多くないのなら利益もほんの少しです。

楽しみがあればそれでもいいかもしれませんが、もっと稼ぎたいと思うようになったら、家事の合間にスマホをちょくちょく見るようになって、なにかミスをしたり家の中の事故につながる可能性もあります。

家事も投資も、どちらも中途半端になってよくありませんね。

主婦の方には長期的にコツコツできる純金積み立てや個人年金がおすすめです。

主婦の資産運用の失敗例

安易な情報に踊らされて・・・

株取引やデイトレードなどがスマホで手軽に行えるようになって、主婦の間でも人気になっています。

それというのも、実際にかなりの大金を稼いでいるという主婦の方が、テレビや雑誌で取り上げられるため、「自分にもできそう!」と思ってしまうからです。

確かに、主婦の方でも稼ぐことはできますが、そういった人はほんの一握り・・・それもかなりの知識や努力に裏付けされた実力があってこそ。手軽に誰でも稼げる方法はありません。

特にリスクの高い株取引などはもってのほか。

軽い気持ちで始めて、企業調査や市場調査などをせずイメージや口コミで銘柄を決めてしまい、失敗する人も多いようです。

損切りできなくて損失が大きくなることも

株取引で損失を大きくしないために、値下がり始めた銘柄を見切るタイミングを決めることを損切りといいます。

「またいつか値上がりするかも・・・」と持ち続けていても、どんどん損失が大きくなる可能性があります。

主婦の方はこういった思い切った決断ができなかったり、家事が忙しくて損切りするタイミングを失ってしまい、結果的に損失が大きくなるといった危険性があります。

主婦の方でも、きちんと投資に取り組めばしっかり稼げるかもしれませんが、その確率はとても低く、失敗して悩んでいる方もたくさんいます。

その結果、ご家族や夫婦間の関係性にも影響を与える可能性もありますので、主婦の方の投資は、ご家族との話し合いなどをしてルールを決めたり、無理のない範囲で行うようにしましょう。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る