弁護士

イメージ

弁護士

20代~60代までの平均年収:1,026万円
20代~60代までで想定される出資の目安
  • 結婚費用:450万円
  • 住居費(住宅ローン含む):3500万円
  • 車の購入:300万円
  • 教育費(子供2人):3000万円
  • 老後のための貯金:3000万円
1カ月当たりの支出内訳
共働き夫婦
※上記は当サイト独自に調査した平均的な情報を掲載しています。参考程度にご覧ください。

60歳までに得られると予想される生涯収入額は?

一般的なサラリーマンと比較すると倍以上の平均年収とされている弁護士。男性の場合は約4〜5億円が生涯収入額の目安となっているようです。また、女性の弁護士の場合は1億5,000万円程度といわれています。ただし、現在弁護士の数が増えていることから収入の格差が生まれている現状もあるようです。

弁護士におすすめの
利回りに期待できる投資商品とは…

”楽しく”、”手間をかけずに”、”利回りが期待できる”トレンド投資商品として、弁護士におすすめしたい事業性の高い投資商品をピックアップして紹介します。

60歳までに必要となる想定出費額は?

弁護士の場合60歳までに必要となる出費の種類は、結婚準備金やマイホームの購入費用、さらに子どもが生まれた場合の教育資金、さらに老後のための貯金が必要となってきます。加えて、日々の家賃などを含めた生活費などを考えると、家族構成などにも左右されるものの約3億円の出費が想定されます。

弁護士が
お金を増やす・守るための
ポイント

ポイント1
不動産投資
ローンが通りやすく優良物件に手が届きやすい
弁護士は高収入であるため、不動産取得時のローンが通りやすく、優良物件も手に入れやすいことからも不動産投資はおすすめです。
収益が思うように上がらない可能性も
元本保証がなく、収益が思ったように上がらない可能性もあります。そのため、投資を始める際に慎重に物件を選ぶ必要があります。
ポイント2
他者に運用を任せられる方法を選ぶ
投資信託などで運用をお任せする
非常に本業が忙しい弁護士の場合、他者に運用を任せられる投資信託やヘッジファンドなどの方法を選ぶと良いでしょう。
場合によっては元本割れのリスクも
投資信託などは場合によっては元本割れをしてしまうリスクがあります。短期的ではなく、長期的な目で運用を考えることが大切です。
ポイント3
長期的な運用を考える
ローリスク・ローリターンの投資を
収入が大きい分、投資に回せる金額も大きくなるため、ローリスク・ローリターンで運用することがおすすめ。長期的な運用を考えましょう。
長期的な運用でリスクを減らす
ローリスクで運用することで、大きなリスクを避けられます。反面、すぐに利益を得られないことをデメリットと感じる人もいるかもしれません。

弁護士が資産運用をする際に注意すべき点

一般的に高収入のイメージがある弁護士。年収は会社員の倍、と言われていますので、実際に世間の中では高収入であると言えますが、無茶な運用をすることはおすすめできません。

また、老後の保障という面で考えると、貯蓄がない場合には非常に不安な面もありますので、将来を見据えた運用計画を立てることが大切になってきます

不動産投資は初めは小さく始める

ローンが組みやすいことから優良物件が手に入りやすい上に、トラブルが起こった際にも法律関係の面でも強いという弁護士の特性から、不動産投資はおすすめの方法ですが、いくら弁護士とは言っても、初めて不動産投資を行う場合は「初心者」には変わりはありません。

そのため、ワンルームマンションなど小さめの物件からはじめてみることがおすすめ。おそらく「実際にやってみてはじめてわかった」ということが出てくるはずです。実際に不動産投資を行いながら、経験を積んで今後不動産投資を続けるのか否かを判断するのが良いでしょう。

また、物件を選ぶ際にはパートナー選びも重要なポイント。その辺りは、弁護士として仕事をする中で培われた「目」を生かしたいところです。これまで仕事をする中で得たネットワークの中から、信頼できそうな不動産業者を選ぶこともおすすめです。

投資を行う上では無理のない計画を立てる

一般的に「高収入」というイメージがある弁護士。実際に平均年収も一般的なサラリーマンと比較すると倍以上といわれていますが、実際には「同じ弁護士でも収入の差はある」というのが現状。そのため、資産運用をする場合には「無理のない計画を立てる」ことが非常に大切になります。

例えば上で説明している不動産投資などは、「このくらいの支払いは大丈夫だろう」という甘い見通しで高額すぎる物件に手を出してしまうというケースがあります。安定的に収入があるのであれば問題ありませんが、月によって収入に差があるような場合は要注意。しっかりと資金計画を立てる必要があります。

本業に支障が出ない方法を選ぶ

弁護士という職業は本業が非常に忙しく、場合によっては家でゆっくりする時間が取れない時期もあると言います。そのため、タイムリーに売り買いすることが必要な投資方法など、手間のかかる運用方法はおすすめできないのが実際のところ。資産運用に時間を取られてしまうことによって本業にかける時間が減ってしまっては全く意味がありません。

さらに、手間がかかる運用方法というのは専門知識が必要なもの。運用に関わる知識を書籍やインターネットなどで収集するのも非常に時間が必要になります。

そのため、投資信託やヘッジファンドなど他に運用を任せられるような運用方法が非常におすすめ。さらにこの運用方法であれば、長期的に運用を任せることができます。長期的に安定的な運用ができれば良い、と考えている場合にはぴったりな方法と言えるでしょう。

将来を見据えた貯蓄計画を立てること

弁護士の多くが個人事業主であるため、老後の基盤作りはきっちりと行っておく必要があります。個人事業主であるがゆえに国民年金にしか加入していないため、貯金がない場合には老後資金に非常に不安があると言えるでしょう。

そのため、資産の運用は行いつつも、預金を確実に増やしていくことも必要です。

また、「もしも」の場合の死亡保障や就業不能保障などの備えもしっかりと行っておけば日々の生活も安心と言えます。また、民間の保険会社が販売している個人年金商品を利用して将来への積立を行うという考え方もあります。

いずれにしろ、投資を行う場合には何かあった時のための蓄えを確保してから。現在の貯蓄と将来の出費を考えて運用計画を立てるようにしてください。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る