初心者でも知っている資産運用の基本おさらい

イメージ

初心者でも知っている資産運用の基本おさらい

資産運用にはさまざまな手法がありますが、どの手法にも共通する基礎知識というものがあります。ここでは、資産運用全般に必要となる今注目の話題から基礎知識について紹介します。

また、資産運用は日本経済のみならず、世界の経済の動きによっても旬や人気が変わってきます。新たな知識を見逃さないためにも常に情報収集することをおすすめします。

初心者でもできるおすすめの資産運用とはどんなもの?

最近、耳にする機会が増えてきた資産運用。どのような種類があって、実際に始めるには何をしなければいけないのか分からないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、資産運用について分かりやすく解説していきます。

初心者でもできるおすすめの資産運用とはどんなもの?を詳しく見る

はじめての株の買い方

株式投資は難しそうだと感じて、なかなか手を出せない方も多いのではないでしょうか。確かに、はじめての方が会社の業績を比べて株式を扱うのはそう簡単なことではありません。しかし、リスクや心得を知ってからはじめれば、初心者でもきちんと運用できるようになります。

ここでは、初心者が株を買う前に注意しておきたいポイントを解説しています。

はじめての株の買い方を詳しく見る

セミナーを活用して資産運用を正しく学ぶ

投資や資産運用でしっかりと資産形成を行っていくには、専門家によるセミナーなどで正しい知識を学んで、少しでもリスクを減らすことが大切です。そこで、今おすすめの企業セミナーを紹介します。

セミナーを活用して資産運用を正しく学ぶを詳しく見る

勤め先に株式投資がバレないようにするポイント

株取引を会社に知られないようにするためには、いくつかの手段があります。こちらでは、株取引を勤め先に知られないようにするポイントをまとめました。

勤め先に株式投資がバレないようにするポイントを詳しく見る

どうなる?太陽光発電投資の売電単価

太陽光発電の売電単価は年々下降傾向にありますが、それと同時に太陽光パネルや設置費用も大幅に下がっているのをご存知でしょうか?さらに、進化した技術によりパネルの性能も格段にアップしていますから、売電価格が下がっていたとしても効率的に稼ぐことができるのです。

どうなる?太陽光発電投資の売電単価を詳しく見る

資産運用のリスクの考え方

資産運用では、主に「価格変動リスク」「金利変動リスク」「為替変動リスク」の3つのリスクが存在します。自分が選ぶ投資手法によってリスクも変わってきますが、利益を狙うのではなく「とにかく損をしない」というのを最優先にすることで、これらのリスクを最小限に抑えることが可能です。

資産運用のリスクの考え方を詳しく見る

資産運用を成功に導く3つのポイント

資産運用で効率的に資産を増やすためには、以下3つのポイントが重要になります。

  • いつまでに、どれだけ貯めるか目標を立てる
  • リスクがあることを念頭に置く
  • リスクから逃げずに運用をする

初心者や投資で失敗する方の多くはこれらのポイントを実行しておらず、大切な資産を失ってしまうパターンも少なくありません。そのため、資産運用の知識は始める前にしっかりと認識しておくことが大切です。

資産運用を成功に導く3つのポイントを詳しく見る

資産運用の手数料を考える

資産運用にはある程度のコストがかかるのが一般的ですが、コストをかけたからといって利益が大きくなるわけではありません。そのため、運用コストを極力抑えるようにするのも資産運用を成功させるポイントになります。

資産運用の手数料を考えるを詳しく見る

住宅ローン中でも追加融資は受けられる?

住宅ローンを組んでいる場合、金融機関で追加融資を受けるのは非常にハードルが高いといえます。追加融資を受ける際はまず金融機関を納得させる必要があり、さらに通過難易度の高い審査を受けなければなりません。そのため、追加融資ではなく借り換えをするのがおすすめです。

住宅ローン中でも追加融資は受けられる?を詳しく見る

個人事業主は1,000万円以下の売り上げなら消費税が戻る?

個人事業主の場合、課税売上金額が1,000万円以上になると消費税の納付が必要になります。しかし、太陽光発電投資に関しては「売電収入が1,000万円以上の納税事業者」且つ「本則課税(一般課税)の適用者」であれば、消費税還付を受けることができ上手に節税対策が行えるのです。

個人事業主は1,000万円以下の売り上げなら消費税が戻る?を詳しく見る

10年後20年後の日本を見据えておすすめ投資商品を考える

長期的に利益が出せる投資といえば「不動産投資」ですが、日本の人口は急激な減少傾向にあり、今後は部屋を借りる人も少なくなるといわれています。そんな中密かに注目されているのが太陽光発電投資。長期間において利益が見込めるほか、利回りの良さや消費税還付が受けられるといった魅力があり、これからの資産運用におすすめです。

10年後20年後の日本を見据えておすすめ投資商品を考えるを詳しく見る

節税対策にはどんなものがあるのか

上手な投資運用には節税対策がとても重要になります。個人でできる節税対策としてはふるさと納税が有名ですが、他にもiDecoやNISA、保険等でも節税をすることが可能です。中には大きく節税できるものもありますので、自分が利用しているサービスや投資商品の税制についてはしっかりと理解しておきましょう。

節税対策にはどんなものがあるのかを詳しく見る

産業用太陽光発電投資の減価償却について

産業用の太陽光発電投資は「消耗する資産」として扱われるため、減価償却で計上することができます。太陽光発電設備の場合は法定耐用年数が17年になるのが一般的で、「定額法」「定率法」のいずれかで計算が可能。支払う税金を減額することはできませんが、支払いを先送りにすることで「現金を手元に残せる」というメリットがあります。

産業用太陽光発電投資の減価償却についてを詳しく見る

資産運用についての相談先はどこか

資産運用の相談先はとても重要で、万が一相談先を間違えてしまうと思ってもいなかった金融商品を契約させられる可能性があります。日本では銀行や証券会社、FPなどに相談するのが一般的ですが、それぞれの特徴を理解したうえで相談先を決めるのがおすすめです。

資産運用についての相談先はどこかを詳しく見る

信用できる?できない?いいFPの見分け方

世の中にはさまざまなシーンでFPが活躍していますが、はたして自分にとってベストな提案をしてくれるFPはどのくらいいるでしょうか。中には自分の利益を優先するFPや、あいまいな知識しかもっていないFPも存在しますので、信頼できる良いFPを選ぶことが重要です。

信用できる?できない?いいFPの見分け方を詳しく見る

【投資信託】パッシブ運用とアクティブ運用の違い

投資信託をこれから始めてみたいと思っている人が悩みがちなのが「パッシブ運用(インデックス運用)とアクティブ運用の違いとは何なのか?」という点です。運用方法は、投資信託を始めるうえでは基礎中の基礎となる知識。それぞれの違いについて見ていきましょう。

【投資信託】パッシブ運用とアクティブ運用の違いを詳しく見る

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る